ネットビジネス

ネットビジネスはいつまで稼げる?最新の実状から検証してみた


ネットビジネスに興味はあるものの「実際のところいつまで稼げるの?」「もう遅いし稼げないのでは?」などと不安に思っている方もいるかと思います。

実際にやらないとわからないことの方が多いため、今となっては「まずは始めてみればいいよ」という想いもあったりはするのですが、始める前はめちゃめちゃ不安に思って検索を重ねていました。

結論から言うと「ネットビジネスで稼げなくなるとしたら相当先の話」という話にはなるのですが、やる前に感じている不安はできるだけ少ない方が一気にアクセルを踏み込んでスタートすることができます。

そこでこの記事では最新の実状の検証を踏まえつつ、ネットビジネスのリアルについて見ていきましょう。

ネットビジネスが怪しいという視点は古い、という理由についても汲み取って頂けたらと思います。

そもそもネットビジネスとは

ネットビジネスって何?

まず大前提としての部分を固めたいと思うのですが、ネットビジネスとはインターネットを利用して行うビジネス全般のことをいいます。

なので、広い意味でいくとインターネットを使ってお金を稼いでいるビジネスは全て「ネットビジネス」に分類されると言えますね。

今となっては業績の良い企業はインターネットを利用してビジネスを展開しているのが基本ですし、EC(イーコマース)事業が主な収入源になっている会社も少なくないですから、「ネットビジネス」とひと言でいっても、その括りは年々広くなっているように感じます。

こうしてブログを書いたりGoogleで検索することが言わば「普通」になりつつありますから、当たり前が変わってきていることは言うまでもありません。

怪しいという認識は古い

前述のように、インターネットで使って収益を上げるビジネスは基本的にすべてネットビジネスに当てはまります。

昔はネットの情報は信用できないということが言われていることもありましたし、もちろん今でもすべての情報が正しいというわけではないのですが、インターネットがこれだけ普及している以上「ネットビジネスは怪しい」という見解自体が崩壊しつつありますね。

実際のところネットで情報収集するのも当たり前になった今、情報のソースがはっきりしていたり顔出しをして発信している方も年々増加していますので、信用できる情報が増えてきているのは間違いありません。

とはいえ、この流れを逆手にとって悪事を目論む人間もいますから依然として気を付ける必要はあるのですが、「ネットビジネス=怪しい」という結び付けはもはや過去の常識になりつつあると言えるでしょう。

 

ネットビジネスはいつまで稼げるか検証してみた

ネットビジネスの実状を知る人

来年稼げなくなることはありえない

ネットビジネスの枠がどこまでも広がっているという話からもわかる通り、「いつまで稼げるのか」という疑問についての回答としては「来年になっていきなり稼げなくなるということはありえない」というのが答えになります。

もはやインターネットはライフラインの1つと言っても過言ではないレベルで必須になっていますし、それは日本だけでの話でもありません。

来年になって突如としてインターネットが利用できなくなるような状況は普通に考えにくいですから、少なくとも「いつまで大丈夫なのだろう」との不安に関しては杞憂だと言えます。

実際にネットビジネスで生計を立てている仲間もたくさんいますが、「もっと早く始めておけば良かったよな~」という話にはいつもなりますし、ブームのような捉え方をして参入に躊躇するのはあまりにもったいないと強く思います。

もはや流行りではない

一時期のLINEモールではないですが、出ては消えるビジネスはたくさんありますし、少し前だとネットビジネスに先進的な要素を感じていた方も多いかと思います。

しかし、インターネットを利用してビジネスを行うということに関しては、もはや一時の「流行り」ではなく「文化」だと思っています。

それこそスマートフォンなどでも、出始めの頃こそ物珍しい印象を受けたものの今ではすっかり「流行」ではなくなっていますよね。

副業ブームとも言われている今の時代、アルバイトに出掛けるよりも自宅でネットを利用して副業に取り組む方が増えていくのは当然の流れですし、その影響でネットビジネスに参入する人数もどんどん増えていくことが予想されますから、むしろ「いつまで稼げるのか」という不安からは一番遠い位置にあるビジネスであると言えるでしょう。

一過性の稼ぎ方も消えない

ネットビジネスは消えないし参入するのが遅いということもない。

そんな話をしてきましたが、1点リアルな事実をお伝えすると、自分の収益のためだけにグレーゾーンを攻めるような一過性の稼ぎ方をする人も一定数存在します。

実力はないけど上司へ媚びを売るのが上手な人間が出世している現実もありますし、おそらくこういった人間も存在するというのはどの業界でも同じなのではないでしょうか?

そういう手法でも一時期は稼げるのかもしれませんが、この類の人間はネットビジネスに関係なく、遅かれ早かれ稼げなくなります。

仮にいつまで稼げるのかを心配するとしたら、こういったグレーなやり方をしている人がそれに当てはまるのでしょうが、この一部の人を切り取って「もう稼げない」と結論付けるのは違う気がしますね。

 

ネットビジネスが半永久的に稼げる理由

ネットビジネスのスキルがある人

汎用性の高いスキルが多い

ここまでは時代背景といった視点から分析・検証したものをお伝えしてきましたが、スキルの面からも稼ぎ続けられる理由に触れていきましょう。

ネットビジネスで稼ぐ過程では、マーケティングやコピーライティング・セールスなどのビジネススキルが自然と身に付きますので、実践していくプロセスを通じて実績以上の強みが備わります。

マーケティングやライティングのスキルはある特定のビジネスだけで有効なわけではないですし、ほぼ全てのビジネスで必要不可欠なスキルと言っても過言ではありません。

それらを身に付けることで色々なビジネスに応用することができ、稼ぎ続けることにも繋がっていきますから、汎用性の高いスキルが身に付くという点も、ネットビジネスに取り組む大きなメリットであるといえます。

雇われ思考から脱却できる

当然ながらネットビジネスは誰かがやってくれるわけではなく個人での取り組みになるため、ひたすら指示待ちをするような雇われ思考では稼ぐことが出来ません。

言い方を変えると、成果を出せるようになる頃には自然と起業家思考に切り替わっていて、自分自身が動いたり考えたりすることが当たり前という視点で物事を捉えることができるようになってきます。

そういう人はいざサラリーマンとして仕事をするとしても、雇われ思考のやらされ仕事ではなく、自分で物事を判断して結果を残していくことができるようになりますから、脱サラなどを考えていないとしても職場で成功する体質が出来上がります。

他人任せの体質から脱却することで、他のビジネスに取り組んでも結果を出せる可能性が格段に高くなりますし、自分が上司だとしても仕事がデキる部下の方が重宝するのは言うまでもありませんよね。

個人で戦うネットビジネスから学べることは、人生にとって好影響をもたらします。

インターネットはなくならない

既存のプラットフォームがなくなるということが仮に起きたとしても、これだけインターネットが生活に入り込んでいる今の時代、インターネット自体が無くなるということは現段階では考えにくいです。

インターネットがなくならないということはつまり、ネットを活用するスキルの需要もなくならないということですから、Webのスキルを磨き続ければ稼ぎ続けることは難しくはないと言える未来が待っているといえます。

余談ですが、会社の同僚や周りの人たちを思い浮かべるとわかりやすいですが

「Web上で商品を売る」
「ブログを書く」

といった、ネットビジネスでは言わば「基本中の基本」であることが出来る人って相当少ないです。

なくなることのないインターネットを味方につけた働き方って、普通に考えて今の時代における半永久的なスキルなのではないでしょうか。

 

ネットビジネス業界の最新の実状

一時期は「車に当たるのが稼ぐためのノウハウ」というようなとんでもない情報商材も出回っていたことがあるそうですが(さすがにこれには驚きました…)、しっかりビジネスモデルが成熟してきたということもあり、以前と比べて業界全体がまともになってきている印象を受けます。

インターネットの普及によって情報が出回りやすくなっているため、悪い稼ぎ方をしている人は普通に続かなくなっていますね。

だからこそ、ネットビジネスはしっかり取り組めば普通に稼げるということをお伝えしたいですし、価値を提供してお金をいただく真っ当なビジネスだということも言えます。

ネットビジネスに4年以上取り組んできた経験則からも「早くやった方がいい」というのは間違いなくて、そもそも「いつまで続くか」といった点を懸念材料として挙げればキリがありません。

未来永劫なんてものは基本的に存在しないので形は当然変わっていくものと考えますが、それこそネットビジネスを実践するメリットは計り知れないので。

興味がある方はぜひ小さな1歩からスタートさせてみてください。