働き方改革

年収を100万円上げたい人がやるべき単純な方法|副業が一番という結論


なかなか会社での待遇が良くならないと言われる今の時代、「年収を上げたい」という願望を抱くのは当然のことだったりしますよね。

日本社会において現状の収入に満足しているという方もほとんどいないでしょうが、この記事では年収を100万円アップさせる方法は意外と単純だということをお伝えしていきます。

実際に会社では年に一回の昇給も月に数千円程度であったり、会社の経営状況によってはそのまま据え置きの可能性もあるなど厳しい状況に置かれている人は多いです。

自分でどうにかしようと思って転職や副業について調べても記事の信ぴょう性もわからないし、失敗もしたくはない。でも社内での出世にも時間がかかる…。

僕もアパレル時代には同じようなことを毎日のように考えていたので気持ちは痛いほどわかるのですが、結論から言うと、年収を上げたい場合には副業を選択することが一番だなと。

年収を100万円上げたい人におすすめの方法について記事を書いていきますので、ぜひ参考になさってください。

年収を上げたい人の3つの選択肢

会社で出世する

収入を上げたい社会人の選択肢は3つあると思っていて、まずは今の仕事を頑張ることで年収を上げていくという、いわゆる「出世」を目指すという選択です。

出世することによってもちろん年収は上がるでしょうし、一般的にはこの形で収入を上げていくことを考えるのが多いのではないでしょうか?

新卒から1年や2年ですぐに出世できるという事例はほとんどなく、収入の天井がある程度決まってしまっているというデメリットも考えられますが、シンプルに「収入を上げたい」と考えたときの選択としては大半の人が出世を思い浮かべるかと思います。

他の会社に転職する

年収に不満がある場合、転職エージェントなどに登録して転職活動をするというのも1つの選択肢です。

在籍している会社で出世を狙うのか、より好待遇が見込める転職を狙うのか。収入アップのためのアクションとしては二大巨頭であることは間違いないでしょう。

ただ専門性のある職種や資格は年収アップに貢献してくれるものの、目立ったスキルがなければ思うような待遇で迎えてくれる会社がないというのもリアルなところではありますね…。

転職する場合は収入を上げることを一番に考えるのも大事である反面、その職種でどんなスキルを得ることが出来るかを考えることは長期的に見てメリットが大きいようにも感じます。

副業を始める

出世・転職に次いで3つ目の選択肢が「副業」です。

結論から言うと僕はこの選択が一番効果的だと思っていて、事実として今月から収益を発生させられる方法も多々あるため、収入を上げるために一番即効性がある方法で考えると一択です。

サラリーマンをしながら副業を始めるというメリットは計り知れないものがありますので、次の項目では僕が副業を一番に推す理由を詳しく見ていきましょう。

参考:給料が上がらないから辞める?その前に考えるべき副業という選択肢

 

収入を上げたい人は副業をすべき理由

副業で収入アップを狙う人

他者主導の先に安定はない

会社に勤めるサラリーマンとして仕事をしていると当然ながら自分の給料をコントロールすることはできず、収入に関しては会社に完全に依存するカタチになります。

会社に勤めて働いているときには収入を得るうえで会社に依存しているなんて考えたこともありませんでしたが、今思えば確かに収入源が1つしかないという非常に危ない橋を渡っていました。

終身雇用はすでに崩壊しているとも言われている今の時代、会社組織に頼った先に安定がないことは確かで、実際に日本有数の大企業に勤める僕の知り合いも「このままでは不安だ」ということを常々口にしているのがリアルな現状です。

副業によって自分の収入を自分でコントロールする術を身に付けることが、今の時代を生き抜くための最も有効な手段であることは疑いの余地がありません。

参考:仕事で人生に疲れた20代のあなたたちへ

出世で満たされる確率が低い

僕が収入を増やすために出世を目指すことをおすすめしない理由は大きく2つあります。

1つ目の理由として、出世の枠は最初から限られた少数であるということ。

基本的に出世するためにはそのポストが空くのを待つ必要があり、これはすなわち会社都合に振り回されることを意味しますから、そもそも自分の力でどうにかできる範囲が狭すぎます。

たとえ自分の方が能力的に確実に高かったとしてもそれだけでは出世ができず、これまでの努力が無駄になる可能性も否定できません。

そしてもう1つは、ルートに乗って出世できたとしても、結局は会社からの待遇に満足できない可能性も高いということです。

少ないポストを勝ち取り出世街道を走ることができたとしても給料がいきなり希望の額まで跳ね上がる企業はほとんどなく、「せっかく出世するために頑張ったのに!」という想いに苛まれることになっている方もたくさんいます。

上記2つの理由から、収入を上げるためには出世を目指すよりも副業で個人のビジネスをしていく方が得策であると考えるのが妥当なのではないでしょうか…?

収入に繋がるスキルが身に付く

会社で行う仕事は必ずしも収益性のある業務でないことも多く、それこそ大企業に勤めている人ほど「会社での身の振り方はわかるけど、外に出て活かせるスキルが身に付いていない…」と漏らす事例は少なくありません。

僕からすると一生安泰なのでは?と思うほどの企業に在籍しているエリートサラリーマンでもこのように感じているという事実はなかなか衝撃的でした…。

「個人で稼げる力」をつけていくことは本当に自分の支えになるんだということを感じますし、副業に取り組むことがそういった自信を持つための一歩であるのは間違いないです。

自分で収入を増やせるようになれば会社への依存度も一気に低くなりますから、収入に直結するスキルを磨くことは非常に価値が高いといえるでしょう。

参考:辛い仕事は家族のためになってる?自分を犠牲にする働き方は古いと思う

 

年収100万円アップをリアルに考えよう

ここまで年収を上げるために副業に取り組むべき理由を述べてきましたが、もし仮に副業以外の「出世を目指した場合」と「転職活動をした場合」で年収100万円をアップさせることは現実的に可能なのかについて考えてみましょう。

会社で出世して月10万円の昇給はあるか?

年収を100万円アップさせるとしたらひと月に8~9万円の昇給が必要になるわけですが、仮に年1万円ずつ昇給していったとしても単純計算で10年近くかかる計算になります。

平均的な昇給額はもっと少ない昇給になりますので、さらに時間がかかる可能性もあるでしょう。

その間に上手く出世して役職手当がついたり資格を取得したとしても、1年や2年で10万円の昇給を見込むのは現実的にはなかなか厳しいのではないでしょうか…?

職業柄、これまでに色々な職種の人たちの話を聞いてきましたが、実際に年収で100万円アップするような経験をした人は誰一人としていませんでしたし、その「100万円」が夢物語になっているケースは非常に多いのが現実です。

年収が100万円アップする転職の求人はあるか?

価値が相当高い資格を取得してそれを機に転職!というような特別なことでもない限り、転職で年収を100万円上げるのは至難の業でしょう。

そもそもそんな簡単に転職によって年収が上がるならとっくに踏み切っているという人も多いでしょうし、下図のように約40%の方が「転職後に10%以上年収が下がった」というデータもあります。

転職による年収アップは難しい

引用元:NIKKEI STYLE

転職では収入を100万円上げるどころか年収を上げることも簡単ではないと言われていますから、出世と同じく、収入アップを切望した際に転職を第一に考えるのはやはり少々疑問符がつきますね…。

参考:収入を倍増するには転職より副業|年収が高い会社なんて探さなくていい

 

年収を100万円上げたい人がやるべき単純な方法

年収を上げるために組織を去る人

会社組織に頼らないと決める

勤めている会社や組織に頼らないと覚悟を決めることは、年収を上げるという目標に一気に近付く鍵であると考えます。

今後の生き方そのものも変わってきますし副業で結果を出せるかどうかにも大きく関係してきますので、まずはこういった思考をインストールすることが年収100万円アップへの一歩と言えるでしょう。

本業の収入があるからという思考を捨てることで副業に集中することができますし、行動や時間の使い方もガラリと変わります。

また、前述のとおり他者に頼り切りの先に安定はないので、シンプルにそういった事実を受け入れて働き方を根本から考えるのも1つであると思います。

参考:会社の理不尽を我慢するイエスマンにだけは絶対にならない方がいい

副業でネットビジネスに取り組む

株や投資案件なども含め副業にもたくさんの種類がありますが、単刀直入に僕はネットビジネスに取り組むことをおすすめします。

ネットビジネスは副業で取り組めるビジネスの中で圧倒的に再現性が高いビジネスであるため、時間をかけて取り組むうえで非常に効率が良い方法ですし、自分自身にスキルといった意味でも他のビジネスと比べて得られる恩恵が大きすぎます。

・ネットを駆使できるスキルに長けていると優位に立てる
・インターネットに関連するスキルは価値が高い
・会社にバレたくない副業としても自宅で実践可能である

上記のように現代の時代背景を考慮してもネットビジネスが持つメリットはたくさんある上に、いきなり大きなリスクを負うような博打的要素もありません。

僕の周りだけで言っても副業で月収10万円であれば五万といますし(最近では学生も多いです)、かつては夢物語であった年収100万円アップが極めて現実的になってきています。

参考:ネット副業で月収10万円は本当に稼げると知って体感した変化7つ

成果が出るまで継続する

副業でネットビジネスに取り組み成果が出ないのは、すぐに辞める人だけというのがこれまで多数の実践者を見てきた僕の見解です。

成果が出るまで継続することが必要とはいえ、ネットビジネスに正しく取り組んでいれば5年も10年もかかるという話ではありませんし、半年しっかり取り組めば成果が出てくるものが多いというのもネットビジネスの魅力です。

自分の結果だけにフォーカスして年収が一気に100万円ベースで変わっていくって、これほど有難い話はないため、ぜひ真剣に継続してみてください。

参考:ヤフオクでおすすめの販売術|副業で月30万円は現実的に可能だった

 

個人で年収を上げることは難しくない

会社組織で昇給する方がよほど困難

軌道に乗せるまではそれなりに努力を必要とするため「副業で稼ぐことは楽勝で余裕です」なんて言うつもりはありませんが、正直に言うと出世や転職で年収アップを目指すよりは遥かに簡単だと思っています。

それこそ理不尽もなければ年功序列もまったく関係ありませんので。

収入の面以外で言っても、自分の力で収入アップに成功できれば自信にも繋がりますし、特別なスキルを要するわけでもないことを考えるとアドバンテージは計り知れません。

実践してみると、単純な方法であることに納得できると思います…!

参考:単純な物販ビジネスで月収10万円を稼いだ方法と当時の裏話をまとめてみた

頑張った分が必ず返ってくる

会社でどれだけ頑張ったとしても給料には反映されず、「頑張り損」「やってもやらなくても一緒」だという風に感じている人も少なくないですよね。

個人でビジネスを行うことの魅力は、正しい方法で適正な努力を重ねれば必ず収入になって返ってくるということです。

これほどフェアなビジネスはないと思いますし、僕は副業時代から起業して今に至るまでにモチベーションが上がらない…といった悩みとほぼ無縁です。

それこそ現実的な数字として年収100万円(ひと月に10万円)をテーマにしましたが、僕自身もかつての年収を月収として得られたこともありますし、それこそ年収を自分で決められるという世界は最高だと感じます。

参考:ネットビジネスに向き不向きとかないから古い感覚は今すぐ捨てていい

 

素直に願望を受け取ることも超大事

年収を上げたいという切実な想いを抱いている方へ年収100万円アップの単純な方法について書いてきましたが、もし仮に少しでも希望が見えたとしたらぜひ今日から動き出してみてください。

最後に少しだけ僕の話をシェアさせていただくと、僕はこういった未知の世界を信じ切れなかったが故に副業で成果が出るのが遅くなってしましました。

別にいきなり「僕を信じてください!」なんて言うつもりはないですし、いくらそう叫んだところで基本的にそんなことは無理です(笑)

ただ、自分が知らないことに触れたときにどういったアクションをとるか?もしくは受け取るか否か?で、人生は大きく変わります。

というのと、一番声を大にして言いたいのは、「収入を上げたい」って本来もっと思って良いんですよね。

「もっとお金が欲しい」なんてどこか言いにくい風潮がありますが、収入を上げることであなた自身の幸福度は高まるし、それによって周りの大切な人が幸せを感じる瞬間も普通に多くなります。

アパレル販売員だった当時の僕の口癖は「お金がすべてじゃない」でしたが完全な負け惜しみで(笑)、実際に年収が増えたことによって選択肢は明らかに広がりました。

雇われる・雇われないといった、働き方に大きくかかわる部分までも変わっていますし、そんな世界が普通に存在していることをお伝えして、この記事を締めたいと思います。

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。