副業

不用品をネットで高く売るならヤフオクとメルカリどちらが簡単?


ネットで不用品を売ろうと思ったときにまず候補に上がるのがヤフオクとメルカリですが、実際に使ったことがあったとしても明確でない点は多いです。

・どっちの方が早く売れるの?
・どっちの方が高く売れるの?
・どっちの方が簡単なの?

具体的には上記のような疑問を持っている方がたくさんいると思いますので、この記事ではそういった疑問に答えながらヤフオク・メルカリ各々のメリットをお伝えしていき、ネットで不用品販売をする際に高く売るポイントをお届けできたらと思います。

不用品販売が簡単にできると商品を購入する際のハードルが下がるという利点もあると思うので、メリットを把握したうえで是非実践してみてください。

 

不用品はネットで高く売るべき

ゴミとして捨てられそうな商品

簡単にできる

メルカリとヤフオクの強みとして、アプリをダウンロードすればスマホから出品ができるという手軽さがあります。

出品の度にパソコンを使う必要はないですし、写真をスマホで撮ってそのまま出品できるので一度パソコンに取り込むという手間もありません。

以前はネットで不用品を売るといってもそこまで身近ではなかったのですが、現代においては非常にそれがやりやすい環境が整っていますね。

買取に出すより高く売れる

僕はかつてアパレル販売員として勤務していたのですが、不要な洋服をリサイクルショップに持っていった際、そのときの買取価格が驚くほど安かったことを覚えています。

一方でリサイクルショップで売ると数百円のものでも、ネットで売ると数千円で売れるということは実際によくあることですし、それを体験したときにリユース事業の可能性を身を持って感じました。

店頭ではあの価格で買い取りされることに誰も疑問を持ちませんし、休日には番号札を渡されて買い取りを待っている人もいるくらいですから。。(僕もそうでした)

不用品処分とはいえ、ネットで販売した方が高く売れるというのは重要なメリットの一つですね。

意外とすぐに売れる

ネットだとなかなか買い手が現れないのでは?といった懸念を抱いている人が多いのはわかっているのですが、実際には意外と早い段階で売れて拍子抜けしたというケースが多数見受けられます。

特にメルカリでは、売れたものの半数以上が出品されてから24時間以内に購入に至っているというデータもあるほど。

またヤフオクやメルカリでは利用者数も1000万人以上いますから、客観的にみてもすぐに売れる根拠は揃っていると言えますよね。

予想外に早く売れることに楽しさを感じてのめり込んでいく例は珍しくないので、ぜひネットで売ることも視野に入れていきましょう。

 

不用品をヤフオクで売るメリット

毎日開店するお店

売れるまでが早い

高く売れることがネットで売る理由であることは間違いないですが、やはりスピード感も大きなメリットとなります。

もちろん高く売るのがネットで売る意味であるものの、それだけでなくスピードを求める上でも有効。

特にヤフオクで出品する場合はオークション形式で1円出品すればほとんど売れ残ることはないですし、こまめな価格設定も必要ないというのが不用品販売向きであると言えるでしょう。

当然ながら終了日時も決められますし、早く売り切りたいという方にとってヤフオクは計り知れないメリットをもたらしてくれるのではないかと思います。

ジャンク品でも売れる可能性がある

ヤフオクでは色々なものを出品している人がいて、実際に出品を見ていくと「え、こんなモノまで売ってるの?」という商品を目にすることは珍しくありません。

その中にはいわゆる「ジャンク品」と呼ばれる、傷が多かったり壊れて使い物にならないものも出品されているんですね。

そういった商品でも普通に値段がついている事例はいくらでもありますので、自分の主観だけで「売れないのでは?」などと思う前にまずは出品してみる、というのも一つでしょう。

また、出品する際には「ジャンク品」と書いたり故障している箇所などをしっかり記載することが大事。

思わぬ高値で売れることもあるかもしれませんから、必ずしも完品でなければ出せないということは考えずにまいりましょう。

リサイクルショップより高く売れる

前述の通り、ヤフオクで売る方がリサイクルショップよりも高く売れるというのはよくありますし、仲介を入れず自分で行うことを考えるとそれは普通のことだなと思います。

冷静に考えて、リサイクルショップでは僕ら一般ユーザーから買い取った価格に利益を乗せて販売する必要があるため、元々の買取自体も利益が見込める安価で引き取らなくてはいけません。

しかしヤフオクでは直接その商品を必要としている人に販売ができるので、その分リサイクルショップへ売るよりは高い価格での販売ができて当然とも言えますよね!

 

不用品をメルカリで売るメリット

無料で出品可能

ヤフオクの場合、オークションで出品するためにはプレミアム会員への登録が必要です(月額462円。フリマ出品のみの場合は不要)。

一方でメルカリの場合はアプリをダウンロードし、無料の登録をするだけで出品することができますので月額料金はかかりません。

登録だけしておけばいつでも出品することができますので、気軽に使えるというのがメルカリのメリットではないかと思います。

スマホ一台でとにかく簡単

メルカリで出品する場合は、スマホで写真を撮ってそのままスマホで出品をすることが出来るので、手間がほとんどかかりません。

配送方法も「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」といった使い勝手の良いものもあり、こういった方法では配送用紙にあて先などを書く必要もないですね。

コンビニでも発送ができるため、忙しい方でもそこまで時間を掛けずに出来るというのがメルカリの最大の魅力です。

メルカリの配送方法についてはこちらの記事で詳しい比較をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:メルカリ発送方法一覧と送料比較!最安値で一番お得な方法の出し方

売上金のやりとりが安心

メルカリでの売上金のやりとりにはメルカリが仲介に入っているため、購入者の方と直接金銭の受け渡しをする必要はありません。

売上金は相手が受け取り連絡をした段階で一度売上金としてメルカリが預かる形になり、そこから出品者が入金の申請をする形になっています。

ムダなトラブルに巻き込まれる心配がないため、このシステムは非常に有難いものだと言えるでしょう。

詳しい入金サイクルはこちらの記事でもまとめていますので、よろしければ併せて確認してみてください。

ヤフオクとメルカリの使い分け|結局どっちが高く売れるの?【2018最新】

 

不用品を高く売るにはどっちが簡単?

どちらが良いかを示す道

簡単にできるのはメルカリ

ヤフオクの方が高く売れる傾向にあるなど、ビジネスで販売するときはヤフオクをおすすめしていますが、出品しなければ売れることもないと考えたら簡易性の面ではメルカリに分があると言えるでしょう。

スマホひとつで完結出来るというのも大きな魅力ですし、出品から発送、売上金の受け取りまでの流れをみてもユーザー目線で非常に簡単に出来るように設計されているので、ネットで売ることが面倒だと感じている人にはメルカリがおすすめです。

早く売り切りたいときはヤフオク

手軽に出品できる上にオプションの数も多く、使い勝手が良いヤフオクですが、特に早く売りたい場合にははオークション形式で1円出品をするのが確実性の高い手段です。

どこまで価格が吊り上がるかはもちろん商品の価値や出品のタイミングで変動するものの、とにかく売ってしまいたいというときには最適なプラットフォームだと思います。

予想以上の値段で売れることがあるというオークションならではの楽しみもありますし(笑)、不用品処分として利用している人が多いのも事実として把握しておきましょう。

 

不用品はネットで売ろう

ヤフオクとメルカリのメリットについて触れてきましたが、ネットで不用品を売るハードルは相当低くなりましたし手元に残るお金が多いというのは非常に有難いことです。

会社からもらえる給与以外でお金を増やせる経験も出来るわけですから、自分でお金を稼ぐという経験は今後生きていく中で絶対にプラスになります。

学生さんもアルバイトをするより効率的だとしてネットでの販売で小遣いをつくっているケースを多々耳にするようになりましたね。

また商品を高く売りたいということであればヤフオクがおすすめというお話もしましたが、より高く売るコツを知りたいということであれば、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考:【最新版】ヤフオク出品のコツ|高く売る為に写真より大切なこと

この記事ではネットで不用品販売をするメリットと、ヤフオク・メルカリのそれぞれのメリットについてお伝えしてきましたが、実際にやってみないことにはわからない部分も多いです。

また出品しないと売れないという事実もあるので、ぜひこれをきっかけとして不用品販売にチャレンジしていただけたらなと思います。

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

ただ、手取り15万円だったアパレル販売員時代から何もかも上手くいったかというと決してそんな天才肌ではなく…。

むしろ遠回りした僕ですが、この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。この事実によって一気に視野が広がりました。

人からの評価ばかり気にしたり、漠然と将来への不安を抱えたりせず、自信を持って生きていくために「主導権を自分で持てる道」を選ぶこともできた。

そうやって今は、「誰か」に依存することもなく「何か」に怯えることもない、強い大人に一歩近づけた気がしています。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。