働き方改革

人と比べない、には無理がある。


先ほどIBA作業会を終えて喫茶店でメルマガを書いております。

カフェじゃなくて、喫茶店。

なんとなくこのレトロ感がすごく落ち着きます 笑

 

今日も4時間の作業会で色んな会話をしてきて、そのなかで感じたことをシェアさせてください。

 

ネットビジネスでは結構ありがち、
というか僕は駆け出しの頃ずっとそうだったのですが

なにかを始めるときに漠然とただ走り出すと、不安がデカくなります。

 

たとえば転売を始めるとき

3ヶ月で月収100万円を目指すと決めたのに、
睡眠時間が今まで通りにたっぷり8時間だったら十中八九、目標は達成されない。

寝ずにやっても厳しいんじゃないか?
というレベルの設定だと思います。

 

それはちょっと大げさだとして

3ヶ月で3万円という目標だとしたら、ひと月目が5000円いければ上出来。

3ヶ月で10万円が目標だとしたら、ひと月目で5000円はちょい遅いペースかな?

とか

すごく当たり前の話をしていますが
ここで僕が問題だったのは、

「ひと月目の5000円」

これをどうとらえて良いか?自分でわかっていなかったんです。

 

自分の今いる位置が早いのか、妥当なのか、遅いのか、
わかってないことがほとんどだった。

こうなるとマジで不安しか生みません。

 

5000円の成果が自分にとってどうなのかわからずショボく見え
誰かのメルマガで読んだ周りの人のスピード感に焦り、

挙句、このままじゃダメだと他のジャンルに目移りする。

(イコール、結果が遅くなると僕は思ってます)

 

持っている資金も、かけられる時間も、そもそもの目標も
ぜんぶ人それぞれ全然違うのに、です。

ちょっともったいないですよね。色んな意味で。

 

目指すところと、いま自分がやっていることの方向・スピードは合致しているのか?

ときどき確認してみると良いと思います。

 

別に不安を感じなくて良いところで自分が勝手に卑下しているだけかも。

 

そして、、

他人と比較しない。

 

これが出来ればベストですが、
正直、それは実際問題なかなか難しいとも思っています。

自分はそんなつもりがなくたって、脳が勝手に比較してしまうものだ。

 

遺伝子レベルで無理があります。

 

だったら最初から比較すればいいです。

 

このときのキーワードは

「冷静に」「淡々と」です。

 

僕は感情的な人間なのでこれがなかなか難しいけど 苦笑
上手に比較できれば無駄に凹まない。

 

誰かと比べて「差」を感じることってあるじゃないですか?

 

コミュニティーにいればライバルが気になり、
メルマガやブログを読めば成功した人の声が気になる。

それって自然なコトなので、差を感じること自体は平気です。

 

問題はその「差」を冷静に見ること。

「分析する」と言いたいところですが、
僕自身がまず気を付けていることで言うと冷静に見る、です。

 

「なんで自分は上手くいかないんだ……」
「俺には向いていないのかも 泣」

付属してくるこういう類のはただの感情なので要りません。

 

■その人が出来ていて自分が出来ていないことは?

 

まずはこれを見ることが大事で、
ひと言で効率よくリサーチしていると言っても色々あります。

 

・稼げるキーワードを資産として残している
・毎日必ず3時間はリサーチに充てている
・利益よりも販売経験を重視している
・交渉を積極的に行っている

いろんな要素があって「差」は生まれるので、
なにが足りていないかを客観的な眼で炙り出す。

あとは淡々と、差を埋めるための動きをして近付けていくのみです。

 

僕も先日のオウンドメディアセミナーを受講して
成功者の実例を目の当たりにして

「ああ、なんで俺はブログからの集客がこんなに弱いんだ…」

なんて一瞬思ったりしましたが、

 

「当たり前だろ!記事が全然ないんだから!」

と自らツッコんでいます。

 

冷静に考えたら、まだへこむ理由がない 爆

 

感情は一旦横に置いて、客観的事実を見てそこを埋めていく。

差を感じたときって、よくよく見てみたら、
なるべくしてなっているケースの方が多いです。

 

おかしなタイミングで勝手に凹まないように。

ぜひ意識してみてください。

 

それでは、良い夜を!