公開メルマガ

17円の収益は未来への布石


こんばんは、井上直哉です。

ひと月ほど空いてしまいましたが、前回のメルマガに祝福のメッセージを多数いただき本当にありがとうございました!

前回のメルマガ
『平成最後に家族が増えました。』

副業を始めた2014年に出会った方や以前コミュニティーで一緒に学んだ方など、久しぶりにやりとりが出来た人も多くてすごく嬉しかったです。

ビジネスを通じての付き合いっていいなと、改めて感じさせていただきました。

 

いつも息子の沐浴をするのが僕の仕事なんですけど、最初の頃より重くなったような気がしていたら案の定、3200グラムからすでに4000グラムになっていて。

ひと月での成長具合にビビっている今日この頃です。

 

…とまあ息子は順調に育っている一方で、5月はめちゃくちゃバタバタでした。

 

梱包や管理業務のほとんどを担ってくれていたスタッフが急きょ異動で本州に行くことになったり。
(彼はうちの仕事は副業でした)

発送をお願いしていた方が家庭の事情で続けられなくなったり。

こういうのは重なるといいますが、その他にも細々とあって途中でガス欠になりました…。

 

気分的にTwitterを開けない日もありましたし、ボクシング・井上尚弥の圧勝を見ながら「名前一緒のくせに俺は何やってんのよ…」と凹んだりもしました。

これはマジで意味がわからないのですけど(笑)ビジネスを続けていく上では色んなことが起きますね!

 

でも、夜中に哺乳瓶を洗いながら思ったんですよ。

「現実感がハンパないぞ」と。

 

子どもはもちろん可愛いし、まだ喋れないくせにたまに笑ったりするとたまりません。

無垢な寝顔を見ると無条件で幸せな気持ちになります。

 

だけど常にそんな感情だけで過ごせるわけでもなくて、

「頼むから今日はもう寝てくれー」
「あと30秒でいいから泣くの待ってー」

みたいな、こっちの勝手な都合が子どもに向いてしまう瞬間も少なからずあるんですよね。

 

なんだか夢のない話で恐縮ですが、僕らが友人宅にお邪魔して

「いや~かわいいね~」

と赤ちゃんを抱っこしているときと、まったく同じテンションで接するのが難しいときも普通にあります。

 

THE・現実がそこには存在しているわけですが、そんな体験を今させてもらって本当に良かったというか「そうだよね」と再認識することができました。

大きな喜びや感動を享受する背景には、しんどい時期や大変な想いも例外なく関係しているんですよね。

 

それはビジネスをしていても同じで、正直大変なこともあるじゃないですか。

 

副業始めたての頃、毎日ブックオフでリサーチしていたものの仕入対象が見つからない日も普通にありましたし。

思うように時間がとれずヤキモキする、なんて話は幾度となく耳にしてきました。

 

きっとみんな何か「うまくいかない」を抱えていて、大きなリターンを得るためには圧倒的に悔しさや苦しさの方が多いわけです。

 

なのに都合の良い部分だけを見て勝手に幻想を抱いて。

そんなぬるい気持ちで何かを成し遂げようなんて、どう考えても無理があるんじゃないか。

そんなことを最近また強く感じました。

 

言ってしまえば僕も、「リスクは嫌だしラクに稼ぎたい!」と心から願った一人です。

副業を始めようとした頃、放置で30万円稼げるらしいツールに心を躍らせて3万円の「プレミア商品抽出ツール」を買ったりもしました。

会社からの手取りが15万円だった頃です。

 

数百点の商品リストを手に入れたものの、3件くらい電話して在庫を聞いたとき、いずれも「買える場所がない」ことに気付き挫折しました。

普通に考えて、プレミアがつく商品がすぐ手に入るわけないですよね…。

そんな痛い目に遭ったにも関わらず、同じようなツールをもう1つ買ったくらいには情弱でした。

 

何もせず稼げると思った浅はかさも、3件程度の電話でやめている弱さも救えないですが、

生後間もない息子に教わったことも含め

「大変な時期を越えてこそ明るい未来が待ってる」

のだということはぜひお伝えさせてください。

 

多分なにもしないで100万円稼げたとしても、調子に乗って一瞬で落ちていたと思います(笑)

 

ただ、

とはいえ早く結果が欲しい気持ちはゼロにはならないじゃないですか。

 

10か月ほど前にブログを本格的に始めたときも、1記事アップするごとにアクセスを確認したものです。

(反応、あるわけない)

多分ジムに通えば1日目から身体の変化を確認したくなるだろうし。

野菜中心の生活を3日送っただけで「寝起きが全然違う」と錯覚してしまうであろう自分がいます。

 

ハッキリ言って僕も「長期的に考える」ことが決して得意なタイプではありません。

 

だからこそ

「しんどい時期があってナンボ」

くらいの感覚は大事にするようにしてるんですよね。

 

月収1000万円とか年収3000万円とかすごい実績を残している人たちも、愚直な取り組みを続けてきた背景があるから「かっこいい」と感じられるはずです。

単に裕福な家庭に生まれただけなら特段なにも感じないでしょう。

 

キングダムの信が何の苦労もなく大将軍になった。

アオアシの葦人がとんとん拍子にプロ選手まで上りつめた。

そんなマンガは超絶つまらないと思うし、

山ちゃんの結婚も、これまで自分の嫉妬で散々迷惑をかけてきたしずちゃんがキューピットだった…!

みたいな背景があるから、あの会見があんなに心を打ったんだと思います。

 

僕らのビジネスもきっと一緒です。

最近僕の周りでも、副業で2年ほど鳴かず飛ばずだった人が物販で月収20万円を稼げるようになったり。

黙々とブログでの発信を続けて、高額案件を月に4件も成約するようになったりしていますが、そういうメンバーは控えめに言ってもめちゃくちゃカッコイイんですよね…!

悩んだぶん教えられることも間違いなく多いし、今後の伸びしろだって格段に大きいわけです。

 

結果が出ていない期間だけにフォーカスしてこれを「遠回り」「失敗」と呼ぶ人もいるのでしょうが…

ハッキリ言ってその感覚はまったくわかりません。

 

即結果を出たらそりゃあハッピーだけど、「しんどい時期があってこそ」成功が輝きを増すのだと僕は思います。

 

もし仮に今が潜伏期間だとしても。

その現実と向き合うことが未来をつくるのは確かなので、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

最近挑戦を始めたビジネスの本日の収益が「17円」を示している僕も、淡々と続けていきたいと思います。

 

PS

先日Amazonの担当がついたのですけど、どんなメリットがあるのかイマイチわかっていません(笑)

とりあえず色んな情報をいただけるのと、担当の方と直接やりとりが出来るプラスは感じつつ…。

どなたかベテランの方がいたらぜひどんなものか教えていただけたら幸いです!