公開メルマガ

「稼げる個人」になる意味×惨めなヘッドハンティング


こんばんは、井上直哉です。

2019年から本格的にブログ集客を始めたコンサル生の高村さんから、なんとも嬉しい報告が届きました。


自動化の月収100万円はイイ感じですね!

トルコやら台湾やら京都やら、奥さんと旅行に行きまくっているなかで素晴らしい。

僕のときより全然速いのがやや悔しいですが(記事数も半分以下…笑)Web上につくった仕組みから収益が上がるのは、最高の仕事の形だなと改めて感じています。

 

「個人で稼ぐ」と決めた先にはデカイ可能性が待っていますね!

 

でもこういう大きな実績を見ると、ハードルが高そうに感じて尻込みしてしまったりするかもしれません。

僕自身「俺にはまだ早い」なんて感じてシャットアウトしたことは何度もありましたが

だからこそお伝えしたいのは、

「みんな一歩目は超現実的なステップから」

始まっているという事実です。

 

端的に言うと、まず「稼げる個人」になること。

このファーストステップが未来を分ける鍵なんですよね。

 

じゃあ、なぜ最初にお金を稼ぐべきか。

もちろん金銭的な側面もありますが、これはもう僕としては

「自信を持てるようになるから」

に尽きます。

 

未だに覚えていますが副業で初めて売上が立ったとき、会社の初任給とは違った喜びがあったんですよ。

俺が自分で稼いだお金だ!!!

という事実がたまらなく嬉しかった。

 

会社の駒としてぼやけちゃっていた「自分の価値」みたいなものをハッキリと実感することが出来ました。

利益にしたら微々たる金額でしたけど(笑)

そんなことよりも「自分の手で」、収入を増やせたことに興奮したのを記憶しています。

 

また、コンサル生からもよく「友人からめっちゃ聞かれますw」との言葉を耳にしますが、会社以外の収入を持ってる人が身近にいたらやっぱり気になりますよね。ひと月に3万円だとしても。

 

え、凄くね?どうやったの??

なんて興味津々で聞かれると、また自信が深まったりもするものです。

 

この「個人で稼げる自信」があるか否かで僕らの選択は大きく変わってきますよ…!

実際にそれを持っていなかった頃、めちゃくちゃ恥ずかしい想いをしました。

 

百貨店で販売員として店頭に立っていたある日、ヘッドハンティング的なオファーを受けたんですね。

転職先は世界的に有名なハイブランドで、当時の僕はそれはそれは有頂天でした。

「ようやく来たか、チャンスが!」
「見る目がある人もいるもんだ!」

なんて思ったりして、見事なまでに浮ついていました。

 

迎えた当日。

指定されたホテルのラウンジに足を運ぶとスーツ姿のデキる風な男性が待っていて、

「キャリアプランとしましては~」
「外資の特徴としては~」

みたいな話を30分ほど聞いて未来に心を踊らせていたのですが…

結論から言うと、

「面接すらおこなわれない」

という奇跡が起きました(!)

僕に声を掛けたエージェントがブランド側との年俸交渉で吹っ掛けすぎて、あちらからNGが出たそうな。

夢物語はあっけなく終了したんですよね。

(上記の理由も後で知りました)

 

そのときはもちろん腹が立ったし

「じゃあ最初から言わないでよ!」

と、告白されたのに結果フラれた人みたいな(笑)なんとも惨めな心境になりました。

 

だけど、

よくよく考えてみたらすべて自分の弱さが招いたことなんですよね。

 

自信がないから飛び付いた。

自信がないから肩書きで埋めようとした。

個人で収入源を持ってさえいれば、こんなストレスとは無縁だったはずです。

 

社会人になると、こんな事例は少なくないんじゃないでしょうか。

 

たとえば同年代と話すと、一応役職がついたけど給料はそのまま…みたいな話はよく聞きます。

特に20代後半あたりで部下ができた頃、待遇は変わらないのに責任だけが増えて「一体何なんだろう、これは?」とフラストレーションを感じたりとか。

あるいは望まない転勤なんかもそうです。

出世するためには仕方ないか…と苦渋の決断を下すも、そのオファーを断れなかった自分に対して情けない気持ちになったりすると。

 

上記いずれも、会社以外の収入=自信があれば、もっと自由な選択ができたはずです。

 

人生を変えたい。会社に縛られたくない。

そんな気持ちを現実にするために、まず「稼げる個人になる」ステージは、絶対にクリアしていくべきだと強く思います。

 

そうすれば会社で働くかどうかは自分で選ぶことが出来ますし。

自信を持って正常な判断ができるようにもなります。

 

「ようやく1万円いきました!」

と報告をくれたメンバーが翌月10万円を突破したりするのも、小さな成功体験の威力だと思うんですよね。

 

今だとオンラインサロンなど様々なコミュニティーの形があります。

お金の話をまったくせずに「楽しい」を打ち出したりするのも、それを満喫するのも大いにアリだと思います。

 

ただ、ぶっちゃけ場所によっては

人生を変えたい願望はそこで本当に叶うのか??

と感じる側面も多々あります。

 

・個人で収入を増やして人生変えたい
・会社に縛られない生き方をしたい

といった想いがあれば特に、

「自分でお金を生み出す」

いわゆるゼロイチの部分は大切にしていけるといいですね。

 

冒頭の月収100万円みたいな未来も、この一歩目の向こうで待ってるわけで、ぜひファーストステップに全力投球していきましょう。

それではまた!