組織化・外注

外注が止めていくのは自分のスキルが低いから。


人と話す機会がなさすぎて内にこもる。

これは案外、個人事業主あるあるだと思っています。

 

今でこそ師匠や仲間・同志といった存在ができて
リアルタイムで情報交換ができるようになりましたが、
当然初めはそんな存在は一人もおらず。。

ネットビジネスを実践している人はおろか、
その存在を認識している人さえ周りにはいませんでした。

 

大体スタートはそうじゃないですか?

知り合いがネットビジネスを紹介してくれたという例も時々聞くけど、
それはすごく恵まれていると感じます。ちょっと羨ましい。

はじめは「一人で完結できる」ということにも惹かれていたはずなのに
どこまで行っても、ないものねだりは止まりません。

 

結局は寂しがり屋だと気付きました 笑

 

でも本当に、一人で引きこもっているのは病む。

・視野が狭くなる
・情報が偏る
・人と話したくなるw

 

自分一人でも頭の中を整理できます!という人は良いですが、
勝手に頭の中がモヤモヤしているケースも多々あるじゃないですか

人と話すことで解決に向かうのは、まったく珍しいことではありません。

 

そう考えたら、外注するメリットが増えるなと。

ふとそんなことを思いました。

 

というのも、僕がお願いしているスタッフ。

メインでお願いしている彼は、本業の合間を縫って手伝いに来てくれるのですが、
めちゃめちゃファンタジスタなんですね。

 

「なんでそこ間違うの~!」
「どうやったらその解釈になる?」

みたいなことが多々起きる。

 

一番最近の例で言うと、
英語の月別表記がまったくわからないらしく。

Amazonの要期限管理商品の納品に超もたつくw

 

「June」と「July」は何度言ってもダメです。

印刷しておいた表は何の意味をもつのか。

 

自己発送で食品を送るときにも、
配送伝票の品名の欄に「食品」と記載すべきところ、

「商品」

になっておりました。

 

そりゃあそうだ。間違いではない。

(ダンボール山積みだけど、何個訂正するの??)

 

冷静に淡々とひとつのことを繰り返す、
そんな作業をお願いすると、時間とともに著しくクオリティーが低下します。

 

反対にリサーチをお願いすると新発見ばかりで

「どこをどうやったらそれを仕入れるの?」

と感じる商品を見つけてくるのですが、
これがまた普通に高利益で売れていくから面白い。

 

物販は奥が深いです。

 

 

それはさておき、
この人のおかげで気持ちが楽になっているのかもと最近思います。

こっちが真剣に作業しているのに、あとでも良いような話しを平気で振ってくる

 

「この前、友人とお姉ちゃんの店に久々に行ったんですけど、
やっぱ40分で1万円は高いっすねー!

ただ一緒にお酒飲んでるだけなのにw

お金なくなったんで頑張ります!」

 

彼の友人がジンギスカン屋を開くため、
毎日いろんなジンギスカンのお店を行き歩いていること。

それに付き合わされて行った夜のお店で1万円かかったこと。

最後に座ったお姉さんが好みすぎて延長しかけたこと。

 

・・君は一体、なんの話をしているんだ?

 

どうでもいい彼の話に、
少し期待している自分もいるのが恐いです。

(なんだかんだ毎回笑わされている…w)

 

通常の仕事は速いので作業効率が上がっているのはもちろんのこと
それ以外の面でも助けてもらっているんだなと感じています。

 

外注化することを考えると
いろんな角度からメンドクサイ気持ちが先に来ます。

・マニュアルを渡す
・細かな点を依頼(指導)する
・連絡をとりあう

その上に当然、フィーもお支払いするわけで、
そんなことを考えると気乗りしないのもわかります。

 

「だったら自分でやればいいや」

で、やり過ごしていた時期が僕も長くありました。

 

だから言えるのが、
コミュニケーション能力の訓練を始めるのは早い方がいいです。

今日は「話し相手がいる」という観点で書いてみましたが、
時間的にも精神的にもいろんなプラスを生んでくれる存在ができます。

 

そして最近、これまで溜めたリストを検索するだけのメルカリ仕入を別のスタッフにお願いしているのですが、

(超ラクなのにやたらと好調です)

それをチェックしているときに、すごく目につきます。

 

「安くできますか?」
「5000なら買います」
「妥当な価格まで下げてください」


コメント欄に投稿された交渉(?)なのですが、
この人たちは絶対に外注が上手くいきません。

何を伝えたいかわからんw

 

こういう人に限って
「外注はすぐ辞めるから信用できません」とか言うけど。

大した努力もせず「ネットビジネスは稼げません」と言っているに等しい。

 

ちゃんと自分のスキルに目を向けていくことが大事ですね。

 

結局は「人」とのやりとりを大切にできるかが重要になると思うので、
ファンタジスタとも上手く付き合っていけるよう(笑)、

コミュニケーションが上手な人間を目指していきます。

 

もし外注化を検討している方は、早め早めでいきましょう!

 

それでは!