副業

仕事がうまくいかないときの対処法!焦る前にやるべきたった1つのこと


社会人として働いていると誰しも経験があると思うんです。「仕事がうまくいかない」という状況。

僕自身これまでに何度も経験していますし、なにかにチャレンジしている限りそんなタイミングは今後も定期的に訪れるはず。

というか、上手くいきすぎるときの方が不気味なので、うまくいかないことを過度に気にしすぎる必要は無いと思うのですが、実際に起きたときにはイライラもするし焦ったりもします。

「どうする?どうする?」と自問してドツボにハマらないように、対処法として僕が意識していることは1つだけです。

 

結論から言うと

 

「捨てる」

 

これだけです。

 

ただ「捨てる」には種類が存在することに気付いたので、仕事がうまくいかないときに捨てるモノを幾つかご紹介していきます。

 

仕事がうまくいかないときの対処法

失敗を捨てる

冷静に考えて、仕事が上手くいかないと感じる時点で、切羽詰まった状況であることが多いと思います。

・人生において失敗なんて無い
・失敗を活かして次へ繋げる

こういう考え方って本当に前向きだし僕も大切にしていきたいですが、正直うまくいかないときってそんなの通り越してませんか?

単発の失敗で「うまくいかない」とはならないし、何かしら続く過程で気持ちが落ち込んでいく。そんな状況の方が圧倒的に多いですよね。

普段であれば気にも留めないようなことにまで「なんでだよ!」とイライラしてしまったり。。

なのでそんなときは、失敗を捨ててしまいましょう!

分析して原因を探るとか、改善策を考えるとか、そういうのは一旦後回し。

とりあえずリセットすることだけ出来れば、のちに取り戻すことは難しくありませんので。

読売ジャイアンツの主将である坂本選手が以前、後輩選手から「エラーしたときの切り替えはどうしてますか?」と聞かれた際には即答で「忘れる」と回答していました。

「一度の失敗を気にしてるほどの余裕はない」と付け加えたのがカッコイイと思ったけど、挽回するとか考える前にまず忘れることをやると。

イチロー選手も「リセットが一番大切」だと話しているし、自分のこれまでの経験から見てもマイナスをいきなりプラスに振ろうとするから大変なんだと思います。

引きずった状態では戦えないから、まずは「0」へ持っていくこと、ですね!

自責の念を捨てる

1番目と近いですが、仕事がうまくいかないと行き詰まりを感じるときは大抵の場合、自分を責めまくっていたりします。

「もう2年目なのに何やってんだ!」
「センスなさすぎるんですけど」

って、たぶん責任感が強い人ほど、自分を責めまくるのが得意だと思うんですけど・・それも、もういいよね?と。

自分を叩きまくってプラスに転じることってなかなか無いんじゃないかと感じます。

他人に優しくしたければまず自分から、じゃないですが、トコトンまで自分を責めまくった結果、耐えられなくなって他責思考になる悪循環がヤバイ。

楽観視できない状況もわかるけど・・ちょっと緩めてあげるときもないと発想に柔軟性なんて生まれませんから。

減点法を捨てる

なんでこんなにうまくいかないんだろう?と感じているときって、完全に自分に対して減点法を採用しているケースがほとんどです。

本来であれば喜べることに対しても「当たり前」として捉えてみたり、小さな成功がかなり切り捨てられている状況。

言い方を変えると、浮上のきっかけすら自ら潰しているとも言えます。もちろん自分ではそんなつもりはないですが、ここはぜひ「加点法」に切り替えていきましょう。

以前、脳科学に興味があって勉強したことがありまして、人の脳って勘違いしてくれるんですよね。

『「ラッキー」と言えば自然と思考がそっちに向かっていく』なんてことを真顔で言われたときには、このひと大丈夫か?と思ったりもしましたが、本当にそうなんですって(笑)

なのでただの精神論じゃなく、プラスを数える方が脳へのアプローチとして考えても有効なんです。表情を明るくしておけば思考も明るくなる、というのはリアル。

だから、しんどいときほど笑うようにしてます。無理矢理でも口角を上げていれば人生なんとかなります。(これを言うと一気にバカっぽいですね笑)

ダメな時期として「やらなきゃ」を捨てる

ちょっと上手く言語化できませんが、どうやらあるそうです。なにをやってもうまくいかない時期。

どうにもこうにも表現できないのが悔しいので、また改めてチャレンジするとして・・そこでいくらもがいてもダメなんだという、ある種の割り切りも大事。

僕はインターネットを使ってビジネスをしていますが、パソコンの前に答えがないときも沢山あります。

・とりあえず今日は飲みに行ってしまう
・とりあえず今日は仲間に話を聞いてもらう
・とりあえず今日は寝てしまうw

なんでも良いけど、とにかく今日はその仕事から離れてみる。

別れてから気付く元カノの良さがあるように、少し距離を置いてみて見えてくるものってあります。

(…この一文が要るのかは悩みました 笑)

でも本当、視野が狭くなりすぎているときって、仕事をしていること自体が遠回りになっているから恐い。

長い目でみたら、今日の休憩は近道かもしれません。

 

仕事がうまくいかないときの対処法まとめ

いくつか列挙してきましたが、兎にも角にも、頭のなかにある縛りを捨てて楽しいことに触れる。これがすべてのようにも感じます。

仕事がうまくいかない原因を探るとか、そんな崇高な思考に持ち込めるのはもう少し先で、まず自分の気持ちを整えていく方が先決です。

そもそも仕事をすること自体は人生の目的ではないですし、楽しいことをやる・楽しいことを想像する。そうやってモチベーションは上がっていくものですから。

僕が仕事を大好きでいられるのも「楽しいから」としか言いようがありません。

とういか、自分で記事を書いておいてアレですが、仕事の対処法を検索している時点でかなり素敵ですよね。そこまで仕事に対して熱意があるわけで、「悪循環を抜けたい!」という一心だったとしても、なかなか出来ることじゃないと思います。

そう考えると、「その仕事自体を捨てる」という選択肢もアリなのかもしれませんね!

 

組織に頼らず自分のチカラで収入をつくる
無料メールマガジンに登録する

 時間も収入も自分で決められる未来がほしい
 好きな人と好きなときに時間を共有できる生活に憧れる
 物販ビジネスですぐに口座の残高を増やしたい
 自分に唯一無二の肩書きを創りかっこいい生き方がしたい
 自由と安定を両立させて毎日心から笑っていたい…!

そんな自信に溢れた人生を創るための思考や、副業で単月30万円以上の利益を生み出した物販ノウハウなど最新の情報を無料のメールマガジンで配信しています。

月収15万円だったアパレル店長時代からの軌跡も、簡単に下記のページにまとめてみました。

参考:井上直哉プロフィール

僕がまったくのビジネス初心者から1年足らずで雇われない生き方を手に入れた道のりを読めば、あなたも自由で自信に満ち溢れた人生への道が拓けるはず。

ここでしか言えない話をガンガンお届けしていますので、ぜひメルマガを購読してみてくださいね!