公開メルマガ

人生楽しいことしかないと言える人生もあって良いと思う。


人生を心から楽しんでいる人

今の仕事上(行きたいだけも含む)、数年前では考えられなかった頻度で飛行機に乗っています。

 

2018年で振り返っても多分そろそろ20回ほどになるのですが

「最近楽しいことあった?」

飛行機に乗っていると結構な確率で隣の席ではこの会話が展開されているんですね。

 

これってなかなかに他人行儀な話題で、よくそんな間柄の人と旅行に出掛けようと思ったな…と考えていたら先日、久々に会った親友からまったく同じ話を振られて「そういうもんか」と理解しました。

 

どうでしょう、、最近、なにか楽しいことありました?

 

上に書いた親友というのは高校時代の野球部の仲間で彼が主将、僕が副主将を務めていたのですが、お互いに小・中とキャプテンをやってきたこともあり当時からすごく気が合う男です。

昔も今も頼りになるキャラの彼は消防の仕事に就いてからも色んなことを任され、2018年からは野球部のキャプテンも任命されたそうで現在はまさに「てんやわんや」な状態だとのこと。

 

・自分の時間がまったくない
・やることが多すぎる

なんだかんだ、公務員も大変だ…

 

というか職種は違えど僕も同じような経験をしたことはあるし、読者様にも似た状況に置かれている方はきっと多いと思います。

 

だから今考えると無頓着で失礼だったかと反省しているのですが、僕はそのとき高校野球観戦のスタートを2日後に控え、テンションがすこぶる高い状態にあったことはご理解ください。

 

「いや、楽しいことしかない 笑」

 

この言葉を発した瞬間に彼は頬張ろうとした揚げたてのヒレカツを運ぶ手を止めポカンと口を開けました。

マジで言ってんの?と。

 

あ、ソース垂れてる。

 

それは良いとして、なぜ僕は彼の質問に対して即座に「楽しいことしかない」なんて言ったんだろうか?

自分でも考えようと思ったのですがこの問いに関しての答えは案外あっさりと出て、

 

「仕事が楽しいから」

 

・・以上!

で締めても良いくらいに、現状これがすごく大きいと思うんです。

 

安室ちゃんのコンサートのチケットが当選して、公演を翌日に控えている人ほど毎日ワクワクして仕事をしているとは思いませんが

(当たらなかった……)

少なくとも、3度目のやかましいアラームに起こされ、「あー、マジで今日もだりい」と重い腰を一生懸命に上げていたあの頃とはまったく違う。

 

個人で行うビジネスにも当然のごとく面倒なことは存在するけど、その「面倒」を乗り越えるといいことがある!
と思えるのは精神を保つうえですごく有難くて、

会社で与えられためんどくさい業務の向こう側に当時の僕は「希望」なんてものは1ミリも感じられませんでした。

 

【旧:面倒くさい】

何としても回避すべきこと。
仮に自分に割り当てられてしまった場合、桃鉄の貧乏神のごとく誰かになすりつけるべき苦痛。

 

【新:面倒くさい】

絶対に今取り組むべきこと。
着手するには勇気と労力を要するため本日も若干滞っているが、後々必ず「やっておいて良かった」と思える物事の本質。

 

知らず知らずのうちに自分の辞書に載っている「メンドクサイ」の定義も書き換えられています。

 

男性と女性では働き方が少し違ってくるかもしれませんが、冷静に考えて多くの場合、人生における大半の時間は「仕事」をして過ごすことになるじゃないですか?

だったら、人生を楽しく生きるためには、仕事を楽しくするのが一番早いと思うんです。

 

苦痛な勤務時間を一瞬で吹き飛ばしてくれるほど、のめり込めるものが待っていれば別だけど、そんな趣味も楽しみも、持ち合わせていなかった。

 

だから僕はまず、稼ぐこと=転売 をやりました。

 

仕事を楽しく感じさせる要素って人によって異なるものだと思っていて、

・稼げるから楽しい
・感謝されるから楽しい
・成長できるから楽しい
・人と会えるから楽しい
・他社貢献できるから楽しい

どれも間違っていないし置かれた状況によっても変わるけど、僕の場合、上記全てに通ずる「情報発信ビジネス」に取り組んでいることは我ながら「理にかなっている」と思っていますし、だから続けます。

 

決して現時点で

「完全なる自由を手に入れた」

なんて思っていなくて、経済的な不自由を感じることはまだまだあります。

パソコンの買い替えを検討している今、初Macにするか続Windowsにするかまだ迷っていて「どっちも買えばいいじゃん」という周りの明らかに他人事な提案に対して「そっか!だよね!」と踏み切ることにも躊躇しています。

 

でもやっぱり、この数年、圧倒的に「人生が楽しくなった」実感はある。

それって僕の中では「仕事が楽しい」以外に説明がつきません。

 

仮に今の仕事が楽しくなくて退屈でも「±0」なのであれば、マイナス続きの過去と比べたら随分と前進していますし、「仕事」から連想するモノが自分の生活に与える影響ってめちゃめちゃ大きいですから。

 

最近、楽しいことはありました?

 

無尽蔵に列挙できる人はそのまま夏を謳歌すれば良いと思いますし、思ったほど浮かばないとしたら、ぜひ、今の延長線上にそれがあるのかを考えてみてください。

 

ではでは

今晩は人と会う約束があるので(珍しく接待的なw)一度しかない初対面を楽しんでこようと思います。