年収が上がる成功思考

「来月の支払い」と「過去の年収」が教えてくれたこと。


3月が昨日で終了ということで
コミュニティメンバーからの月報を待っているのですが、

いち早くIBAユニバで国内転売実践中のYさんから今朝、提出がありました。

 

副業で頑張っているYさん

お子さんもいて夜は活動しにくいということで
いつも早朝に動いていて、基本的にチャットのやりとりは3時4時 笑

先月までは暗かった外も最近では明るくなってきましたね。

 

本当に僕も刺激を受けてますし、絶対に成功してもらいます。

 

・・って、

すでに2月に比べて倍の取引件数になっているし利益率も20%超え!

(率は気にしないでと言ってるのに!)

 

びっくりするくらいタイトな時間のなかで実践しているけど
いよいよ今月で10万円突破が見えてきています。

というか、乗せるぞ!

 

結果が遅いことを気に掛けている本人とは裏腹に、徐々に結果は着いてきている現状。

 

・なかなか時間がとれなくても
・オンライン仕入一本でも

十分に稼げることを体現してくれています。

 

彼の考察をレポートにしたら優良コンテンツが出来上がる 笑

 

イイ感じで上り調子なので
ここから更にドライブをかけていきたいと思います。

 

 

今年からスタートした他のメンバーもそうなのですが、
最近の相談を見ていても

1stステージである「仕入の恐さ」から抜けつつあります。

 

これって誰しも通る道だと思っていて

・回転を見極めて
・利益計算もした

 

でも、、

この商品は本当に売れるのか!?

万が一、売れ残ったらどうしよう…

 

こんな気持ちと戦うところからスタート。

理論上は売れることがわかっていても、
実際に販売を経験するまでは恐さが伴って仕入にブレーキがかかるものです。

 

ここは経験を積み重ねて徐々にブロックを外していくしかないと思うので
そういう意味では薄利でも問題ない。

 

ただの薄利多売じゃないです。

「戦略的」な選択。

 

異性と出会っていきなり「結婚してください」とは言わないように、順序があるぞと。

 

ここをクリアすると在庫リスクへの意識がグッと下がるわけですが
その次に待っているのが

2ndステージである「金銭的な恐さ」。

 

これも厄介です!

 

実際に売れることがわかり
リサーチもそれなりに見つかるようになった。

そうなると必ずそこから、動かす金額が大きくなります。

 

次の支払いが恐いぜ!

って、こんなにポップな感じではなく 笑

 

本当に大丈夫なのか?

もし売れ残ってしまったら…

 

先ほど1stステージで超えたはずの感情と再会することになります。

もう一度、壁を壊す必要がある。

 

でも最近感じたのが

これって、ずっと一緒だなと。

 

スタートしたての気持ちがすごくわかりやすい&最近そのステージのメンバーが多いので、こうして書いてみたけど、

 

超えたら次の壁があって、
それを超えたらまた次があって、、

というのは変わらないです。

 

相談を受けては偉そうにアドバイスしているけど、
ぶっちゃけたハナシ、僕も同じだ 笑

 

・取引契約が済んで

・発注して

・販売する

 

この先に支払いが待っているのは一緒だけど、
ステージが上がると動く金額も大きくなります。

 

最近、縁をいただいて色んな取引をさせてもらっていますが

やっぱり一度の発注が百万円単位になってくるとビビるw

 

「来月の支払い」と「過去の年収」がイコールで結ばれ始めると恐いです。

 

それこそ

本当に大丈夫なのか!?


この感情と何度目かの再会。

できればもう距離を置きたいけど、そうもいかないようで。

 

だけど、結論、、

 

「大丈夫です」

 

ちゃんとリサーチしたし、これまでに積んできた経験もある。

売上の目処もなく突っ込めとは言わないけど(これは危険)、
これからただの博打をするわけではありません。

 

なにより

「それについて毎日考えまくっている」

 

これがめちゃめちゃ大事なことだと思います。

 

・どうすればもっと早く売れるか?
・どうすればもっと高く売れるか?

ちょっと追い込まれたくらいの状況じゃないと
企みもなく惰性で売っているだけで、本気で考えてないです。

 

だから、どの期間でいくつ売れたかなんて実際はわかってない。

大きくしたければケツに火が付いたくらいの感覚がなくちゃいけないと、最近肌で感じています。

 

そして、

「裏技なんてない」

 

基本を忘れず、初めて仕入をしたときのように真剣に丁寧にやること。

そこに一歩踏み出す勇気が必要なのも、初めてのときと変わりません。

 

慣れてくるにつれて気付かぬうちに「雑」になるから、
「あえて意識的に」初心を思い返すこと。

これは情報発信について三浦さんから受けた指導も同じで、
ビジネスにおいてすごく大切なのだと感じます。

 

初めて仕入れた商品と同じくらい真剣に考えていますか?

初めて売った商品と同じくらい丁寧に発送していますか?

 

絶対にそんなことないです。

今になって、もっと追求できることが必ずある。

 

【「あえて意識的に」初心を思い返すこと】

 

ひとつ上のステージを目指すとき、
その入口に立っているときには、ぜひやってみてください。

 

そして、少し成長した自分で、

初めて売れたときと同じくらい喜べたら最高だと思います。

 

ではでは!