公開メルマガ

西野カナ・トリセツの作詞法への批判殺到から思うこと


こんばんは、井上直哉です。

最後にメルマガをお送りしてから3週間、すっかり窓からの景色が真っ白になりました。

・・と書こうと思っていたのですが、ここ数日気温が高かったために普通にアスファルトが顔を出していますw

色々書き出すとまた長くなるので、3週間メルマガをお休みしている間の出来事をまずはシェアしたいと思います。

 

■転売発信者革命セミナー完了!

11月18日に開催した「転売発信者革命セミナー」。

おかげさまで無事終えることができました!

当日にご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

(意外と狭くてごめんなさい)

 

物販をやられている方はもちろんなのですが特化型ブログやYouTube実践者の方も来てくださり、とても新鮮な形で4時間やらせていただきました。

そして、僕のこのブログから最近登録した!という方もいてすごく嬉しかった。

 

資料が130枚くらいになったものの、やっぱり時間が足りなかったですね…。

転売と情報発信、両方を語るには心もとなかったですが、いただいたアンケートを見ると好評で、機内で1人嬉しく読ませていただきました。

 

かなり実践的なことばかりお話ししたので今後の活動にガンガン活かしてください!

成果報告なんかもいただけたら嬉しいです…!

 

■ヤフーショッピングの売上が3倍に!?

以前にアカウントを取得していながら、やるやる詐欺がしばらく続いていたヤフーショッピング。

ちょっとタイトルを盛ってみましたが、6万円から20万円になったくらいという。

 

伊香保温泉にペヤングの巨大オブジェが出来たらしくSNSなどで話題になっていて、

「実物の1300倍!」

みたいな表現がされていたときに数字が小さいときは何とでも言えるなと(笑)

 

今月は50万円ほどになれば良いと思っております。

 

まだこの程度の規模ですが、手数料が安いのと取引交渉のときに嫌な顔(声)をされにくいので、継続して伸ばしていきたいと思います。

最近になって以前購入した教材をマジマジと読み込んでいる。

 

■オウンドメディアが右肩上がり

8月中旬くらいから本腰を入れ始めたブログ。

2018年の下半期はとにかくここに注力してきたと言っても過言ではないのですが、正直もっと時間がかかるかと思っていた…。

 

トレンド記事を入れているわけでもないので、1年かけて月間10,000PVくらいになれば御の字?

くらいに思っていたのが、嬉しい誤算というか。

 

それこそお決まりのコレです。

 

「なんで早くやらなかったんだろう?」

 

…もう何回目だ??

外注化も卸取引もなにもかも同じ。

(それこそ副業を始めたときもそうだった)

 

もうギャグになりつつあるので、開き直っていこうじゃないかと思います。

ぶっちぎりで「今やるべきこと」ナンバーワン。

 

という感じで、北海道の凄腕社長とご縁をいただいたり外注スタッフが1人増えたりもありながら、なかなか慌ただしく過ごしておりました。

11月、結構頑張った……。

 

それぞれを掘り下げるととんでもない長さのメルマガになるので、簡単ではありますが今日はこの辺で。

まあ、「生きてたか!」くらいに思って頂けたら!

 

西野カナ「トリセツ」への批判殺到から思うこと

いつものようにニュースをチェックしていると、歌手の西野カナさんに批判が殺到しているという記事を発見。

以前メルマガでも書いたことがあるんですけど、大ヒット曲「トリセツ」の作詞プロセスが論点になっていました。

 

トリセツの作詞法をザックリ言うと

1、企画書作成(設定&コンセプト決定)
2、コンセプトに合った詞を書き出す
3、友人へのヒアリング&アンケートのエッセンスを追加

という感じだそうで、言わば「刺さるべくして刺さる」ようになっているんですよね。

完全な後出しじゃんけんが出来るマーケティング力が凄い。

 

・・と感心したことを覚えているのですが、どうやら世間的にはそうでもないようで。

 

「作詞じゃなくてプロジェクトかよ!」

「あざとすぎて震えますw」

といった意見が出ているんだとか。

 

実際のところ西野カナさんの人気は女性の「共感」がポイントではあると思うので、ピュアな人ほど残念だったのはなんとなく理解できます。

アイドルもトイレへ行くという事実を現実として受け入れられない人もいます。

 

だけど思ったのは、「知らないって恐いな」と。

 

かつての僕はマーケティングなんて考えたこともなかったし、発信する側の視点なんて体験したこともありませんでした。

無論、「出来レース」と言われるものを当たり前に成功させる難しさなんて知らない。

 

知らないものを否定したくなるのって言ってしまえば「普通」のことなので、今回の批判にしてもなるべくしてなっている気がします。

参考までにホリエモンは「すげえ。天才」とつぶやいていました。

 

で、この一件に関して

・ファンの夢を壊すな派

・プロとして当たり前派

がいるわけですが、ぶっちゃけそれはどっちでもいいです。

本当、揚げ足を取るのが好きな人はたくさんいる。

 

ただ「トリセツ」が大ヒットしたのは事実なわけで、その成功事例から学ぼうとすることが大事なんじゃないかなと。

少なからず僕たちはビジネスマンとして世に何かを発信しているじゃないですか。

 

出品することも
記事を更新することも
動画をアップすることも

基本的には同意だと思っています。

 

そうやってビジネスを行っていく上で

・言いたいことだけ言っている
・好きな商品だけ売っている

これだけで成り立つことって、ほぼほぼありえないと思うんですよね。

 

少なくとも僕は

読者を完全無視した自己主張で成り立つカリスマ性も

購入者のニーズ度外視でバカ売れするような目利きのセンスも

そんな魔法のようなものは一切持ち併せていませんでした。

 

西野カナさんほどの人気歌手であれば

「体験談をありのまま歌詞にしてほしい!」

なんて要望があってもおかしくないですが見方を変えると、あれほどのアーティストでもちゃんとプロセスを踏んで大ヒット曲を世に送り出している。

 

その事実の方がよほど夢を与えてくれると僕は思いました。

 

どんなコンテンツにしたって

「あー、完全にセンスですね~」

なんて言われたらとてもじゃないけど真似できないですから(笑)

 

最後に正直な話をお伝えすると、この3週間でめちゃめちゃ感じたんです。

 

「やりたいことだけやる無意味さ」

を。

 

たとえば、リサーチが大好きだからそれだけやります。

出品しないと売れないわけで、収益を上げるために行っているはずの行動が仕入れた段階では自己満足の域を超えません。

 

たとえば、とりあえず今稼げたら良いからそれだけやります。

資産として積み重なるものがなければ半年後も1年後も行き当たりばったりになります。

 

…マジで辛いなと。

 

ひょんな繋がりから先日、あるブロガーのコミュニティーを覗いたのですが

「言いたいことをドンドン言おうぜ!」

が絶妙に都合よく解釈されていて、結局一銭も生み出していないリアルをみました。

 

率直な想いとして、言いたいことだけを言う無意味さったらなかった。

 

何が言いたいかというと

やりたいこととか言いたいこととか後からどうにでもなることを最優先にするのは「非効率の極み」だということです。

 

やりたいこと=メルマガ

を休んでまで「今やるべきこと」に優先して打ち込んだからこそ見えたことはたくさんあったから。

 

これはぜひ最初にお伝えしたいと思った次第です。

 

好きなことで食っていける人が増えていますが、それってまずは

「やるべきこと」

をやった延長線上で手に入るモノなので。

 

僕もしっかりと肝に銘じて毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

それでは、2018年のラストスパート、、やり切って美味いそばを食いましょう!