年収が上がる成功思考

年収の平均が気になる20代が今すぐやるべきたった1つのこと


新卒から社会人として歩み始めた20代のときは「自分の年収は同年代の平均と比べてどの位置にいるのか?」ということが気になり始めるのではないでしょうか?

自分が平均より上なのか、それとも下なのか?それを知るだけで一喜一憂する人もいるとは思いますし僕もそうでしたが(笑)、他人の年収を聞いて安堵するより今やるべきことが他にあるというのが僕の意見です。

この記事では20代の平均年収についてリアルな部分に触れつつ、そんなことを気にする必要はないということをお伝えできたらと思います。

起業して雇われない生き方が出来るようになった今の僕から当時の僕へ向けるつもりで書いていきますので、ぜひ参考にして頂けたら!

【最新版】20代の平均年収はいくら?

まずはリアルな現状として、平均年収を20代前半から中盤・後半と分けて見ていきましょう。
※参考:転職Hacks

20代前半の平均年収

まず20代前半の平均年収ですが、約286万円という数字が出ました。

新入社員として入社したばかりの社会人が多い年代のため、このくらいが妥当かという金額になっていますね。

自分が30歳手前でこのくらいの水準だったので新卒の社会人に対して300万円を支給すること自体が凄い話だとは思いますが…。

論点がズレてしまいそうなのでまた今度にします(笑)

20代中盤の平均年収

続いて20代半ばの平均年収は約340万円ということで、人によっては役職が与えられたり部下がついたりするなど、少しずつ差がついてくる時期ではあるかと思います。

定期昇給のほか、人によっては役職手当などがつくこともあるかもしれません。

ただ個人的な想いとしては、20代前半と比べて50万円もの差が生じているのが少々疑問ではありますね…。

たった数年でこれだけ年収がアップするということは年間10万円ほどの昇給になるわけで、僕がサラリーマンとして勤務していたときにこれほどの上がり幅は経験したことがありませんでした。

20代後半の平均年収

最後に20代後半の平均年収ですが、約388万円となっています。

アラサーと言われる年齢ですが、30代に差し掛かる時期になってくると出世している人とそうでない人の差が少し広がってくる時期でしょう。

平均年収ではわかりにくいですがこの数字より高い人も低い人もいるわけで、状況によっては転職や将来を考え始めるということも十分にありえる時期だと言えます。

 

年収の平均が気になる20代の心理とは?

心理を見抜く人の目

まずは平均年収について3つに分けてみてみましたが、いかがだったでしょうか?

僕は自分がいずれの年齢でも平均を下回っていたことを知って驚愕しておりますが(笑)、次いで周りの年収を気にする心理について確認していきましょう。

周囲と比較して安心したい

平均年収と自分の所得を比較して「今の自分がどの辺りにいるのか」を知りたいというのが、平均年収が気になる一番の理由と考えて間違いないでしょう。

そしてその心理の裏には、自分が平均以上だという事実を盾にして「安心したい」という気持ちが働いているのも確かです。

逆に平均より低かった場合は「このままでいいのか不安になる」という現実も待っているかと思いますが、いずれにしても自分の将来を考えるための判断材料になっていると言えますね。

就活で失敗しなかったかを確認

就職活動の結果、たとえ第一志望から内定をもらって就職できても本当の意味で正解かどうかはわかりません。

実際に働いてみないとわからないことには以下のようなものがありますよね。

・仕事の内容は自分が思った通りだったのか
・福利厚生は望んでいたものを満たしているのか
・給与の面で満足できるか

特に給与に関しては昇給や手当などで差がつきやすい部分もあるので、平均年収と比べることで会社選びを間違えなかったかを確認したいという人が多いのではないかと思います。

隣の芝生は青く見えるとよく言いますが、僕も新卒で社会人になった頃にはまさにそのような感覚で過ごしていました…。

今の仕事を続けて良いのかが不安

「石の上にも三年」とは言いますが実際のところ1年も経たないうちにある程度の仕事内容は把握できますし、数年間働いているとその会社の給与体系や昇給率などシビアな部分にも目がいくようになってきますよね。

特に20代は将来を想像することも多いでしょうから「このまま今の会社で働き続けても大丈夫なのか」「自分の人生はそれでいいのか?」などといった疑問を感じることは珍しくありません。

働き続けるかどうかの1つの判断材料として、平均年収と自分の年収を比べるという要素もありますね。

行動できない自分を追い込みたい

不満を感じていても実際に行動できない人が大半ですから、そんな自分に発破をかけたいという想いもあるでしょう。

自分が平均以下だという現実を突きつけられたら、追い込まれて行動するしかないという気持ちになりますし、自分の意志だけで行動できるほど強くないのも人間です。

少し僕の経験談をシェアさせていただくとアパレル販売員だった当時、「アパレル業界では好待遇」ということに甘んじて自分を落ち着かせていましたが、その実「まったくお金が足りていない」という現実がありました(笑)

地域によっても異なりますし平均年収はあくまで平均でしかないものの、行動するための原動力になり得るのであれば気に掛けてみても良いのかもしれません。

また、自分はまだ本気出してないだけ。という場合はこちらの記事も参考にしてみてください。

参考:仕事で本気になりたい人必見の方法|やる気なんて今すぐ捨てたらいい

 

年収の平均を気にする20代がやるべきこと

20代が始めるべきスタート

自分のビジネスを持つこと

単刀直入に、個人でビジネスを持つことを強くおすすめします。そうすることで年収を会社に決められることがなくなるからです。

平均年収を気にするのは自分で年収を決められない会社員だけがすることだ、というと少々語弊はあるかと思いますが、実際のところ、個人で稼げるようになれば平均年収は普通に上回ることができるので気にする必要すらありません。

自分のビジネスを持つことによって頑張った分だけ収入が増えるようになりますので、平均に甘んじることなく自分の稼ぎたい金額を目指すことも出来ます。

個人で完結できるビジネスについて詳細は下記の記事にもまとめていますので、こちらの記事もぜひ参考にしていただけたら!

参考:理不尽で仕事が辛い人必見!個人で完結できる新しい働き方とは?

リスクが低い副業からでいい

「ビジネスを持つ」「個人で稼ぐ」という話になると、いきなり独立をイメージされる方が多いですが、今の時代は必ずしもそうする必要はありません。

副業解禁が大きな話題になったことも記憶に新しいところですが、副業から始めて徐々にビジネスを大きくしていくという認識でまったく問題ないです。

いきなり大きなリスクを背負わずとも個人でビジネスができる時代なので、こんな働き方があることを知ったとき初めて「時代」に感謝しました(笑)

インターネットが普及していなかった当時では確実に無理でしたから、本当に恵まれた時代に生まれていますよね。

副業で稼ぐ方法においては、以下の記事も読んでいただけるとよりイメージがしやすいかと思います。

参考:ヤフオクでおすすめの販売術|副業で月30万円は現実的に可能だった

会社組織に依存しない人生を意識

繰り返しになりますが、個人で稼げるようになり会社に依存しなくなれば自然と平均年収なんて気にならなくなりますし、個人で正しくビジネスを実践していけば平均年収を上回るのは時間の問題です。

アパレル販売員時代、百貨店の店長を務めながら月収15万円だった僕が言っているのでリアリティーはあるかと思っています(笑)

また年収も大切ですがそれ以上に「依存しない体質」をつくることが非常に重要で、それこそ起業して個人事業主になってからですが、会社組織からの給料でしか自身の収入を得られないって普通に危険だと感じるようになりました。

今はまだ副業や起業など個人でビジネスをする方が珍しいですが、現存する会社の9割は10年以内に潰れるとも言われているように「個人のスキル」は今後確実に問われていくでしょう。

 

年収の平均なんて気にするだけムダ

自由に飛び回る鳥

上限が決まった世界の中で戦う必要はない

会社から給与をもらうのが当たり前という価値観だと自ずと年収の上限は決まってしまいますし、自分がいくら給与を上げてほしいと願ってもその決定権は100%会社にあります。

一方、今は会社から支給される給料以外にもお金を増やすことができる時代ですし、リスクも限りな低い状態でビジネスをスタートすることが可能です。

たとえば20代で年収1000万円を手に入れている人って一握りだと思いますが、副業も含め個人でビジネスを行っているビジネスマンで言えば特に珍しい話ではありません。(この辺りは後述します)

そもそも上限を人に決められない世界に身を置くことが大きな意味を持つのは間違いないので、視野が狭くならないよう目線は上げていきましょう。

平均点を目指した先に幸せはない

初めから平均点を目指すとその平均点にすら届かない、というのはよくある話ですが、もし平均を超えられたとしてそれで満足できるのか?という疑問も生じます。

これはぜひ参考にしていただいたい話なのですが、僕はアパレル販売員の当時、会社での昇給を心から望んでいました。

おそらくこれはあなたも感じた経験があるかと思いますが、あるときふと気付いたのが「昇給したところで満足できるものなのだろうか?」と。

MAXで昇給したとしても年収が20万円上がるような未来は待っていなかったですし、それこそ平均以下の現状は変わらなかったんですよね。

頑張った先に幸せが待っていない道なんて走れない!と普通に思いましたし、そうするべきではないと今でも強く思います。

そう考えたら、20代のうちに個人のビジネスをスタートさせるって可能性しかないわけで。

別に自分の人生に後悔はないですが、こればかりは「もっと早く知りたかった」というのが本音です。

20代で年収1000万円は普通に可能

先ほどチラッとお話ししましたが、個人でビジネスを実践することで「年収1000万円」という夢のような世界は手が届く距離になります。

若くして年収1000万円なんて言われると確実に「悪いことをしている」としか思えなかったですが(笑)僕の周りだけでも何人もいますし、それが普通に可能だと知れたことは非常に大きいと思っています。

年収が高い方が偉いなんてことは当然ありませんが、周りの年収を気にすることなく自分に価値を感じながら働くことができるというのは自己実現においても最高ですよね。

そうやって自分の頑張りが直接成果として反映されるというのが個人でビジネスを行うことの魅力ですし、20代から実践していくことで生涯年収に大差がつくことは言うまでもありません。

それこそ、平均を確認して一喜一憂していた自分が子どもに感じられるくらいに。

 

まとめ

平均年収と勝負する必要はないという想いのままに記事を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

アラサー目前で現実を見た僕の歩みについても、かなりリアルに描きましたのでぜひプロフィールもチェックしてみてください。

井上直哉プロフィール

20代のとき僕は完全に周囲との比較の中で生きていたので、そうじゃない豊かさもぜひ知ってほしいと思い、今回の記事を書くに至りました。

もっと言うと、30代・40代と年齢を重ねていくときにも平均年収を気にしている人生って嫌じゃないですか。

今は本当に個人が輝く時代ですし、無名の個人がビジネスで成功するための仕組みやSNS等のツールも過去とは比べ物にならないほど充実しています。

平均年収にとらわれることなく自分の可能性を最大限に活かせる道を選択し、どんどん若くして成功する人が増えたらいいなと。

また、僕の周りにも大学生や20代の起業家が増えてきて彼ら・彼女らと話しているのって新しい刺激があって素直に楽しいんですよね(笑)

ぜひこの記事から何かしら気付きを受け取って、理想の未来のために行動していただけたら幸いです。