公開メルマガ

1年前の自分に憧れる未来をつくるために


只今、正午を10分ほど過ぎたところ。

さっきから事務所の前にある公園が気になって仕方ありません。

 

土日はいつも近所の幼児や小学生でごった返している公園が
晴天のわりに意外と静かだなと思ったら、
美男美女の外国人金髪カップルがベンチでコーヒーブレイク。

手に持っているスタバのカップが画になりすぎて、
映画のワンシーンみたいなんですね。

そして今にもイチャイチャし始めそうな緊張感も…

 

というのはすべて事実なんですが、
そのすぐ隣にブルーシートを敷いて
とうきびを食べているおじさんがマジで気になります。

 

話し掛けたいのか何なのか?

これだけ広い公園の中でなぜそこに陣取ったのか?

 

たぶん駅前の商店街で買ってきたのでしょうが、
皮付きのとうもろこしを外で剥いてそのまま食べる人って
さすがに北海道と言えどもなかなかお目にかかれないんですよ。

 

お洒落な金髪カップル×とうもろこしおじさん

ミスマッチすぎる衝撃的な光景を見させていただきました…笑

 

スイマセン。

なんだか妙な入りになってしまいましたが、
この土日はなかなかにてんこ盛りで
今日は朝7時に事務所に来ました。

 

今週は後半から半分以上、北海道にいないので、
色々と今やっておくことを急いでおります。

そしてちょうど梱包スタッフは
明日から夢の国に出張のようで。

 

やっぱりこういうのは重なるな~
なんて思ったりもするけど、でも、なんかいいなと。

こうやって詰め込めばどうにかできるというか。

 

理不尽な評価とかマニュアルとか、
自分ではやりようがない問題と戦っていた当時と比べたら全然頑張れる。

全部が自分次第って人によっては重たいのかもしれないけど、
ある程度コントロールすることができるメリットも大きいです。

 

たとえば、仕事で東京にいる友人が北海道へ戻ってきたとき。

「よし、飲みに行こう!」となるわけですが、
自営業であれば何時からでも
その場に出向くことができるじゃないですか。

そういう予定がある日は少し早起きして
仕事を終わらせておけばいいし、
明日のスケジュールも自分で調整できる日の方が多いです。

 

そこで全部放っておけるほどじゃないのは素直に「頑張ろう」と。

 

でも、よくありがちなシャンパンタワー!みたいな
派手なのと比べるとちっぽけで些細なことかもしれないけど、
「自分でコントロールできる要素」って、当時の僕が強く欲していたものでした。

そう考えると一種の願望は叶ったことになるし、
単純に嬉しいその気持ちは忘れないでいきたいなと思います。

 

ただその一方で、危機感がすごいのも事実。

 

というのも、

1年前の自分が今の俺を見たら憧れるのかな?

と問いかけてみたら正直、まだまだなんですよね。

ぜんぜん足りない。

 

それはなぜかと言うと答えは明白で

「未来に繋がる動きの欠如」

が原因です。

 

先日セミナーで明らかになったのですが、
ビジネスが着実に上向いていくためにはやっぱり
一歩一歩、乗り越えていかなければいけないことがあって。

それをすっ飛ばしてもぶっちゃけ稼げる。

 

ただ、そのあとは悲惨です。

 

ここに頑張ってきたのに!という自負ってあまり関係なくて、
組織化したり自動収益の構築に
取り組んでいかないと長くは生き残っていけない。

 

そして、本当に「楽」になれる日って来ないんですよね。

 

だから1日に30分でも1時間でもいいし、
1週間のうちになにか1つであったり1ヶ月の間に1つとか、
そんなレベルでも良いから未来の自分が喜ぶことを残していく。

 

いわゆる「資産化」の動きですね。

これをやっていくことが自分をラクにしてくれるし、
むしろそれでしか好循環って生まれないんだと思います。

 

というか、どうでしょう・・

なれてますか?

1年前の自分がみて憧れるような自分に。

 

年始に立てた目標、どこかにいっちゃってません?笑

 

現時点で今年の目標は達成したという人は圧倒的少数だと思うし、
まだまだだと気付いた時点でスタートです。

年末を意識する時期にも差し掛かってきたので
もう一度気を引き締めて、頑張っていきたいですね!

 

余談ですが

「全然出来てねえ~」というとき、
変に自責の念にかられすぎる必要はないです。

適度な反省はアリかもしれないけど、
それが行き過ぎたら
結局は自分を責めて嫌いになり、動けなくなる。

 

悔やんだところで、もう戻ってこないですしね!

だったら切り替えたうえでケロッとして、
ひたすらに今日を一生懸命やればいいんだと思います。

 

それでは!