起業の始め方

20代で起業して良かったと、30代になって周りを見たとき気付いた

社会人になって数年が経ち、20代で起業したいと考える人も多いと思います。

会社への不満や将来への疑問、あるいは何かやりたいことがあったりと理由は様々でしょうが、会社を辞めたいと思った瞬間は少なからずあるんじゃないでしょうか。

僕も「あと40年もこのまま過ごすのか?」なんて思いながら、人生このまま終わりたくない!という一心で20代後半に起業しました。

絶対に20代じゃなきゃだめだと思ったわけではなかったものの、いざ30代になって周りを見てみると感じます。「あのとき起業して良かった…!」と。

そんな実体験から30代になって見えた現実を書いていきますので、起業したい20代の方は少し先の未来として受け取ってもらえたら嬉しいです。

20代で起業して良かったと思う

僕が起業したのは27歳のときで、当時の心境としては「アラサーだけど昔思ってた30歳と全然ちげえ…」という感じでした。

お金もないし趣味が充実してるわけでもなく、このまま30代に突入したらヤバイぞと強い危機感があったことを記憶しています。いろんな意味でもうちょい余裕があったんですよね、学生時代に描いた30代は。

だから20代後半に差し掛かってからは妙に切迫感があったのですが、いろいろ模索しながらもネットで起業してよかったと心から感じています。

「若いうちしか挑戦できない」なんてことはまったく思わないものの、30代になって周りを見てみると、明らかに僕が起業した20代とは状況が違っているんですよね。

20代で起業して30代になって見た実態①決断の重さ

起業したいけどお金がないから出来なかった男

会社を辞めにくい

まず感じるのは、20代の頃よりも決断が難しそうだなということです。

20代後半から30代ってたぶん、人生のなかで見ても目まぐるしく状況が変化するタイミングじゃないですか。

仕事でも脂が乗ってくる時期みたいな言い方がされますけど、

  • 初めての部下ができる
  • 責任がある仕事を任せてもらえる

など、会社でも一番下でラクに仕事をしていたときとはちょっと違ってきますよね。

頑張っている人ほど30代くらいで立場(役職)もついてきたりして、会社を辞めるハードルが僅か数年でめちゃくちゃ高くなっている印象です。

背負うものが増えてる

決断という点で見ていくと、背負うものが増えていることも同時に感じます。

結婚して家族が増えたり子どもを授かったり、あるいは両親の年齢によっては介護なども出てくる時期ですよね。

もちろんそれは人によっては20代かもしれないので一概に言えませんが、前述した会社でのポジションなども含めて決断が重くなるケースが多いでしょう。

起業してから友人や昔の同僚からも頻繁に相談をもらっていて、話していると7割近い確率(僕調べ)で「20代なら出来たのに…」といった言葉が出てくるのが超リアルです。

20代で起業して30代になって見た実態②絶妙なライン

起業したいけど決断が重いと最初にお伝えしましたが、当然といえば当然な気もします。

というのも多くの場合、30代の会社員って本当に絶妙なラインなんですよね。

・不満はたくさんあるんだけど
・それなりに得ているものもある

つまりイイ感じで天秤のバランスがとれていて、こんな状況で「起業までしなくてもいいか…」と思うのも普通なんじゃないかと。

もちろん個人のビジネスは会社を辞めないで副業でもできるし、実際にそうやって収入を増やしている人もたくさんいます。ただ「雇われずに起業する」をゴールに話すとしたら、絶妙なラインにいる以上やっぱり20代の方が身軽だった感じがするのが本音ですね…!

ちなみに僕の周りにも30代で会社を辞めた起業仲間がいますが、彼ら・彼女らに共通して言えるのは「圧倒的に不満のほうが大きかった」ことです。

結構な覚悟で決断しているのを見るたび、自分は恵まれていたような気持ちになります。

参考:起業に勇気って本当に必要?不安なく会社を辞めるためにやるべきこと

20代で起業して30代になった時の実態③貯金

20代で起業した人の財布

最後にすごくリアルな現実をお伝えすると、ぶっちゃけ30代になったところで資金は増えていません。

いや普通に考えて増えないですよね。余裕で貯金できるだけの収入があって、且つムダ遣いしないメンタルを兼ね備えているアラサーがどんだけいるんだっていう。

現実問題、周りを見ていると「むしろ20代のほうが自由に使えるお金が多かったんじゃないか」とも感じます。

一方で、20代で起業しようと考えていたとき、周囲の人たちからはこんなことを言われたりしました。

「お金を貯めてからにしたら」
「これから給料も上がるよ」

その発言のソースはなによ!?とは言わなかったですけど、いざ30代に突入した現実を見ると鵜呑みにしなくて良かった気はします。これから上がるよって希望的観測のクセがすごい。

そもそも「お金がない」は起業に挑戦しない理由にはならないことも体験しているので、似たような悩みがある方はこちらの記事も参考にどうぞ。

参考:起業したいけどお金がないと悩み続けて3年が経ちました

起業したいなら20代での挑戦はアリだと思う

20代後半で起業して、そして30代になって見えたものを実体験から書いてきました。

先ほども軽く触れたように「20代じゃなきゃ起業は無理」なんてことは思いません。普通に考えてそんなわけないので。

ただそれと同時に、20代で挑戦しておいて良かった!と感じる瞬間が増えているのも事実です。

物理的な問題として年齢とともに体力は落ちていくわけで、何をするにしても「人生で今日が一番若い」と考えるのはすごくおすすめ。僕もその考え方でチャレンジするようにしています。

特に今、小さな一歩から起業できる時代です。もし20代で起業したい気持ちがあるのだとしたら、今やっておくといいよ!ってことはぜひお伝えさせてください。


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ