働き方改革

アパレル未経験で転職したら劇的に人生が良くなった話をしようと思う


社会人になってからファッションへの関心が高まり、アパレル販売員への転職を考える人は少なくありません。

僕もそういう道を歩みましたが、経験してみて思うこととしては言うほど「未経験」というのは関係ないということ。

実際に20代で百貨店インポートブランドの店長にもなれましたし、尻込みする必要は全然ないんですよね。

また、僕はアパレルへの転職をきっかけに人生がとても面白くなったので、そんなリアルな話を記事にしてみたいと思います。

アパレルに転職したいなら未経験は関係ない

未経験を経験してない人は誰一人いない

年齢的にアパレル販売員への転職は20代・30代が多いと言われています(実際には30代が一番多いようです)が、未経験だろうがやりたいのであればやるべきだ!という風に僕は思います。

どんな職種にしても「未経験」ってデメリットのように言われることが多いものの個人的には全然関係なくて、どんなに凄い人であれ最初はもれなく全員が未経験&初心者ですから。

確かに就職する際に経験者が優遇されるのは仕方ないとしても、未経験はやらない理由にはなり得ません。

アパレルは楽しい

アパレル販売員への転職を考えている今、どんな想いでしょうか?

・毎日オシャレに働ける
・コーディネートを提案したい
・ファッションセンスを高めたい

なんかモテそう。なんかも含め(笑)様々な想いがあると思うのですが、紛れもない事実としてアパレルの仕事はすごく楽しかったです。

転職を考える際に「超つまらなそうだけどやってみようか~」なんてことは基本的にはないわけで、楽しそうな感情を抱いているんじゃないかな?と。

「好きなことを仕事にしたら嫌いになる」という意見も一定数存在していますが、未経験だからこそやってみた方が良いこともあると僕は考えています。

参考:仕事で人生に疲れた20代のあなたたちへ

 

アパレルに未経験で転職しての歩み

新たな道を歩み始める男性

実際にアパレル未経験から転職した際の道のりを回想してみると、割と泥臭かったことを思い出しました(笑)

何かの参考になったり勇気を与えられるかもしれないので、このときの経験談には触れておこうと思います。

書類審査でことごとく落ちる

僕はそれまで営業職として3年半ほど勤務していたのですけど、一生懸命に書いた履歴書は書類審査をなかなか突破しませんでした。

「厳正な審査をしました」
「残念ですが今回はご縁がなく…」

というようなことが書かれた書面が届いては何度も肩を落としたものの、こうして不採用通知をくれること自体が丁寧な企業だと気付きます。

何の連絡もなく、淡い期待だけが2週間ほど残っている…なんてこともザラでした。履歴書1枚への丁寧さが徐々に欠如し出すのを自分でも感じた。

店頭を回って求人募集を尋ねる

書類審査の場合、送ってしまった後はやれることって何もないんですよね。

限りなく低い可能性に懸けて2週間も3週間も待つのは普通にしんどかったです。大好きな人への告白だって、返事までにそんなにかからないだろうに。

そこで僕は希望ブランドの店頭へ行って、直接求人の募集を聞いて回りました。

「アルバイトからでもまったく構わないので、働かせていただけないでしょうか?」

ここで奇跡的な出会いが…!なんてことはなく連戦連敗でしたが、結論から言うとあるお店の店長さんが「紹介」という形で他のSHOPの社長へ連絡を取ってくださりました。

あとからわかったこととして、テナントは店頭の人間に権限がないケースがほとんどなので、路面店など個人経営のSHOPが意外と穴場だと思います。

働きながら希望のブランドにアプローチ

そんな流れから個人経営のセレクトショップでアパレル販売員としてのスタートを切ったわけですが、言ってしまえば好きなブランドではない状況です。

ただ「経験」としてこれほど有難いものはなかったし、そのSHOPで働きながら引き続き希望ブランドに履歴書を送ります。

ここは当時の女性店長に感謝しかないのですが、そんな話を伝えると「受かったらそっち行きな!」と快諾してくれたんですよね。書類審査さえ通らずに腐りかかっていた僕に光をくれたのは間違いなく彼女でした。

ちなみに本当に笑えるんですけど、「未経験」ってこの時点で消えて「経験者」として話ができるようになります。好きではないブランドも捨てたもんじゃない。

参考:仕事を辞めたいのは甘えだと叫ぶ大人は全力で肯定してあげたらいい

 

アパレル未経験のデメリット

そんなアパレルスタートの経緯をお伝えしつつ、よりリアルなところへ踏み込んでいこうと思います。

未経験のデメリットについて、一般論というよりも僕が実際に感じたコトを。

接客に慣れていない

未経験だから当たり前と言えばそうなるのですが、接客に慣れていないためアプローチの不安定さはデメリットとして考えられます。

・そもそも最初の声掛けってどうしたらいいんだ?
・店頭にない商品って在庫あるの?
・試着のサイズ感がイマイチわからない…!

実際のところ接客をしていく上で、上記のような疑問にぶち当たることは珍しくありませんでした。

まあ、あまり気にしなくて大丈夫かとは思います。数をこなせば慣れるので。

専門用語がわからない

アパレルでは当たり前に使われている専門用語がわからないというのも初めのうちはありました。

「ドレシャ」って何よ?と思ったら「ドレスシャツ」の略だったり。

何かと横文字にしたがるのはただカッコつけてるだけだと未だに思うところもあるのですが、わからないものは仕方がないので都度聞くようにしましょう。

一般的なファッション用語や素材に関してはある程度勉強していたので、その点はあらかじめ対策が出来るかと。

畳みがヘタクソ

これまではほぼ洗濯物しか畳んだことがないわけで、店頭の商品を綺麗に畳むのがめちゃめちゃ難しかったです。

店舗によって畳みの形や幅などが決まっていたりもするため、やはり量をこなして慣れていくしかないかなと。

ものすごく混み合った日の閉店後などは店頭の整頓に追われるので、その際に「お前マジ遅いんだけど」という視線を送られることもあるかもしれませんが、「あなたも最初はそうだったでしょ」と思ってにこやかに受け取っておきましょう。

 

アパレル未経験販売員のメリット

未経験でも売れる女性

未経験って単にデメリットとしてとらえている人が多いのですが(もちろん自分もそうだったのですが)、今思うと全然そんなことはなくて。

その時々で出せる「自分らしさ」は確実に存在しているので、メリットの部分もぜひ参考にしてみてください。

お客様の目線に立てる

アパレル販売員の経験が長いスタッフの弱点とも言えるのですが、未経験の「素人目線」ってめちゃめちゃ大事なんですよね。

お客様の視点で考えたときに

・どんな声掛けをされたらウザイか
・どんな提案が嬉しいか
・どのタイミングでのアプローチが心地良いか

など、自分が買い物をしていたときの感覚って必ず販売員として仕事をしていく上で活かすことができます。

もちろん知識やセンスなどは磨いていく必要があるでしょうが「未経験だから売れない」なんてことはまったくありませんので。

無駄な知識をひけらかさない

表現が適切かどうかわかりませんが、アパレルが長い店員って自分に酔っている人も多いんですよね…。

家電にしても使い切れないほどのオーバースペックであることが疑問視されているように、お客様が望んでいない知識をここぞとばかりにアピールするのって何の意味もありません。

ファッションに疎い人でもわかるような単語を使うとか、そういった気配りがすごく大事で、無理に「それっぽく」する必要ってまったくないので。

簡単にブランドに染まれる

未経験の強みとしては、まっさらな状態でブランドに染まれるということも言えます。

たとえばVUITTONやGUCCIなどの人気ブランドから別ブランドへ移った販売員はどうしても「自負」があるために、今立っているブランドの色を出せなかったり。(あくまで「例」です)

髪型や着こなし、女性であればメイクなどもそうでしょう。SHOPとしてはスタッフは店頭に立つ広告なので、自社らしさを大切にしてくれるスタッフはそれだけで価値が高いものです。

参考:仕事を辞めたいのは無責任じゃない|将来のために考えるたった1つのこと

 

未経験でも20代で店長になれた理由

20代で店長になった男性

僕が20代で百貨店の高級ブランドで店長になれたのは上記のようなメリットをフルに活かした結果だと思っていますが、その他にも理由として思い当たるものを記載していきたいと思います。

経験だけあっても意味が無い

アパレル販売員としての勤務年数が長いからといってスキルも優れているかというと、そうでもないのが現実です。

・惰性で働いている
・志が低くて努力しない

上記のような人が上に立つべきでないのは火を見るよりも明らかですし、先ほどもお伝えした通り「未経験」って最初のうちのわずかな期間でしか関係しません。

経験も含めて「スキル」なのでしょうが、真剣に仕事に取り組んでいればスキルで上回ることは十分に可能です。

やる気がない店員も普通に多い

年功序列のような風潮はどうしてもなくなりませんし、「実力主義」といっても実際には裏で様々な事情が絡んでいることの方が大半です。

そんな中でやる気を失い、意欲なく働いている人もたくさんいるんですよね。これはアパレルだけでなくどの職業にも言えると思います。

僕の場合は店舗数が増えるというタイミング的な後押しもありましたが、そのときの経験で言えば僕が一番下でした。

真剣に仕事と向き合っていけば後ろから追い抜くことは難しくありませんので、意識を高く持って頑張っていきましょう。

年齢や経験でマウンティングしてくる人間は大したことがないため、気にせずに前へ。

 

アパレルへの転職で人生が変わった

アパレルに転職して人生を変えた人

自分に正直な人生を

正直なところ、アパレルへ転職する際には反対の意見もたくさんもらいました。

「今更なにを夢見てるのか?」
「もう遅いから諦めた方がいい」

それこそ「未経験からできるほど甘くない」という声もありましたね。

冒頭でもお伝えした通り「未経験」は全員が通るものであってやらない理由にはならないのですが(笑)反対されながらも自分に正直になって良かったなと。

誰かに決められた既定路線を歩くほど退屈なものはないし、やりたいことをやる上では当然「責任」もついてくるので人として成長できる要素がたくさんあります。

参考:人生楽しみたいなら仕事から変える|起業して激変した事実を伝えます

未来の自分が納得する選択をしよう

やらない後悔よりもやって後悔しよう!という言葉がよく使われますが、やれば後悔はないと僕は思います。

仮にやらないことを選択したとして、来の自分が見たときにどう思うでしょうか?

「あのときやっておけば…」なんて未練がましい想いに駆られる人生は絶対に嫌だったし、自分自身にカッコ悪いレッテルを貼るのは耐え難かった…。

そんな考え方をインストールしてくれたのもアパレルへの転職がきっかけだったので、思っている以上に今「前に進む」という選択をすることは大きな意味を持つと思います。

挑戦する人にだけ道は拓かれる

未経験で悩むことって実は素晴らしいことだと思っていて、言い方を変えると「新しいことに挑戦」するわけですよね?

これまでの経験は確かに武器になりますが、その反面、過去の延長線上だけで物事を見てしまうと異常なほど視野が狭くなります。これは僕の実体験として。

アパレルに転職するときに「やる」という選択をしなかったら僕は「起業」という道も選べなかったと思うし、だからこそアパレルで人生が変わったと自信を持って言えます。

20代だろうが30代だろうが、挑戦することなく手を止めて現状維持、という人(企業)に未来がないことは歴史が教えてくれています。最近で言うと、下町ロケットも(笑)

 

最後に

未経験からアパレルへ転職した実体験から思うのは、悩んでいる時点で「やらない」という選択肢は本来消えているということです。

それでも「あーでもない、こーでもない」とやらない理由を探す気持ちはわかりますが(笑)少なからず現状への不満や、このまま歩んだ先にある未来への疑問があって転職って考えていると思うんですよね。

ベタな言い方をすると「人生で一番若いのは今」ですから、やりたいことをやる!という、ものすごく前向きな選択肢を自分の人生に与えてあげても良いのではないでしょうか。

結果として僕は販売員として満たされなくなり「起業」という道へ進みましたが、アパレルへの転職を決めたときから人生が良くなったと確信しています。

ぜひ、あなたも新しいスタートを。明るい未来を創るきっかけになれば幸いです。

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

ただ、手取り15万円だったアパレル販売員時代から何もかも上手くいったかというと決してそんな天才肌ではなく…。

むしろ遠回りした僕ですが、この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。この事実によって一気に視野が広がりました。

人からの評価ばかり気にしたり、漠然と将来への不安を抱えたりせず、自信を持って生きていくために「主導権を自分で持てる道」を選ぶこともできた。

そうやって今は、「誰か」に依存することもなく「何か」に怯えることもない、強い大人に一歩近づけた気がしています。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。