年収が上がる成功思考

マリオカートの勝ち方はスターが一番かっこいい。


昨日の夜に受講した物販ウェビナー(Webセミナー)は最高でした。

ノウハウがダダ漏れなのもあったけど、
チャットでリアルタイムに質疑応答が行えるのがすごく良いですね。

 

10分休憩を2回挟んだくらいで、ほぼぶっ通しだったけど、
4時間もパソコンの前にいられるのか?

なんて思っていたのが嘘のよう。

 

主宰者とは今回が初めてでまったく接点がなかった
というわけではなく数年前から仲良くさせてもらっているのですが、

しっかり有料で行うあたりもさすが。

 

とにかくGIVEの精神が強い人なので、無料開催も検討したと思います。

ただ、それで喜ぶ人も多いのだろうけど、
仮に0円だったら、もっと気持ちを入れずに参加していた自信がある。

 

そして、まず実践しないです。

そんなのもあるんだ~、、でおしまい。

 

そういう意味では無料セミナーはキャンセル率が高いのも納得と言うか、
お金を払ってこそ真剣になれる側面があるのは間違いない。

 

・利益率が高すぎる
・再現性しかない
・外注化もカンタン
・在宅で完結できる
・販路を問わない

 

こうやって見るとなんとなく、
奈緒美さんが実践しているノウハウに近い部分もあるな…

ノウハウはすべてもらったので、さっそく全力で回収したいと思います。

(すでに、昨日リサーチした案件の広告ばかりがパソコンに表示されているw)

 

そんなわけで本当に有意義な時間にできたわけですが、
土曜日に行ったコミュニティーの勉強会後にもあるメンバーから言われました。

 

「いつも思うんですけど…
なんであんなに全部出してもらえるんですか?」

 

参考までに、そのあとのアウトプットをひとつ。

ーーーーーー

「価格戦略5STEP論」

ここまで噛み砕いた価格戦略を聞いたことが無かったので、
目から鱗でした。

自分の中の基準もより明確になったので、
どんどん売上を増やしていきます。

このように企みを持って取り組み、
分析を続けることで成長のスピードは段違いで。
まだまだ成長したいので、
考え続け仕掛け続けていきます。

ーーーーーー

 

なぜ全部出せるかって…

ひと言でいうと、
自分が損をすることが1ミリもないからです。

 

しかも「目からウロコ」とかいわれると嬉しいw

 

というのは置いておくとして、、
コミュニティーでは商品情報の共有やノウハウの落とし込みをしていますが、

「メンバーが力をつけて稼げるようになる」

ここにはメリットしかありません。

 

ノウハウをパクられた!とか、そんなものは存在しなくて、

勉強会や日々のやりとりで得たものは、
情報発信をしている奈緒美さんや高村さんはドンドン広めてくれればいい。

 

それよりも凄いものを創るために頑張れば良いし、
言い方を変えると、

自分でそこを超えられないなら、どのみち稼ぎ続けることなんて出来ません。

 

メルマガも然りですね!

読者様に有益な情報を受け取ってもらうために自分が走る。

 

いずれにしても、自分より稼がれたら嫌だな~

とかいうケチな思考なら発信なんてする意味ないです。

 

ここがネットビジネスの好きなところでもあって、
アパレルの頃は露骨に誰かを蹴落とさなければ出世できなかった。

大型SHOPになると、20人・30人がひとつの店舗にいるわけで、
ドラマで見るような足の引っ張り合いが日常的だったりもする。

 

「ホントあいつは性格悪いよな!」

なんて言いながら、
いつの間にか「目には目を」のような方向に気持ちが向いたこともあります。

マジで陥れてやろうと思った人間も2人いた。

 

この話は闇が深いので、
いつか飲みの席にでもするとして 笑

 

そんなエピソードからもわかるように、僕は弱いです。

根っからの好い人なんてわけじゃないし、
生死を分ける1つのおにぎりを譲れるかと言われたら正直わかりません。

 

なんか周りには

「この人は自分を捨てても最期のおにぎりを譲りそう」

という素敵な人が多いけど、多分僕には無理だ 笑

 

だけど、そんなショボい男だけど、

自信を持って生きたいんです。

 

いちいち誰かの足を引っ張ることばかり考えるのは嫌だ。

 

物販セミナーでも少しそんな話があったけど、
近しい人間を落として自分が上がろうとする事例は本当に多いです。

 

悪質な嫌がらせだったり
ネガティブレビュー、

ライバルを蹴落とすために手段を問わない人は相変わらずたくさんいる。

 

物販がどう、ネットビジネスがどうというレベルの話じゃないから、
こういう事例が世の中から消えることは無いでしょう。

 

最後に勝った人間が正義だというのもわかるけど…

マリオカートでは前を走る相手に赤甲羅を投げるよりも
スターを使って追い抜きたい、みたいな 笑

そんな青臭いことを考える自分もいます。

 

今朝、こんなニュースを観ました。
http://ino-ran.com/nns/1538/

カフェ部、、なるほど!w

 

でも本当に、回転寿司もネットビジネスも一緒だなと。

みんな「差別化」で頭を悩ませる。

 

やるべきことは、向こうの寿司屋の悪評を立てることじゃないです。

 

どうやったら勝てるのか?
なにが自分に出来るのか?
どんな企画がウケるのか?

 

最終的に行き着くのはいつもここですが、

「考える力を磨く」
「考えるプロセスを知る」
「考える癖をつける」

そういう取り組みが「差別化」となり、
「稼ぎ続ける」ことへ繋がっていくと信じます。

企画力に長けている人がいつも自信満々なのは、他が何をしてこようと関係ないと思えるからだ。

 

誰かをディスらないと生きていけないってダサい。

 

理想の綺麗事を通すためにも、
一生懸命に頭を使って感性を磨いていきたいと思います。