独立・起業

個人で起業するには収入源の確立を一番に考えるといい


大手メディアでも頻繁に副業が取り上げられるようになり、最近では個人で起業したいと考える人が増えています。

実際に僕も個人で独立して活動しているため、そのような相談をいただくことが多いのですが、「起業するために必要なものは何ですか?」との質問はよく聞かれるんですね。

経験や人脈はさして重要じゃないけど情熱だけはないと無理だな。そのビジネスで本当に成り立つの?など思うことは都度あります。相談いただく方の状況によっても変わります。

ただ、まず会社以外の収入源をつくるというアクションに関しては、これまでの経験上、起業するために最優先で取り組むべきなんじゃないかと。

この記事では、起業するための肝とも言えるファーストステップをお伝えしますので、参考にしていただけたらと思います。

個人で起業するときの大前提

まず起業するための大前提として「起業家の使命」についてお伝えしたいのですが、結論から言うと「収益を生み出すこと」になります。

どんなに崇高な理念があったとしても、収益がなければビジネスは成り立たないんですよね。

起業とボランティアはまったく異なるので当たり前と言えばそうなのですけど…

意外と「こんな風になりたい!」という理想の部分が強すぎて、あるいは起業に幻想を抱きすぎて、単に好きなことだけをやればいいと考えている人は少なくありません。

だから初めからスタイルに拘りすぎて、収入が付いてこない。これでは本末転倒ですよね?

今や全国的に有名な元ZOZOの前澤さんも、初めはレコード転売から始めたのは有名な話ですし。

まれに「お金稼ぎがしたいわけじゃない」的なことを言う方もいますが、言い方を変えると「収益が発生しない=価値提供できてない」のは致命的なので、個人が起業するには収入源の確立が必要だという大前提はぜひ念頭に置いていただけたら!

個人で収入源を持つと起業は一気に現実的になる

起業で自由を勝ち取った女性

今の時代、インターネットなどインフラが整っているため個人で収入源をつくることの難易度は下がりました。

僕の周りでも個人で起業する人が年々増えていますが、ひと昔前であればもっとハードルが高かったのは間違いないですよね!

だからこそ個人が起業するためにファーストステップとして「会社に頼らない収入源」を持とうとお伝えしていますが、それだけで起業は一気に現実味を帯びてきます。

個人でも稼げる自信が持てる

僕がビジネスを開始したのは副業からだったのですが、会社の給料以外で収入が得られる経験はただただ刺激的でした。

前述の前澤さんのように物販(転売)からスタートして成果が出始めたとき、

・自分一人で稼げることに興奮した
・昇給するよりよほど簡単だと思えた
・会社や上司に腹が立たなくなった

など、自分の中の常識がドンドン壊されていったことを記憶しています。

中でも嬉しかったのが「個人でも稼げるんだ」という事実で、それを体感できて味わったことのない自信みたいなものが湧いてきたんですよね…!

起業するには少なからず勇気が必要だと思います。もちろん僕も会社を辞めるときには勇気が要りましたが、個人で稼げる自信を持っていたことで当初感じていたハードルの高さはまったくありませんでした。

「まず収入源をつくる」

このアクションによって、起業はごく自然な流れになっていきます。

参考:ネット副業で月収10万円は本当に稼げると知って体感した変化7つ

起業した方が未来が明るいと気付く

また、さらに言うと「会社を辞めたらもっとイケるな!」との想いもありました。

起業と聞くと、新しい分野で大規模の事業を始めるようなイメージがあるかもしれませんが、個人が起業するには「スモールステップ」がめちゃくちゃ大事です。

いきなり莫大な資金を投入したりする必要はなくて、小さな成功体験の積み重ねから自然な流れで起業していくのが健全だと僕は思います。

細かな方向転換が自由にできるのも個人の特権ですし、会社以外での収入がつくれるようになると、そこから起業する道を選ぶのって言わば「普通」ですからね…!

個人で収入の柱を持つ意味は、計り知れないほど大きいものになりますよ!

参考:人生楽しみたいなら仕事から変える|起業して激変した事実を伝えます

起業するためにおすすめな個人ビジネスの入口は?

「収入源を一番に考える」重要性をここまでお伝えしてきました。

じゃあ具体的に何のビジネスが良いの?という点ですが、単刀直入に、僕は物販ビジネスをおすすめしています。

その理由だけ簡単にお伝えすると

・単純明快で難易度が低い
・即金性が高い
・圧倒的な集客力を利用できる

など様々あるのですが、やはり一番は成功体験が速いからですね。

「起業するためにまず収入源をつくる」という段階において手段はぶっちゃけ何でも良いので、より確実に、より速く成果が出せるものをチョイスするのが賢い選択だと思います。

参考:副業に物販をおすすめする7つの理由|初心者が最初にやるべきことは?

個人の起業で理想を手に入れるために

起業で成功して見る光

起業するために何を優先して進めるべきか?を書いてきましたが、はじめの一歩は本当に重要だと強く思います。

というのも、起業することが目的なのに「なんとなくカッコイイから」みたいな理由で難しい手段を選択してしまう人は少なくないんですよね…。

僕の起業仲間にもプログラミングで挫折して物販に流れた人がいて、彼と飲むたび、手段は収益を優先するのがマストだと感じます。(もちろん今では笑い話)

実際のところ、収入の柱をつくってしまえば、そこから「やりたいこと」や「好きなこと」など、理想の生き方にむけて幅を広げていくのは比較的カンタンです。

一方で、初めから好きなことを優先した結果、収益が上がらず何にもならない…なんて虚しすぎるじゃないですか。

個人で起業するには第一に収入源の確立を考えること。

これから個人で動き出そうとしているとしたら、ぜひ参考にしてみてください。

月収15万円⇒月収500万円

僕は現在、物販ビジネスで起業したのち法人も設立して「仕事が楽しくて仕方がない…!」という数年前では考えられなかったような毎日を送っています。

会社に雇われなくなり、月収500万円という世界も経験しました。

この生き方を掴めたのは「最速で稼げる物販ノウハウにより副業収入で本業を余裕で超せた」からです。

「人生を変える」なんて1ミリも信じたことがなかったけど、30歳を目の前にしてスキルも人脈もゼロの状態からの起業は実際に可能でした。

よかったらぜひ、プロフィールをご覧になってみてくださいね!
こちらです。