ネットビジネス

チーズバーガーしか売らないマックは潰れると思う


「1年もあれば人生は変わる」

ネットビジネスでよく耳にする言葉なので、一度は同じようなことを聞いたことがあるかもしれません。

感じ方は様々かと思いますが実際にそうで、僕も副業開始から1年で会社を辞められました。

 

正直、結構凄いことだと思っていたけど周りにもっと早い人が普通にいる…(笑)

しかも最近では自分より若い人たちもたくさんいて、本当に個人でビジネスをすることの可能性を感じますね!

 

少なくとも会社で昇給するよりは圧倒的に簡単だと思っています。

 

副業:自分の頑張りでどうにかなる
会社:どうにもならない壁が存在する

 

やりようがない状況って最高にやる気を奪っていくし、

人生を変えるために1年あれば十分

という話には賛成。

 

でも、実際のところどうでしょう?

 

この1年を振り返ったときに

・これに成功した
・あれが出来るようになった

など、明確なものを手に入れた人の方が少ないのではないでしょうか?

 

というのも、会社で働いていたときって自分の成長を感じられることはほぼありませんでした。

 

元日に初売りで出勤する朝の8時、

「今年こそは…」

という想いは当然抱いていたけれど達成できなかっただけならまだマシで、その日に立てた目標なんて覚えてすらいませんでした。

 

マイナス10℃にも迫る寒空の中、早朝から福袋に並ぶ人の列を見て「正気か?」と驚いたのも今では懐かしい。

8時半にお店へ着いたときには軽く50人以上が並んでいたわけで、一体先頭の人は何時から来ていたんだろう?

 

そんな1年の初日を何年も過ごしても、それでもまったく満たされていなかった28歳の自分。

 

本気でもなかったけどサボっていたわけでもなかった、当時のことを振り返ってみると

「戦う舞台が違ったんじゃない?」

と普通に思います。

 

個人事業主になって初めから「楽」になったことばかりではないけど、少なくともあのときの方が「努力が報われなかった」実感があるから。

 

また、「戦う舞台」に関しては絶対に、転売ビジネスに取り組んでいる人も考えた方が良くて。

 

今の時代って個人のスキルによって出来ることが増えすぎていて、いろんな肩書きを持っているが故に何の人かわからない人が多くなりましたよね?

ZOZOの前澤さんもアパレル企業の社長という感じはないし、多ジャンルで活躍する人がすごく増えています。

 

それこそひと昔前の風潮では

「芸人が俳優なんて色気出しやがって」

なんて言われていたけど、アンジャッシュ児嶋がドラマに出ていても何とも思わないどころか最近ではそれっぽく見えるほど馴染んでいます。

 

そしてこういう事例で重要なのは、

「他の活動での成功はそれだけに止まらない」

ということだったりします。

 

俳優として成功してしまうとお笑い芸人としても箔がつくというか、全体のステージごと引き上がってブランド力が一気に高まることになる。

 

ゲームにも精通していると言われた瞬間からなぜか本田翼がもっと可愛く見えてくるように

(LINEのCMが飛ばせない…笑)

マルチな活動をしていく意味って思っている以上に大きいのだと思います。

 

話を戻して

「戦う舞台」については、今後もビジネスを続けていく上で絶対に考えていきたいなと思うんですね。

 

目標は月収100万円です!

という人は多いけど

・月収100万円を達成したい
・物販で月収100万円に乗せたい

似ているようで全然違いますし、条件が制限されている後者の方が圧倒的に難易度は高いです。

 

僕もその頃は気付いていなかったけど、外注していない場合なんかはここに「個人で」という条件も加わっているから、そりゃあしんどくて当然ともいえます。

 

・物販で
・個人で
・Amazonで

って、拘るのは自由ですが、縛りの多い場所を戦場に選ぶのはどう考えても効率が悪いし得策じゃないなと。

 

これはブログの広告収入なんかもそうですよね。

個人でアドセンスのみで月収100万円って相当難しくて、仮に3倍の300万円を目指すとしたら無理ゲーと化します。

 

アパレルで働いていた頃、もしも上の人間から

「よし、今月はパーカーだけで予算を達成しろ」

なんて言われていたら、ただのイカレタ大人としか思えなかったでしょう。

 

デニムもシャツもジャケットも、色んなものを売らせろよ、と。

 

縛りを強くして自ら難易度を高めることには何の意味もないと個人的には思います。

 

自分が「物販で100万円」を目指している中、後から始めた人が「TOTALで月収100万円」なんて達成されたら普通に悔しいし、ハンパない敗北感と屈辱にまみれると思うから。

 

人生が変わらないのは舞台を間違えているから

 

そんなことを言われたところで

「おいおい、共感から人を動かそうとしているパターン?w」

なんて斜めからしか受け取れなかった僕ですが、今では言っている意味がよくわかります。

 

「Amazon転売で100万円稼ぎます!」

って素晴らしいことだけれども絶妙に自らゾーンを狭くしていて、仮にマクドナルドが

「うちはチーズバーガーだけで攻めます!」

なんて戦略を立てたとしたら100人中100人が

「いやいや、ポテトも売ってよw」

と思うはず。

 

最悪シェイクは我慢してもいい。

 

色々言いましたが本当に、

「どこで戦うか」
「どこに力を注ぐか」

といったことはマジで考えましょう。

 

大して頑張っていないなら別にいいけど超頑張ったのに努力が報われないのは笑えない。

道を自分で選択するしかない個人事業主には往々にしてそういう悲惨な結末が起こり得ます。

 

発表になった2018年の漢字「災」が天災の意味で選ばれたようですが、そんな自分の手でどうにも出来ないことよりも自らに災いが降りかからないような取り組みを。

 

そっちの方が今の僕たちにとってよほど大切なことなんじゃないかと思います。

 

PS

先日質問をいただいたのですが、11月に達成した月収500万円に関しては当然物販だけの収益ではなくて。

というか物販だけで500万円って、利益率20%で見ても2,500万円売らなきゃいけない…。

つまり、仕入2,000万円。

 

無理ではないのだろうけどさすがになかなか険しくないですか?汗

少なくとも今の時点で目指したい道ではありません。

 

そんな僕と同感の方へ向けてメルマガで年内最後の企画を提案したいと考えています。

 

実は裏で先にセールスしたのですが、反応がめちゃくちゃ良かったんですよね。

過去最高の超高額だったにも関わらず。

 

有力者がこぞって「来年は二極化が進む」といっている中、過去最高に差をつけやすい今のタイミングで一生食いっぱぐれないスキルを身に付けていきたいなと。

 

僕の読者様にも色々な方が増えてきたので、毎月2,000万円の支払いが可能な方はぜひスルーしていただけたらと思います。

 

それでは!