年収が上がる成功思考

自己投資が起業に必要な理由|稼げないまま失敗に終わる人の共通点とは


人生やビジネスで成功するためには自己投資が必要だというのは耳にしたことがある方も多いかと思いますが、正直なところ僕は自己投資と称して何十万・何百万とお金を使っている人を見ると「正気か?」と思っていました(笑)

しかし自分で起業してビジネスに取り組んでいくなかで相応の投資をしてきたことはもちろん、今ではその重要性を身をもって感じていますし、事実として周りで成功している人を見ていても自己投資をまったくしていない人は皆無です。

そして、これまで多くの人を指導させていただいてきた中で、稼げない人の共通点も見えてきましたので、稼げない人の共通点をお伝えしつつ、なぜ自己投資が必要なのかを再考するきっかけになるよう、記事を書いていきたいと思います。

 

自己投資なしで成功する起業家はいない

一瞬成功すればいいわけじゃない

独学や勢いだけでも一瞬成功できる人はいますが、風が吹けばすぐに飛んでいってしまうようなおぼろげなものでは意味がないですし、ビジネスにおいては瞬間風速的に一時的に稼ぐよりも稼ぎ続けることの方が断然難しいです

稼ぎ続けられない理由として大きいのは、自己投資をして新しい知識を取り入れないこと。ビジネスの市場だけではないですが最近は時代の変化が非常に早いです。

いつまでも1つの手法に固執して稼ぎ続けることはできませんし、古い知識だけで戦えるほど甘くないということを僕も実感しています。

自分がビジネスを始めた頃にすごく稼いでいた人がどんどん消えていく現実も目の当たりにしてきましたので、成功したと勘違いすることはすごく危険だなと…。

成長し続けることが必要

ビジネスを続けていく上で時代の変化へ適応していくことはマストですし、成長し続けなければ先はありません。

ダーウィンの言葉にも以下のような名言がありますね。

「生き残る種とは、最も強いものではない。変化に最もよく適応したものである。」

この言葉は本当にその通りだと感じずにはいられないのですが、ビジネスでも絶えず変化に順応していくことが求められます。

自分の成長が止まるのはビジネスの成長が止まることを意味しますし、起業家が学びを止めた瞬間には現状維持すら難しくなっていくのが現実。

200本安打を達成したイチローが「来年も余裕で打てるわ」なんて言うわけがないのは想像に難くないですし、どのジャンルにおいても一流の人ほど自分を大切にし、その価値を磨き続けているものです。

起業家自身が成長していかないと、ビジネスで結果を残していくのは難しいでしょう。

 

自己投資が起業に必要な理由

短い時間で成功した人

スキルアップが成功条件

そもそも起業する上では、己のスキルが唯一頼れる武器といっても過言ではありません。

武器となるスキルを磨くために自己投資をして学ぶのは当たり前ですし、楽しみながら自分自身を高めていけば成功をたぐり寄せることに繋がっていきます。

そして今は自身の知識や情報といったものがそのまま仕事になる時代とも言われていますから、スキルを磨いていくことでチャンスも増えていくのが当然とも言えますね。

自分自身の価値を高める動きをしていくことは起業家にとってマストでしょう。

参考:初心者が個人事業主として成功するために越えるべき11の壁

時間の短縮&労力の低減

どんなに成功している起業家でも、最初からその道のプロなんて人はいません。つまりみんな最初は未経験・初心者からのスタートということ。

その中でスタートダッシュを切るためにも、初期の段階から学びに投資をすることで目標までの到達時間を大きく短縮することができますし、独学だけで遠回りする方がよほど非効率だとも感じます。

また、どんなステージにおいても先駆者から学びを乞う意味合いは大きく、自分で何度も失敗を重ねずとも知識を得ることが可能になります。

自分の人生だけではとてもカバーしきれない部分を本や出会いからの学びで補っているという起業家もいますが、人の経験を買うことができるって本当にメリットが多いんですよね。

しなくていい苦労をしなくて済みますし、余計な労力をかけずショートカット出来るなんて最高だと思います。

自己投資をしていくことによって最短距離を走れるという点も、起業家にとってはすごく重要な要素であると言えるでしょう。

知識によって選択肢が増える

情報格差という言葉が使われるようになってから既にかなりの時間が経っていますが、情報を多く持っているか否かで起業家としては大きな差がつきます。

色んな情報を知っているからこそ複数の選択肢から最適な解を選択することができますし、情報を知らない状態では別の選択肢があることに気付くことすらできません。

これだけネットが発達した現代においても、本物の情報というのはネットニュースではなく人から伝わるものですし、よりコアな情報に触れるために対価を支払うのは当然のことです。

また情報を見極める目も必要になってきますから、自己投資をしていく中でそういった目を養っておくということも起業家として成功するためには必要なことです。

例にもれず僕もビジネスへの投資で失敗した経験がありますが、あの経験から今ではコンサル生にも正しい道を示すことができますので、それはそれで必要だったのかなと(笑)

理想の未来が近付く

自己投資の必要性を語る上では理想の未来が近付くということも外せないでしょう。

上記3点のまとめのような意味合いにもなりますが、起業家として理想を追求していくうえで己の価値を高めていくことが必要になるのは言うまでもありません。

さらに言うと、コンサルを受けて直接の接点を持つなどすることによって、自分の理想の生き方をしている人との距離を一気に縮められるということも、理想の未来をリアルに描くためには非常に有効だと思います。

参考:ネット副業で月収10万円は本当に稼げると知って体感した変化7つ

 

稼げないまま失敗する人の共通点

成功できずやめた人が置いていった手袋

学びへの投資に消極的

一時的に結果を出すことができたとしても、学びへの投資をせずに既存の知識だけで勝負しようとすると必ず先細りします。

それ以前にスタート時点のまっさらな状態で自己投資を怠るというのは、自身のスペックを過信しているとも言えますね…。

ビジネスをしていく上で、学び続けることは絶対的に必要なことであって、以下のような構図も。

新しい学びに投資しない=新しいことに挑戦できない

これでは逆に稼げる理由が見当たりませんし、仮にビジネスをしていなかったとしても、人生を良くしていこうと思ったら新しい学びは当たり前に大事ですから、極めて当然のことを放棄してしまっては何事においても結果を出すことはできないのではないでしょうか。

選り好みが激しい

選択基準が自分のやりたいことかどうかになっていて、自己投資をしたとしても同じようなものばかりになってしまっているケースも1つです。

知らないことに自分のお金を投下して学ぼうとするのは勇気がいることですが、そういうことにこそ自己投資すべきです。

先日もビジネスセミナーに参加した際、講師だった起業家の方がこんなことを言っていました。

一冊のビジネス書でも8割が理解できて、2割よくわからない章がある。
大半の人が8割に納得するが、実際にはその2割にこそ成長の種は詰まっている。

年収3000万円以上ある方が言っていることもあってか会場中が「なるほど」「おおお!」という空気になっていましたが(笑)自分の好みだけで考えていては想像の枠を超えないということですね。

自分基準の選択だけでなく「今の自分には何が必要か」「ビジネスを成長させるために必要なことは何か」ということも考えて投資する視点を持つようにしていきましょう。

そもそも無料で完結しようとする

起業を志す人が「無料の情報だけで稼ぎ続けています」ということはまずありえないですし、そもそもすべてを無料で完結させて成功するのは無謀な話です。

無料で得られる情報には限りがありますし、自分が提供する側に立ったときに何でもタダで済まそうとする人とは深く付き合いたくないですよね。

スーパーで試食ばかりしている人が人生の成功者であってほしくありません(笑)

リスクを極端に避ける思考では起業家として成功することは厳しいでしょうし、どこまでいってもビジネスは価値提供ですから「もらうこと」しか頭にない時点で成功の対極にいるので稼げないのも納得です。

たとえば、デザインの勉強をしたりするときもスクールに入会して高額な授業料を投資をするのが普通ですし、身銭を切らないで学べることや得られるものというのはその程度ということが言えますね。

参考:起業に失敗の不安など無い理由とは?20代で独立して見えた真実

 

なぜ自己投資する人が成功するのか

成功してピースする女性

思考の順序的に正解

起業はもちろんのこと、何かを成し遂げようとするときには基本的に時間もお金も先に投資するというのが普通ですし、それをせずに得られるものはたかが知れています。

逆に言うと、そういった都合の良い話ばかりを求める人が多いからこそ、しっかりと自己投資すれば成功できる確率も上がるともいえますね。

「人に名前を尋ねるときにはまず自分から名乗れ」というのはあまりに使い古された風習ですが、成功するためにまず自分から差し出すという意識はとても理にかなっていると思います。

他者との差別化がしやすくなる

自分磨きをしている人としていない人、どちらが成功しやすいかというのは考えるまでもありませんよね?

まず前提として、自己投資をして積極的に学んでいる人とそうでない人とでは蓄えられている知識の量がまったく違いますし、感性や覚悟といった見えない部分でも大きな差が開いていることが多いです。

少々極端な表現になりますが、自己投資している時点でライバルとの差別化に繋がっているんですよね。

また自分と全く同じ経験をしている人は世の中にはいないわけで、そうやって様々な学びを得ていく中での捉え方も人それぞれですし、今後への結びつけ方も人それぞれです。

つまり繰り返し学びに投資をして自分を高めていくことで、唯一無二の存在として成功しやすい起業家になることができます。

参考:人生諦めるのは自由だけど、自分に対して失礼すぎないかい?

 

まとめ

自己投資の重要性は理解いただけたかと思いますが、起業家として生きていく上では切っても切れない関係にあると思います。

少なからず「学び続ける」ということが必要になるわけですが別に苦行ではなく、起業家としては学びが収入に直結することが多いため単純に楽しいということもありますね!

僕も起業という選択をして独立して4年目になりますが、こんな短い期間の間でもたくさんリアルな場面に遭遇しました。

一時的に稼いで天狗になった人、学ぶことを辞めて自己流に走った人、結果的に稼げなくなっていく人も何人も見てきました。

起業家は誰かに給料を決められることもなく、大きな金額を稼ぎやすい職業であることは間違いないですが、そんな一時的な稼ぎではなく継続して収益を上げ続けるビジネスをしていきたいですよね。

僕も勉強が楽しいなんて学生時代に思ったことはただの一度もありませんでしたが(笑)、ビジネスを学ぶのが楽しくて仕方がないのは、わかりやすく結果として自分を豊かにしてくれるからだと感じます。

稼げない起業家にならないよう、一歩ずつ着実に歩を進めていきたいですね!

 

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

ただ、手取り15万円だったアパレル販売員時代から何もかも上手くいったかというと決してそんな天才肌ではなく…。

むしろ遠回りした僕ですが、この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。この事実によって一気に視野が広がりました。

人からの評価ばかり気にしたり、漠然と将来への不安を抱えたりせず、自信を持って生きていくために「主導権を自分で持てる道」を選ぶこともできた。

そうやって今は、「誰か」に依存することもなく「何か」に怯えることもない、強い大人に一歩近づけた気がしています。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。