ネットビジネス

成功したときにするべきは、ただ純粋に歓ぶこと


別にファンでも何でもないはずなのですが、今回のプロ野球日本シリーズでは気が付けばカープを応援している自分がいました。

稀に見る素晴らしい日本シリーズで本当に面白かったし興奮した…!

 

ただカープを応援している理由で思い当たるのは1つだけで、

「この前それについて記事を書いたから」

という、それだけだったりします。

 

ミーハーというか感化されやすいというか純粋というか(?)笑

 

その記事もよかったらぜひ読んでみてください。

広島カープが超絶強い理由×努力に裏切られない方法

 

でもただ一度アウトプットしただけで興味としてしっかり脳に残るわけだから、人の思考って面白いですよね。

そのジャンルにはまったく詳しくないですが自分の発言(発信)が己に及ぼす影響ってやっぱりどう考えても大きいので、「最悪」が口癖の人は自ら運気を下げていると思います。

 

逆に言うと、ポジティブな言葉を発していれば自然と気分は付いてくる。

 

その象徴とも言えるようなことがあって、フリーで絵描きとして活動している僕の友人が先日、こんな発信をしていました。

 

ーーーーーー

友人曰くその出来事は私にとって「最悪の事態」だったという。

確かにそれほどにインパクトのある出来事で自分自身も衝撃を受けた。

ただそのときの私の発言が友人に衝撃を与えていたらしいことを後で知った。

「運が良くなかったらもっとヤバかったなあ!」

ーーーーーー

 

傍から見ると「最悪の事態」とも言える状況下で「自分は運が良かったからこの程度で済んだ」ということを彼女は笑いながら自然に発していたそうで。

おおお…!と思いました。

 

そこで起きている出来事は一緒でもとらえるフィルターによって解釈は全然違いますよね。

僕もかなり運が良い人間だと思っているけどちょっとレベルが違った 笑

 

でも「自分は運が良い」なんて特に証明できるものもないわけで、思い込みでイイからそう感じていたいなと。

 

運が良かった、と言うとどこかマグレのような感があるのか敬遠されがちだけれども、個人的にはまったくそんなことはないと思います。

 

たとえば、数日前に僕の元にこんなチャットが届きました。

↓↓

ご報告が遅くなりすみません。
10月度の月報です。
お時間のある時にご確認いただければと思います。

————————

■ 10月の実績
売上合計 :¥256,431
利益   :¥105,498

↑↑

 

またも月収10万円達成の報告…!

 

副業で頑張っている彼の成果報告には

「おめでとうございます!!」

という言葉がコミュニティーの皆から贈られていた。

 

本業の時間や家族の時間、上手くいかない葛藤や苛立ち。

周りの成果報告に対する焦りもあったと思います。

 

たくさん苦労した彼の成功だっただけに僕も朝からすごく嬉しかったのですが、当の本人はどうやら納得していないようで

・ここまでに時間がかかってしまい申し訳ない
・〇〇がなければ達成できなかった
・アレとアレが反省点で……

みたいなことも書かれていたんです。

 

真面目か!w

 

謙虚な彼らしくてそれも良いと思ったのですが、別に「運」の要素があってもいいんですよね。

 

僕も初めて10万円をやったとき、30万円、50万円、100万を突破したとき、

「これなかったらヤバかったな…」
「まぐれかもしれない」

という想いは少なからずあったけど、そんなこと言い出したらキリがない。

 

もっと言うと最初なんてマグレで良くて、その新しい基準に自分を乗せるために今日からまた頑張っていけばいいんだと思います。

初めて商品が売れたとき、売れる基準で仕入れているとわかっていてもやっぱり実売した事実は超嬉しかったわけで。

マグレだろうが何だろうが一発目の成功って本当に大事。

 

大谷翔平がメジャーで打ったホームランだって1本目の時点で

「彼の実力はメジャーでもトップだ!」

なんて思った人はほとんどいないだろうし、そのあとの結果でマグレは実力に変換されます。

 

だからまずは成功を素直に喜んで今後の活力にする。

 

どんなステージであれたくさん沈んだ後の成果って最高だから、

「よっしゃー!!」

は、ちゃんとやろうぜと。

そんなことを思いました。

 

僕もそういう傾向にあったのですが、やたら反省したり謙虚すぎたりすると、気付かないうちに後ろ向きな気持ちになるんですよね。

そしてその反動なのか、調子の乗り方を間違えるww

 

謙虚な姿勢も大事だけど、そもそもネットビジネスって淡々と作業をしている時間の方が圧倒的に長いわけで、少ない喜びポイントって超貴重なんです。

だからしっかりとその瞬間は大切にしてあげてほしいなと。

 

そして

たくさん我慢させてしまったであろう奥さんやお子さんにちょっとした贅沢をプレゼントできる歓びも。

新しい感覚を経験して、次に進んでいけたらいいですね。

 

Yさん、おめでとう!!

 

それでは!