ヤフオク

ヤフオク転売はAmazon仕入も熱い|狙い目と稼げるロジックを解説


国内転売といえば販路はAmazonという人が大半の中、意外と狙い目なビジネスモデルがAmazon仕入のヤフオク販売です。

通常はヤフオクで仕入れてAmazonで販売という方が多いのですが、なぜAmazon仕入なのか?というところに、実は稼げる秘密が隠されています。

そこでこの記事では、Amazon仕入ヤフオク販売が稼げるロジックと、実際に仕入れるときの狙い目を解説していきます。

Amazon仕入ヤフオク販売はそのロジックが理解できれば間違いなく稼げますし、理由がわかればビジネスで稼いでいくための大切な思考も見えてくるはずです。

それではAmazon仕入れヤフオク販売について、順番に見ていきたいと思います。

通常はヤフオク仕入Amazon販売が主流

Amazon販売が圧倒的多数の理由

転売やせどりといえば販路はAmazonが当たり前というイメージがある人も多く、初心者はもちろん、転売実践者でもそのイメージを持つ人は少なくありません。

販売力の強さはもちろん、そういった風潮がAmazon販売の実践者が多い1つの理由ではあるのですが、Amazonをメインの販路として利用している人の中にはFBAを使いたいからAmazonを利用しているという人も多いです。

FBAとは「フルフィルメント by Amazon」のことを指し、Amazonの倉庫に在庫を預けておくことで、注文が入ったときの注文処理や配送、返品に関するカスタマーサービスなどを代行してくれるサービスのことを言います。

一度在庫を納品してしまえば、価格調整をする以外は売れて入金を待つだけという非常に便利なサービスなのですが、FBAを利用することで梱包や発送の作業時間を大幅に減らすことができるため、本業で取り組んでいる方はもちろん副業で転売を実践している方にも大きなメリットがあります。

FBAのシステムはAmazon販売が主流になっている大きな理由であることは間違いないでしょう。

ヤフオクの役目は仕入か在庫処分

対してヤフオクでの販売においてはもちろんしっかりと高値で販売をして稼いでいる人もいますが、基本的には仕入か在庫処分を目的とした人が多いです。

具体的な活用法としては以下のような目的の方が大半ですね。

・オークション出品を利用して売り切りの在庫処分
・相場を知らない一般の出品者から格安で商品を仕入
・まとめ出品の商品を安く仕入

当然こういったメリットもあるのがヤフオクの強みではあるものの、販路として使わないというのは個人的には非常にもったいないんですよね…。

詳しくは後述していきますので、ぜひ参考になさってください。

参考:せどりの仕入れ先はネットショップよりヤフオク・メルカリが強い理由

 

ヤフオク転売はAmazon仕入が熱い

すでにお伝えした通り、ヤフオクを在庫処分や仕入の場所として使い、メインの販路はAmazonで出品・販売を行っているという方は非常に多いです。

というよりも、現状を客観的に見ると、転売実践者の大半がそのような傾向にあると言っても過言ではありません。

Amazonの販売力を活かすというのは大きなメリットである反面、その結果として、商品によっては出品者が100人を超えるものもあり競争が激化してまったく稼げないといったケースが頻発しているのも事実。

そこで逆転の発想として、Amazon仕入ヤフオク転売に取り組むことで、効率的に稼ぐことができるというのが僕の意見です。

単に人が群がるところで戦うのが嫌いだという話もありますが(笑)、他者と同じ発想では稼げないということもビジネスの原理原則としてよく言われていることですので、こういった考え方もかなり効果的だということはお伝えさせてください。

それではなぜAmazon仕入ヤフオク転売がおすすめなのかを、お伝えしていきたいと思います。

 

ヤフオク転売の仕入先はAmazonが良い理由

別の売り方を模索する人

Amazonの価格競争が激しすぎる

まずAmazonでの転売に関してはライバル出品者が多すぎるという点です。

Amazonはショッピングカートを取らないことにはほぼ売れないので、そのカートを取るために価格競争が激しくなる傾向が顕著に見られるようになりました。

売る側の目線で考えると価格競争が激しいと利益が削られるため可能なかぎり値下げは避けたいところですが、そこは思考を柔軟にしてみましょう。

価格競争の激化は大幅な値下げを意味しますので、仕入れる側からすると価格競争によって価格が下がるのは大歓迎だということになります。

参考:Amazon転売のリスクは在庫じゃない|依存型ビジネスの末路とは

ランキングで売れ筋がわかりやすい

Amazonはカテゴリーごとにランキングを確認することができるので、人気の商品をすぐに把握することができます。

人気の商品=売れている商品ということがすぐにわかりますし、得てしてそういった商品に出品者が群がるもの。

こういった部分を逆手にとって商品を仕入れることができれば売れ残りの可能性はほぼ皆無ですし、販路を変えたときにAmazonより高く販売できることは決して珍しくありません。

タイムラグがない

Amazonは配送が早いのが特徴で、Amazonプライムなどを契約していれば注文時間によっては当日配送も可能です。

商品が早く届くということはそれだけ早く出品・販売ができますから、リサーチした際の相場にタイムリーに当てていくことが可能になるのでネット(電脳)仕入のデメリットであるタイムラグを解消することにも繋がります。

結果として仕入代金を早く回収することにもなりますので、そういった面でも非常に効果的な手法だと考えます。

 

Amazon仕入の狙い目

出品者が多い高ランキング商品

ランキングが高く出品者が多いものというのは、人気がある商品でなおかつ価格競争が起きやすい商品といえます。

そういう商品は相場が崩れやすく、本来の価格よりも安くなりやすいので狙い目ですね。

Amazonでは出品者が100人を超えているにも関わらず、ヤフオクではその1/10以下といった事例も多々見受けられますので、そういったギャップを狙っていけば利益が確保できる商品は見つけやすいです。

発売直後の話題作

理屈としては上記のポイントと似てきますが、発売直後の話題作は転売実践者が群がる傾向があり、その結果として出品者が急増、一時的に需要より供給が多い状況になる事例は非常に多くなっています。

そうなるとお決まりのように、キャッシュフローが苦しい出品者から値下げを始めて価格競争が起きますので、発売時期をしっかり把握するなど準備しておきましょう。

特に難しいことは要らないので、テレビCMやTwitterのリアルタイムなどをチェックする癖付けができると良いですね。

参考:転売の情報収集におすすめの方法|1つのネタで最大限稼ぐためには

 

Amazon仕入のヤフオク転売が稼げるのはなぜ?

稼げるのはなぜ?

Amazonの価格競争はどこまでも下がる

販売をAmazonですることにおいてはカートを取得することが重要だとお話ししましたが、そのカート取得率を高めるためにツールを利用する出品者もいます。

「プライスター」や「マカド」などが有名かと思いますが、そういった価格改定ツールの設定には出品中の最低価格より1円安く出品できるような機能もあるため、値下げ合戦が起こる可能性は非常に高くなります。

カート取得に血眼になるセラーも少なからず存在していて、そういったセラーは赤字覚悟で値下げに踏み切ることも。

結果としてどこまでも価格が下がってしまうということが起こり得ますので、Amazon仕入の稼ぎやすさはまずそういった点にあります。

出品手数料が安い

Amazonの出品手数料はカテゴリーによって違いますが、大体15%くらいの商品が多いです。さらにFBAの手数料や送料等が上乗せになるため約20%として僕は考えています。

対するヤフオクの手数料は落札金額に対して8.64%なので、単純に比較してもAmazonでの販売手数料よりもかなり安いですよね。

手数料が安いということはそれだけ利益として残る金額が増えるということになるため、手数料が安いプラットフォームで販売していくのも1つの戦略ですし、この手数料の差額も稼ぎやすさの秘訣と言えます。

参考:ヤフオク手数料の計算方法|送料無料の勘違いで損した実話も伝えます

表示画面の仕様の違い

Amazonはカートを取得している商品が基本的に選ばれるわけですが、仮にショッピングカートを無視したとしても他の出品者をチェックした場合には価格が安い順に上へ表示されます。

そのため価格以外での訴求ポイントがほとんどなく、最安値をキープすることしかできずにいるセラーが非常に多いわけです。

しかし、ヤフオクの並び順は価格だけではなく「残り時間が短い順」「新着順」など様々になるため、安い商品が必ずしも売れるというわけではありません。

自分なりの付加価値を提供することができれば相場よりも高い金額で売ることも普通に可能ですし、プラットフォームを利用して転売を行う以上、各々の特性は掴んでおくと戦略が立てやすくなりますね。

参考:人生諦めるのは自由だけど、自分に対して失礼すぎないかい?

 

ヤフオク転売の仕入先をAmazonにしてみた理由

最後にAmazon仕入に踏み込んだ理由をお話ししてこの記事を締めたいと思いますが、ヤフオク仕入Amazon販売が当たり前という空気の中、僕がAmazonから仕入れをしようと思ったのは、ずばり「逆張りの意識」です。

Amazon販売で稼いでいる人が多いということも事実ですしもちろん僕も出品はしておりますが、価格競争に巻き込まれた経験はこれまでに何度もあります。

「値下げしなくても売れるのになんで下げるんだよ!」と腹が立ったこともありますが(笑)結局は自分がそこを選んで戦っている以上、ただ嘆いたところで状況は何も変わりません。

また規約変更や手数料の増額などAmazonを利用するメリットが以前と比べて減っているというのも1つですね。

そういった悩みをどう解消しようか?というところから、価格競争を喜べる方法はないのかと考えた結果、仕入れに使えたら熱いんじゃないか?と。

「面倒なところにお金が眠っている」ということもよく言われますが、やはり大衆が取り組まないことに着手することでライバルを減らすことは可能ですし、ただ苛立って気持ちが切迫される状況を続けても精神的に持たないです。

また、一瞬稼いだだけでは人生は何も変わりませんし、稼ぎ続けていくことを考えると盲目的に多くのライバルが取り組んでいる既存のルートに乗ったところで仕方がありません。

今回はAmazon仕入という形になりましたがビジネス全般に言えることだと思いますので、自分が苦しいときこそ逆張りの思考はぜひ意識してみてください。

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。