公開メルマガ

フレンチクルーラーが一番×当たり前なんてないと思った話


コンビニの棚は相変わらずスカスカで、
スーパーの前にできる長蛇の列も
もはや、なんだか見慣れた光景になりました。

今日にも潰れそうで心配されていたような、
小さな個人商店にも列が出来ている。

 

そして3日目にして初めて、
心ない人たちが流す「デマ」に遭遇。

こういうのって本当にあるんですね。

 

情報って諸刃の剣だな~と再認識させられます。

 

ちなみに今回流れてきたのは

「震源地に行っている自衛隊の知り合いから
近くで地鳴りがすると連絡がありました。

あと5~6時間ほどで本震がくる可能性が極めて高いので
注意してお過ごしください」

 

こんな内容。

 

たぶん今、道民が一番敏感になっているであろう単語なんですよね、本震って。

注意しなければいけないのは間違いないから別にいいけど…
面白おかしくデマを流す人間の心理がわかりません。

 

普通に友人から届いたLINEがそれだったし、思っている以上に身近です。

 

消防士の弟曰く
ずっと続く余震の不安から体調を崩す人が多いようで
こういうときこそ気を強く持たねば、、ですね!

 

ミスドのフレンチクルーラーが激ウマだった話

変にしょんぼりするのも嫌なので
とりあえずドーナツの話をしてやろうと思います 笑

 

今朝はお墓の確認に行ってきたのですが
墓地があるのが

「道路が液状化」とか
「家が傾いている」とか

テレビで報じられている、
札幌で被害が大きかった地区の隣なんですね。

だから壊れていないか?を見に行ったところ、
うちの親族のお墓はまったくの無傷でした。

ろうそく立てが少しズレていたくらいで、ちょっと安心。

 

現場は想像以上にひどかったですけどね。

 

崩れ落ちているものもあれば墓石が
木端微塵に割れているものもあり、
木の根っこが顔を出して倒れていたりしました。

いつの日かテレビで見たような光景。

 

そんな中、なぜか僕は無性にこの場所で朝食をとりたいと思い、
昨日もらったミスドのドーナツを持って車を出ました。

フレンチクルーラーね。

ポンデリングが人気らしいけど僕はこれが一番好きです。

 

なぜこの場所で食べたいと思ったのかは上手く言い表せないけど
このひと口目がめちゃめちゃ美味しくて。

墓石が悲惨な状態になっていて木も軒並み倒れているとか、
それがいつか見た何かの映画の光景に似ていたとか

その理由を探せばいくらでもくっつけられそうだけど正直わかりません。

 

ただただ、食べるものがあることが有難く感じた。

これだけは確か。

 

何を食べるかより誰と食べるか

とはよく言うけど「どんな状況か」も結構関係するんだなと。

 

めちゃめちゃ美味しかったです。フレンチクルーラー。

2個目に食べたゴールデンチョコレートはびっくりするくらい普通

 

でもなにかにつけて「祝勝会」などと称して
飲み会をやりたがる人っているじゃないですか?

ああいう人を見て

「ただ飲みたいだけだろうw」

と思ったこともあるけど、
ただ何でもなく飲みに出るよりも
ひょっとしたら場としては良いのかもしれない 笑

 

何を食べるかより誰と食べるかが大事で、
その「誰か」ですべて決まるくらいに思っていたけど

どんなシチュエーションで、、

というのもすごく大切なものだなと。

 

そして、相変わらず、

「空腹こそ最高のスパイス」

であることは間違いないです。

 

お腹いっぱいだったら、あの美味しさはなかったと思う。

 

当たり前なんてないようなもん

たまたま持ってきた例がミスドの話で恐縮ですが
「誰と食べるか」が食事のすべてだと思っていた僕としては驚きでした。

 

そこで感じたのは

「衝撃的な何か」

さえあれば、
自分にとっての当たり前なんてソッコーで変わるんだなと。

 

その「なにか」は人によって様々で、

たとえば安室ちゃんの引退をもって
「いつまでも続く幸せはない」と感じたファンもいるだろうし、
海外旅行先で日本の素晴らしさに気付くとかもあると思います。

 

もっと言うと「ネットビジネスとの出会い」なんかもそうですね。

家へ帰ってゴロゴロがなくなっている時点で
当たり前は大きく変化しています。

無論、今回の台風や地震もそう。

もちろんこんな状況は望んでいなかったけど
起きてしまった以上なにかをプラスにするとしたら、
初めてのいろんな感情が引き起こされていることだと思います。

 

自分を変えるにはなにか「非日常」があった方がよくて、
これって自分から起こしに行く方がなにかと早い。

予期せぬタイミングで訪れることもあるものの
自ら動き出した方が絶対にチャンスの「点」は増えますよね。

 

だから

セミナーへ出席したり企画に参加したり
積極的に動く人は結果が早いんだと思います。

 

薄利多売から脱却したい

と思っていながら毎日いつものルーティーンじゃ
言うまでもなく変化を手に入れるのは難しいわけで。

 

いつもと違う1日を創り出して、
いつもと違う1日からたくさん吸収する。

当たり前なんてないもんだと思って行動を続ければ
自ずと事は前に進んでいくんだと思います。

 

正直、今、いつも通りの生活が恋しいです。

 

当たり前にコンビニで欲しいモノが買えて
当たり前にスタンドで給油することができて
当たり前に仕事をして寝る。

 

でも、当たり前なんてない。

 

何日か前の生活に戻ればいいと思う反面、
そうやって過去の当たり前に固執することをやめれば
またなにか新しいものが出来そうな気もします。

そもそもこれから復旧に向かっても
各々の感覚は絶対に変わっているわけで
それは「元通り」ではないと思うんですよね。

 

そういう意味でも、

「外で刺激を受けて自分の当たり前を新しくしていく」

この意識は大切にしていきたいと思います。

 

PS

昨日今日で少しずつ運送業者が動き始めました。

ただやっぱり、出すのも受けるのももうちょっと時間がかかりそう

もし可能であれば北海道の方への荷物は
気持ち遅らせてから発送した方がお互いに良いかもしれません。

もちろん業務の都合もあると思うので、参考まで!

 

ではでは!