ネット起業

ネット起業で失敗しないために初心者がやるべき3つのこと

個人がビジネスを始めるハードルが低くなった昨今。オンラインでの収入源に対する重要性が高まっていることもあって、ネット起業で挑戦を始めようとする人が増えています。

実際にこのブログなどを通じて相談を受ける機会がすごく多くなったのですが、そのなかで「失敗しないためにはどうすればいいですか?」といった内容も少なくありません。

そこでこの記事では、ネット起業で初心者が失敗しないためにやるべきことをお伝えします。

シンプルに3つにまとめますので、ネット起業の世界でストレートに成果を上げていくための参考にしていただけたら幸いです!

ネット起業で失敗する初心者に足りないもの

ネット起業において、というかビジネス全般で言っても「大切なこと」はたくさんあると思います。

  • 継続する
  • 素直にやる

など様々ですが、ネット起業初心者が失敗しやすいのはなぜか。僕としては1つ明確な答えがあります。

結論から言うと「信じる力」が足りないこと。

成果が出ることを信じられていないから簡単に辞めてしまうし、今の方向性で合ってるのか?信じられないから途中でブレて成功から自分を遠ざけてしまうんですよね。

もし「会社にいけば給料がもらえる」ことを疑っていたら、毎日出勤するのって難しそうじゃないですか?

これと同様に、ネット起業で頑張れば成果が出ると確信できていない(あるいはそれに近い希望を持てていない)と、やはり失敗に近付いてしまう確率は高まります。

一方で、ネット起業での成功を信じてやり込める人は着実に上向いていくわけですが、じゃあ失敗してしまう人はどうやったら信じやすくなるのか?という観点から話を進めていきましょう。

ネット起業で失敗する人は「普通」の感覚を意識

ビジネスで成功する人が上る階段

ビジネス初心者はネット起業での成功を疑ってしまいがち、という話をしましたが、そもそも僕らは、起業で成功する方法や道筋などを学校でも教わりません。

つまり経験がないわけで、成功を確信にくいのも当たり前といえば当たり前なんですよね。

右も左もわからないまま「信じろ!」なんてのは単なる拷問でしょうし(笑)だからこそ失敗しないためには「普通の感覚で取り組む」ことがめちゃくちゃ大事なんじゃないかと思っています。

というのも一般社会では割と普通のことが、個人のネット起業になると無視されているケースは珍しくないからです。

たとえば初めて料理をするとき、いきなり魚を捌いて寿司なんてつくらないだろうし、野球をしたって最初から150キロのピッチャーを打とうとはしないじゃないですか。

あるいは会社で働き始めて1週間で「あれ、昇給しなくね?」とは思わないはずで、学生時代の部活で考えても、他校の監督にまで指導を求めたりすることって基本的にありません。

上記すべて当然のことすぎて「そりゃそうだよね」って感じかもしれません。

が、ネット起業って未知のジャンルすぎるのか、このようなことが結構起こり得るんですよね…!

色々言いましたが、普通じゃないことをやってしまうが故に失敗する人が多い、ということだけ頭に置いておいてください。

その上で、ネット起業で失敗しない(成功を信じやすくする)ために、「特に大切なこと」を3つお伝えします!

ネット起業で失敗しないためにやるべき3つのこと

ビジネスを始めるために本を読む人

ハードルが低い手段を選ぶ

まずは「何をやるか」ですが、ネット起業ではわざわざ難しい手段に手を出す必要はありません。

料理初心者がいきなり寿司を握らないように、ビジネス初心者においても

・巨額の資金を用意する
・経営者との人脈を広げる
・壮大なビジョンを描く

などといった、大それたアクションは基本的に必要ないです。

「起業」というと優れたアイデアが必要だとか、そういったイメージがあるかもしれませんが、今の時代ではハードルの高い手段に手を出す理由がないんですよね。

ビジネス初心者がわざわざ難易度の高いことにチャレンジして撃沈する、というのは本当にあるあるなので、自ら失敗しやすい道を選ぶことは避けましょう。

参考:ネット起業でおすすめの始め方|成功しやすい4種類のジャンルとは?

判断を下すタイミングの設定

続いては期間=時間軸に関する考え方ですが、ネット起業で失敗しやすい人の傾向として「明らかに早すぎる」タイミングで判断してしまいがちです。

それこそ前述の話のように「1週間頑張ったから昇給してくれよ」って、会社では普通言わないじゃないですか?

桜木花道がすぐにドリブルの基礎に飽きて、スラムダンクしたがっているのもそう。あそこで投げ出していたら、山王戦の感動はなかったわけです。

これはネット起業の世界でもまったく一緒で、

  • 1週間やったけど成果がでない
  • 1ヶ月頑張ったのに収益が発生しない

くらいのタイミングで「本当に大丈夫かな…」みたいな気持ちになってしまうのはちょっともったいないなと。

実際に、最初はまったく鳴かず飛ばずだったけど4ヶ月で月収10万円を達成したコンサル生(20代女性)もいます。

前提として「この期間はやる!」と最初から決めて、自分が決めた期間は信じ切ってやり抜くことはぜひ意識してみてください!

参考までに僕は何に挑戦するにも「1年は続ける」と決めていますが(特にネット起業だと1年本気で頑張って失敗することはほぼない)、もしそれが長いという方はまず3ヶ月や半年でもいいんじゃないかと思います。

インプット源の絞り込み

ラスト3つ目は「情報」についてです。

インプットする情報は初心者ほど絞り込んだほうが良くて、情報量に溺れてしまうケースは避けるべきだなと感じます。

いろんな情報を入れていると、それぞれ言うことが違って混乱するのは当然ですし、膨大な知識を全部信じるなんてのはそもそも無理な話じゃないですか。

たとえばダイエットをするにしたって

A:食事制限は必要ない
B:食事制限しないとかありえない

みたいにいろんな方法があって、(たとえ両方正しいとしても)いずれかに絞って取り組まないと成果は出ないと思います。

もちろんネット起業に関してもまず情報を集めることは大事ですが、複数のいいとこ取りをしようとすると結果的に「全部信じられなくなる」ので注意していきましょう!

参考:ネット起業で成功するには「何をやらないか」を見極めること

ネット起業で失敗しないのは難しいことじゃない

ということで、初心者がネット起業で失敗しないために大きく3点、

  1. まずいかに信じるかが大事
  2. そのためには普通の感覚を持つといい
  3. 初心者がやるべき3つの具体策

について、この記事ではお伝えしてきました。

資格の勉強を1ヶ月足らずで早々に諦めて「こんなの合格するわけない!」とか言う人はあまりいないと思うんですけど、ネット起業においてもそんな普通の感覚をベースにしてあげるといいように思います。

逆に言うと、それだけ出来れば「失敗しない」というのも個人の起業ではさほど難しい話ではないので。

オンラインビジネスに挑戦する際には、1つの参考にしていただけたら幸いです!


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ