副業

ネット副業で月収10万円は本当に稼げると知って体感した変化7つ


時代的な背景もあってかインターネットを利用した副業を考える人は確実に増えていて、僕も「ネットで10万円は本当に稼げますか?」といった質問をいただく機会が増えました。

もちろん10万円と言わずもっと大きな可能性はあるわけですが、副業で月収10万円ってすごくリアルな線だと思うんですよね。

むしろ僕もネットで副業を始めようと思ったときには「3万円でいい」と思っていましたし、疑うような想いもありつつ本当に稼げるなら信じてみたかった。

実際のところ金額以上にインパクトがあることなので、副業で月収10万円を達成して体感した変化をこの記事でお伝えしたいと思います。

こんな未来があるということを経験談として一切の誇張なくお届けしますので、ぜひ参考にして歩き出していただけたら!

 

個人で稼げる喜びが尋常じゃなかった

副業で稼いで喜ぶ二人

ネットの副業で10万円なんて本当に稼げるのか?と疑い半分だった僕ですが、達成したときのことを振り返ってまずお伝えしたいのは「自分で稼げる喜び」です。

月収が10万円増えるということは年収にして120万円ものアップになりますから、当時アパレル販売員だった僕としては考えられないレベルで。

ただ、そういった金額以上に大きかったのは

「個人で稼げる」
「自分の手で収益を出した」

という喜びでした。これは想像を遥かに超えるものがあった。

大手ファッションモールでも3本の指に入るような人気ブランドに勤めていたので毎日大金が動いていたけれど、それはあくまで「ブランドの力」であることは理解していたので。

僕は転売からスタートしたのですが、無名の個人でも確かに世の中に価値を投じられるんだという事実がもたらす喜びは尋常じゃないものがありましたね…!

当時はただ単に稼げたことが嬉しかったけど(笑)これほどわかりやすく自分の存在価値を感じられる経験はなかなかないと思う。

参考:ネットビジネス初心者におすすめはダントツで転売の理由

人生に希望が持てた

アパレル販売員という職種に限らず、ほとんどの人が少なからず経験すると思います。

・このままで大丈夫なのか?
・我慢して一生を終えるのは嫌だ
・毎日が不安でつまらない

例に漏れず当時の僕はこのような悩みを抱えていて、夢を語っている「風」なだけで内心は色んなことを諦めていた気がします。そしてついには夢を語ることさえも馬鹿馬鹿しくなった。

匙を投げて人生を諦めたような感覚すらあったからこそ、ネット副業での月収10万円がもたらした「希望」は本当に自分の人生にとって大きなもので。このときこの経験がなかったらと思うと心の底からゾッとします。

廃人のように「ただやり過ごす」だけの無気力な毎日を繰り返して、人の成功に嫉妬して匿名でディスるようなヤバイ人間になっていたかもしれない。

仕事がデキる人間だと自信が出た

仕事がデキる自信に溢れるビジネスマン

今考えたら転売ビジネスは普通に手堅いし、月収10万円がナンボのもんじゃい!って話なんですけど(笑)それを達成したことによっていい意味で「錯覚」できたというか。

「あ、俺ってやっぱり仕事デキる人間なんだな」

という謎の自信が生まれたことが、実はその後の活動に好影響を与えたと思っています。

「やっぱり」ってどの口が言うんだ?という感じではあるものの、理屈ではなくこういう勢いみたいな部分も大切なんですよね。

月収10万円を達成するまでに頑張った自分も評価してあげることができますし、「ネットで稼げたこと」なんてたった1つの成功でしかないとはいえ逆にこれほどわかりやすく自信が持てる要素も珍しい。

個人的には「根拠のない自信」を持つって言うほど簡単じゃないので、それよりもこういった「根拠が存在する自信」の方が好きです。

昇給するより簡単だと思えた

会社に勤めていたときは常にお金の問題が仕事中に頭を占拠していたので、個人の手で稼げたという事実によって精神的にすごくラクになりました。

というのも、「副業で月収10万円」は「会社の昇給1万円」よりもよほど簡単だと思えたから。

上司に媚びたくない、みたいな想いはずっとあったものの昇給するためにはそれが必要だったし、個人の年間目標を達成すれば必ず評価してもらえるわけでもなかった。

変な意味じゃなく僕がいた会社は恵まれていたと思っていますが、それでも不満は確かにあったのだから他の会社だとどれだけ大変なんだろう?というのが率直な想いだったりします。

ネットの副業は基本的に自分との勝負だけで済むわけで、しかも転売ビジネスのような後出しじゃんけんでも稼げるのだから、会社で昇給を狙うことを考えたら難易度は格段に低いと思う。

参考:収入を上げたい人に伝えたい「年収を100万円アップさせる方法は単純だった」

会社・上司に腹が立たなくなった

副業で収入を得られるようになると会社でも上手くいく。

そんな話を過去に聞いたときにはロジックもわからなくていまいちピンと来なかったのですけど、実際に月収10万円が稼げるようになってからは会社や上司に腹を立てることがなくなりました。

依存しているから怒りの感情が出るんだなということを如実に感じさせられましたね…。変に力まなくても良くなったし、逆に自分はどれだけ上司の評価を気にしていたんだろう?と。

さらには業績が悪くてインセンティブが支給されないような状況でも

以前:マジありえねえ
現在:まあ、仕方ないか

と、この真逆とも言える感情の変化には我ながら驚きました。

自分で収入を増やす手段なんて持っておらず、会社に過度な期待をするしか選択肢がなかった以前と比べると、圧倒的に生きやすくなったことを記憶しています。

月収10万円で手に入れられるのは、有形のモノだけじゃないです。

月収30万円を現実的に狙えるようになった

可能性に満ち溢れている男性

副業でネットビジネスに取り組む際に「月収30万円」「月収50万円」という大きな数字もよく目にしたのですけど、本当に稼げる確信がなかった初心者の頃はそれを目標として掲げられませんでした。

今では桁が1つ増えて300万円、500万円という金額を1ヶ月で手に入れることもできているので本当に可能性しかないと思いますが、自分の可能性を本気で感じられたのって月収10万円を突破したときだったように思います。

というのも、10万円を稼げるようになるまでの道のりで

・作業量
・やるべきこと

などある程度の基準は固まるため、リアルに月収30万円が射程圏内だと認識することができたんですね。当時、手取りで30万円もなかった僕としては、この事実によってものすごく夢が膨らみました。

本業収入の2倍、あるいはそれ以上が1ヶ月で入ってくるなんて最高じゃんか!と。

そんな未来が見えているわけで、副業の時間はまったく苦にもならなかった。

ゲンキンなもので「ネットの副業で月収10万円なんて本当に稼げるの?」と思っていた自分も、その頃には自然と次の目標をとらえていました。

参考:ヤフオクでおすすめの転売術|副業で月30万円は現実的に可能だった

隠れていた欲求が顕在化した

冒頭にも記載したように僕がネットで副業を始めたときって特に大きな目標なんてなく。それこそ「ひと月3万円増えればいいな」という、その程度でした。

だけども月収10万円を稼げるようになり、30万円を視野に入れたときには当たり前のように

「会社に雇われない生き方がしたい」
「起業して自由に生きてみたい」

といった想いが出てきたんですね。しかも「夢」ではなく「現実」として。

深層心理ってわからないものだなと思いますが、我慢が当たり前のような生活の中で無意識のうちに押さえつけられている自分の欲求って絶対にたくさんあります。

僕の「起業」への気持ちも、蓋をされていたことが顕在化したに過ぎない。

本当はやりたいことって数え切れないほど持っているはずだし、それが実際に可能だということを知ったときには自分でも驚くほどエネルギーが溢れてきます。

個人の手で稼ぐ10万円によって一気に可能性が拓けるので、ぜひそんな未来を掴みにいきましょう。

参考:人生楽しみたいなら仕事から変える|起業して激変した事実を伝えます

最後に

なんか最近よく聞くけど、ネット副業で自分も本当に稼げるのだろうか?

そんな疑問を持つのって言わば当然のことかもしれません。初心者の頃は僕も同じように感じていたし、同様の質問が何件もあるという事実からもそれは間違いないでしょう。

だからこそ、ぜひ副業月収10万円という世界を見てほしいなと。

大きな成果を出すための足掛かりにもなる上に、わかりやすく自分自身の可能性というものを実感できるはずです。

それこそ今では大学生や20代でビジネスを始めるメンバーも僕の周りには多いのですけど、会社を辞めたいという願望を現実にしたり自分の活かし方を新たに見つけたりと明らかに人生が楽しくなっているんですよね。

少なくとも「特別な人だけが出来る」という話でないことは客観的事実としてもお伝えすることが出来るので、ぜひ頑張っていきましょう。

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。