転売の未来

無印良品の冷凍食品参入と転売ビジネスの未来


転売の先にある未来

物販をやっている人と話していて

「どんな商品扱ってるんですか?」

という話題で驚いたことがあるもの、もしくはご自身で特殊なものを扱っている方、、

どんなジャンルの商品がありますか?

 

初心者の頃は鍋とかおむつと聞いて驚いたけどその辺はもはや普通で、やっぱり最近で一番は「仏壇」かな…。

 

本当、色々あるなと面白く感じるわけですが、無印良品も冷凍食品事業に参入するとのことでビックリです。

※知財の関係で今は禁止になっていた気がします

 

とまあ、この話は引っ張ったところで結局

「なんでも売れんだるね~」

に着地するのでここら辺にして…

 

無印の冷凍食品参入を見ても、新しいジャンルへのチャレンジってやっぱり大きな企業だと時間がかかるのだなと。

 

以前読んだニュース記事で「商品開発にかかった期間は?」の問いに対して1年との回答がありますし、今すぐにどうこう出来る問題じゃないんだと感じます。

 

この話題から感じたことは大きく2つで

まず、僕ら個人事業主の自由度がものすごく高いということ。

 

この辺はネットビジネスのメリットである、とも置き換えられますが、

よっしゃ、新事業に挑戦だ!

と一念発起してもそこまで人的リソースが必要ではなくて、資金面でのリスクも他の業種に比べたら圧倒的に少なくて済みます。

 

さすがに何十人・何百人で取り組んだ結果が惨敗だと損失が大きすぎますからね・・

そうじゃなく自分が「やるかやらないか決める」だけでスタートを切れるって大きな強みです。

 

これはひょっとして大企業の社長が羨むんじゃないか?

と思うほど自由度が高い。

 

そしてもう1つが、先を見据えた仕掛けをどれだけしているかということ。

 

1年もかかる開発に着手してスゲエ!というのも言い方を変えると、それよりもっと前から構想を練っていたわけじゃないですか。

どの企業も次の一手を考えている。

 

これは僕も指導を受けたことがある話なのですが、「目先の視点しかないとダメだ」と。

 

こういう話はよく聞くと思うけど実際のところ、中長期的な仕掛けって何かやっているでしょうか?

 

ようやく僕も今オウンドメディアや卸取引に着手していますが、去年からあった流れも一気に加速して

「転売は稼げなくなる」

と今は色々なところで言われていますよね。

 

さらに言うとAmazon一本では危ないなんてもうずっと言われている一方で

「転売が稼げなくなることはない」

と思っている人は少なくないと思いますし、実際に危機的な状況にはまだ遭遇していないかもしれません。

 

そうすると、どうしても実感がなかったりする。

 

次に切られる契約社員だって、前回の人を見て自分事としてとらえる人は少ないわけで、多分この問題に関しては何かが自分の身に起きない限りそうそう変わらないでしょう。

 

ただ、数年前に比べて「稼ぎにくくなっている」のは間違いないと思うんです。

 

それでも相変わらずスピードが速いので、3年前はどんだけ・・?とは思うけど 笑

出品規制とかメーカーが売り渋るとか、客観的事実として以前よりも縛りが増えていますよね。

 

だからやっぱり僕たちは

「ただの転売屋」

からは抜けなければいけないし、このまま厳しくなる流れに巻き込まれて目をそらしたツケが来年・再来年にくるなんて嫌じゃないですか。

 

別に転売スタートがビハインドなんてことは1つもない。

 

ただ僕自身そうだったように、今までと違ったことをやるのは最初億劫だから、そこでみんな止まるのを逆手にとって1つだけ上のステージに上がれば、ライバルとのこれ以上の差別化はないと思います。

 

週末だろうが連休中だろうが、メールのやりとりだけで今週の納品が決まるって、やっぱり大きいですから。

 

僕もその道のヒントになるべく走っていきますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

それでは、また明日!

 

PS

キングダム映画化のキャストが決定しましたね!

 

世間はどんな反応なのかな~?

とTwitterを見てみたら、実写化に反対の人が多いのは想定内として

「キャストが豪華すぎる。原作まだ読んでないけど読むか」

というツイートが多いことにビックリしております。。

 

まあこういうのもタイミング次第なので、まだの方もぜひ!

 

・・長澤まさみは楽しみすぎる。。。