副業

片手間の副業男がノンストレスで月2万円稼いだ話


キーボードの副業で月2万円稼ぐ人

先日の10時頃に起きたYouTube障害はちょっと驚きましたね・・

アメリカでは110番する人もい対応というのは笑ったけど、裏を返せばそれだけ重大だと認識されているわけで、その影響力の大きさを改めて思い知らされました。

 

こういった事象を受けて「リスクヘッジのために物販やりましょう!」というのは安直だと思うけど、重要なのは「あのYouTubeが」ってことですよね。

 

老若男女問わず知らない人はいないんじゃないか?

と思われるあのYouTubeでさえ、こういったトラブルが“ゼロではない”ということ。

 

これはAmazonやGoogleも同じだというのはもはや言うまでもないですし、一本足打法であればあるほどリスキーですよね。

 

人気の大将軍・王騎将軍が討たれたとき、あまりの驚きに国中に激震が走ったのはキングダムの中でも衝撃的なシーンでしたが、強い将軍(企業)であるほどその首を狙う敵も多い。

一定のプラットフォームに依存するのは危ないので気を付けなければいけないと感じています。

 

そうなってくると情報発信ビジネスは欠かせん!

となるわけですが、なぜか情報発信=コンサルと思われている傾向にあります。

 

「なぜか」ってそれでマネタイズしている人が多いからなんですけど(笑)、特に転売業界では8割(9割?)以上がこの道でしょう。

 

僕も情報発信を始めて、3ヶ月という短期間で100万円オーバーを達成できたのは自分の企画をセールスさせてもらったからですし、労力を伴う分、収益化しやすいのは間違いありません。

 

でも結構聞きます。

 

「僕はコンサルはしたくないので…」

「私は人に教えるのが苦手だから…」

 

それを理由に発信を拒むケースも見受けられますが…正直、この言い分は発信しない理由にはなり得ません。

なぜなら、別にやりたくないならコンサルしなくてもいいから。

 

塾をやらなくてもいいです。

コミュニティーをやらなくてもいいです。

 

「価値」を提供できれば情報発信ビジネスは成り立ちます。

・・と言ってもピンとこないですよね?

 

僕もこれまでに何度も何度も「情報発信とコンサルは違う」と指導をいただいてきましたが、イマイチちゃんと理解できていなかった部分があります。

でも、コンサルしなくても収益が発生させられるのは間違いないんですよね。。

 

ひとつ、実在する人物の話をします。

 

僕は商業高校だったので資格を取るための選択科目がありました。

そのときにはマーケティングのマの字も知らず「なんだそれ?美味しいの?」と普通にスルーしてしまい、せっかくなら受講しておけば良かったとやや悔やんでおります。

 

それはさておき、そのときにワープロの授業を受けてタイピングが人並みなのは有難いのですが、同じクラスの友人にタイピングが好きすぎる男がいたんですね。

(文字にすると破壊力がヤバイですね 笑)

 

彼はとにかく文字を入力することが得意で、10分の中で何文字打てるか?というゲームではいつもダントツで1位でした。

そして事務職へ就職し十数年、今に至ります。

 

自分で考えることは得意じゃないけど、まったく文字を打つことが苦にならない彼。

その彼と、今年の年始に会う機会がありました。

 

あのとき話した内容は特に覚えていないので大したことは言っていないと思っていただいて構いません。

 

ただ、彼は副業をしたいと。

事務職だし昇給といってもたかが知れていて、なにか仕事があればな~とのこと。

 

ほとんど定時帰宅だし時間はある。

月に1万円や2万円でいい。

 

そんな彼に僕が言ったのは、

「キーボードを愛しています」
「死ぬほどタイピングが好きです」
「文字ならいくらでも書きます」

と、つぶやき続けたらいいよと。

 

今ではそれが機械で出来る時代かもしれないけど文字起こしをしてほしい起業家だって多いし、人手が欲しいけど雇用は嫌だという人もいます。

タイピングなんてもちろん在宅で完結するわけで、都合よく仕事を振ってもらえたら普通に副収入が得られる。

 

結果、どこだかの社長さんから立て続けに仕事が舞い込んで、月2万円前後の収入を得るようになったそうです。

 

「暇なときにやるくらい」

というのがどの程度なのか知りませんが
(そもそも入力が超早いので 笑)

発信しなければ可能性すらなかった話ですよね?

 

そうやって考えたら僕らが提供できる価値ってたくさんあります。

 

代わりに不用品を処分してほしい人がどれくらいいるのか?

とか、

ひと月に1万円増やしたい人がどれくらいいるのか?

とか、

古物商を取って買い取り事業をやったらWin-Winなんじゃないか!?

とか。

 

あくまで一例ではありますが、コンサルするだけが情報発信じゃないし、転売を頑張っている人のスキルはわかりやすく「感謝」と「お金」を生めるよ、と。

 

余談ですが僕はオタクの人の話を聞くのが好きで、その筆頭にこの業界で付き合いが長いMさんという方がいます。

彼女はK-POPやらアニメやらとにかく僕の知らない知識が深くて幅広い。

 

情報がコアすぎるので、会話の中から

「え、だとしたらこの商品もイケるんじゃない?」

みたいな感じで稼がせてもらったことも何度もあります。

 

彼女は「当たり前」のことを言っているだけでそこに「価値」があるとは思っていないようですが、そういう情報を定期的に届けるだけで十分に有料サービスとして成り立つんじゃないかと僕は思います。

(本人に何度言っても伝わらない)

 

過去に参加した月額5,000円の転売コミュニティー(?)より、よっぽど彼女の情報は価値が高いという経験談からそう思います。

 

コンサルを売るだけが情報発信じゃない

ということをぜひ覚えておいて頂けたら!

ではでは!