メルカリ

メルカリメッセージの返信例文と送り方|出品ページはいつまで使える?


メルカリでは商品の販売後に購入者と出品者がメッセージでやりとりができるようになっていますが、これを上手く利用することが非常に大切です。

一度もメッセージを送らないで最後まで取引することもできますが、相手目線で考えると、メッセージを送るのと送らないのとでは印象がだいぶ変ってきますし、相手のメッセージに返信することで取引がスムーズに行くことが非常に多いんですよね。

そのメッセージでのやりとりもただ送るだけでなく、場合に応じて使い分けていくことが効果的になります。

また取引終了後、トラブルが起きた場合などは出品者がいつまでメッセージを送ることができるのかも気になるところ。

このやり取りに慣れていない方のために、メッセージの送り方や例文などもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

テンプレートとして保存しておいても使いやすいかと思います。

メルカリのメッセージが持つ意味合い

スマホでフリマを行う女性

メルカリはやりとりが重要

購入後のメッセージのやりとりは、取引終了後の評価に大きく関わってきます。

メッセージのやりとりで「丁寧な対応」という印象を持ってもらえれば良い評価に繋がりますし、逆に返信が遅くなったり「雑な対応」という印象を持たれてしまうと、悪い評価がつく可能性もあるからです。

過去の評価の積み重ねが購入の際の判断に影響しますので、メッセージでしっかりした対応をして良い評価を貯めていきましょう。

参考:メルカリ専用の断り方|横取りや違反のトラブルはどう回避する?

交渉の文化が根付いている

メルカリでは購入前にコメント欄で交渉をすることが当たり前になっていて、そこでのやりとりが購入につながるかどうかを左右します。

たとえ値下げができない場合でも邪険に扱うような対応をすると、そのやりとりは他のお客さんからも見えるわけなので購入されにくくなるということも。

コメントに返信する際は、他のユーザーからどう見えるのかという点も気を付けていきましょう。

ヤフオクとの違い

ヤフオクでは以前、振込先の口座情報や送料などの連絡が必要でしたが、かんたん取引が購入されたことでメッセージでのやり取りがほぼなくなりました。

特にメッセージを送らなくても、届いた商品や対応のスピードなどに問題がなければ悪い評価がつくこともほとんどありません。

メルカリの場合は個人間のやりとりを大切にしているため、メッセージをまったく送らないと悪い評価に繋がったり、相手もどういう状況なのか不安になってしまいますので、都度メッセージを送ることは習慣化しておいた方が得です。

参考:不用品をネットで高く売るならヤフオクとメルカリどちらが簡単?

 

メルカリ取引メッセージの送り方

手順1 右上の「チェックボタン」を押します。

メルカリのメッセージのやりとり手順

 

手順2 メッセージを送りたい取引を選択します。

メッセージのやりとり手順

 

手順3 メッセージを入力し、「取引メッセージを送る」を押します。

メルカリのメッセージのやり方

上記の手順でメッセージを送ることができます。

参考:メルカリ発送方法一覧と送料比較!最安値で一番お得な方法の出し方

 

【出品者側】返信メッセージ例文一覧

メッセージの例文一覧

■値下げ交渉を受けるとき

「コメントありがとうございます!〇〇円で対応可能です。ご検討をよろしくお願いいたします。」

■値下げ交渉を断るとき

「コメントありがとうございます!恐れ入りますが、こちらの商品のお値下げは出来かねます。現状価格でご検討頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。」

■商品を購入いただいたとき

「この度はご購入ありがとうございます!〇月〇日発送予定になります。発送の準備が整い次第、またご連絡させていただきます。短い間にはなりますが、お取引終了までよろしくお願いいたします。」

■商品の発送をしたとき

「お世話になっております!本日商品を発送させていただきました。追跡番号は〇〇になります。届きましたら、受け取り連絡をお願い致します。」

参考:ネット副業で月収10万円は本当に稼げると知って体感した変化7つ

 

【購入者側】返信メッセージ例文一覧

基本的には出品側として参考にして頂きたい記事になりますが、購入側のときもメッセージを送ることが効果的ですので、以下の例文も押さえてみてください。

■商品の値下げ交渉をするとき

「はじめまして!コメント失礼いたします。購入希望なのですが、〇〇円でお譲りいただくことは可能でしょうか?可能であれば即入金させていただきます。ご検討のほど、よろしくお願いいたします。」

■購入後の取引メッセージ

「ありがとうございます!購入させていただきました〇〇と申します。短い間ですが、お取引終了までよろしくお願いいたします。」

■商品の発送の連絡がきたとき

「発送のご連絡ありがとうございます!商品を確認後に受け取り評価をさせていただきますので、引き続きよろしくお願いします。」

■受け取り評価をする場合

「本日、商品を受け取りました。この度は丁寧に対応していただき、ありがとうございます。また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。」

 

出品者はいつまでメッセージを使える?

メッセージは取引完了後、最後のメッセージから2週間まで送ることができ、再度メッセージのやりとりがあると、そこからまた2週間延長されます。

残しておきたい内容がある場合は、その期間内に転記して保存しておきましょう。

何らかのトラブルで返金をしたいけれども連絡が取れない場合などは、1週間に1回くらい送ることでそこからまた2週間の期限を延長することができますので、そういった方法で対応しましょう。

参考:メルカリ出品方法と流れ|初心者が簡単にわかるアプリの使い方を解説

 

まとめ

メルカリではメッセージでのやりとりが売上やアカウント運営に大きく影響してきます。

しっかり対応したことでリピーターになるケースも多々ありますし、メッセージを上手に使うことで基本的にトラブルは避けられると考えます。

ここにひと手間かけることは大きな違いをつくりますし、他の出品者が面倒がって手を掛けない部分でもあるので差別化にも貢献してくれます。

実際に上記のテンプレートを保存したりアレンジするだけでも取引の満足度は高くなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

ただ、手取り15万円だったアパレル販売員時代から何もかも上手くいったかというと決してそんな天才肌ではなく…。

むしろ遠回りした僕ですが、この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。この事実によって一気に視野が広がりました。

人からの評価ばかり気にしたり、漠然と将来への不安を抱えたりせず、自信を持って生きていくために「主導権を自分で持てる道」を選ぶこともできた。

そうやって今は、「誰か」に依存することもなく「何か」に怯えることもない、強い大人に一歩近づけた気がしています。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。