転売ビジネス

物販ビジネスを大きくする3つの要素。


週末は東京出張ということもあり、
その前に出荷すべく商品を大量に事務所へ受け入れたのですが
朝一でパートさんから「体調悪し」の連絡が・・!

まあ、こういうときもありますね。

どしゃ降りだし 笑

 

今日は他に誰もいないので、頑張って発送します!

 

昨日は、僕が会社を辞めるきっかけをくれた物販の先輩が
使えきれないマイルをどうにかしようと(笑)

北海道に来てくれたので、半年ぶりに再会してきました。

 

最近取り組んでいる事業だったり
スタッフと仕事をすることの難しさだったり、

彼と会うと、とにかく刺激を受ける。

 

いつも東京や道外へ行くのもそうだけど、
自分の前をいく人たちの話が聞ける時間は本当に貴重です。

下北沢へお邪魔したときにも

「うおー!自分まだまだだー!」

って毎回思わされますが 笑
まだまだを認識できる瞬間は絶対に必要ですね。

 

漠然と、なんとな~くじゃなく、
定期的に直面させられる方が良い。

(ドMか!w)

 

昨日も一瞬で時間が過ぎ去りましたが、
特に印象的だった話をいくつかシェアさせてください。

 

■ただちゃんとやる。それだけ。

ひと月で数千万円を売り上げている話を聞くと、
まだどこか異次元な感じがします。

だけどスタートはみんな一緒。

 

彼も最初から莫大な資金力があったわけではありません。

それだけの売上を立てるには当然、融資が必要になるけど、
最初から数千万円の融資を引けたわけじゃない、と。

 

まずは小さな金額からスタートして、
借りたお金をちゃんと返す。

当たり前のことをやって徐々に信用をつけていくしかない。

 

「ただちゃんとやる。それだけ。
そうすれば自然と大きくなっていくから」

 

このコトバがすごく頭に残っていますが、
彼の知り合いで、年商数十億円を売る人も同じことを言っていたようです。

当たり前のことを当たり前にやること

本当に成功している人たちの思考は共通点が多い。

 

もはや業種とかジャンルとか、関係ない気がします。

 

抜け道ばかり探さずにちゃんとやる。

普通のことを他人が真似できないレベルで追求する強さ、ですね!

 

■未来に繋がる動きを常に意識する

ほとんどの商品を自社で発送しているということで、
毎日の発送数を聞いたらとんでもないことになっていました。

自社で完結させるモデルはやっぱり魅力的だ。

 

昨日の話じゃないですが
送料の件もちょうど直面している今、僕もやり方を考えようと思います。

 

それはまた別の機会でお話しするとして、、

いかに効率的にスタッフに仕事(発送業務)をしてもらうか?

ここが鍵になるから、
とにかく色々と試したそうです。

 

スタッフ同士の揉め事で大変そうだったけど
(やっぱりその辺は色々ある・・苦笑)

一人のスタッフがゆうメール200個の配送をつくるまで、
今では普通に1時間で終わるらしい。

 

やたら広い事務所にもお邪魔したことがあるけど、
作業効率を考えまくった導線になっていました。

でも、1時間って。。。

 

ただこれも最初からそんな円滑だったわけではないと。

 

一度つくったものをまた一からやり直すって、
考えただけでも気が引けるじゃないですか?

在庫の置き方から
梱包資材の位置から

試行錯誤してきた結果が、今。

 

「クッソめんどくさい。何度も後回しにした。
でも、やってしまったら絶対にそっちの方がイイことばっかり」

 

これに関しては僕自身、色々と思うところがありすぎます。。

後回しにしてしまっていることが多々ある。

トータルで考えてプラスになるなら今やる、
という考えからは逃げられないですね!

 

■成功のカギは、やっぱり「アレ」

物販事業はすべて有在庫で回しているなかで、
国内に関してはすべてナンバー2に任せているとのこと。

会社に来ることが決まったときには
まったく何も知らなかった人が、
今では全部やっているってすごいですよね。

 

8段階でつくったレベルのうち今は「6」にいるそうですが、
素人からそこまでに、何を一番重点的にやったのか?

 

結論から言うと、やはり、

「言語化」

でした。

 

これに関してはすごく納得というか、
正直もう、他にないでしょう!笑

僕自身も指導をするうえで大事にしているところです。

ーーーーーー

自分でも言語化が足りないというのは重々感じていたのですが、
他の作業を理由に蓋をしてしまっている自分がいました。

本当に反省です。

指摘されたことによって
本当にこのままじゃダメだなと実感してます。

直哉さんの言葉が心に刺さります。

ーーーーーー

ちょうど昨日、IBA-Uチャットへ音声コンテンツを投げた際の、
メンバーからのアウトプットなのですが、

なんとなく、でやっていることって上手くいかないんですよね。

 

・なぜ仕入れたのか?
・なぜ売れなかったのか?
・なぜ値下がりしたのか?

 

彼も毎日毎日、スタッフと終電まで、
ずっとこれについて話したと言っていました。

(あれは完全に詰めていた感じだ、、笑)

 

アウトプットの重要性を叩き込まれて本当に良かったですし、
ネットビジネスでは毎日対面で教えることってほぼ不可能に近い。

だとしたら、
間違いなく「文字」に落としてやりとりをする以外にないんです。

 

自分がどういう考えで動いたのか?

あまり振り返る機会ってないので
ぜひ「言語化」のプロセスをあなたも取り入れてみてください。

 

ということで、
上記の3点が参考になれば幸いです。

 

目新しいノウハウも良いけど、
「本質」はそうそう変わらないという事実を再認識。

 

成功が偶然じゃなく必然だと、
そう言われるくらい、

やることをちゃんとやっていきたいですね!

 

頑張りましょう!!