起業の始め方

ネット起業のリスクはどんなものがある?考え方もセットで解説します

個人でビジネスをしやすい時代になり、ネット起業に挑戦しようとする人は増えていますよね。同時に、どんなリスクがあるのかを知りたい人もまた多くなっているように感じます。

ネット起業のやり方は学校で教わるわけでもないですし、あまり馴染みのないことにチャレンジする際、心配事をあらかじめ把握しておきたいのは当然と言えるかもしれません。

そこでこの記事では、ネット起業にはどんなリスクがあるのか。またそれらに対してどのような考え方をしたらいいのかをお伝えしていきたいと思います。

ネット起業におけるリスクの考え方は?

基本的にネット起業では、莫大な軍資金や設備投資などといった巨額の初期費用が必要ありません。

もちろん何をやるかにもよりますが、Web上でコンテンツ販売ができるため店舗が必要なかったり、インターネットを利用できるため一般的な「起業」と比べると圧倒的にリスクが低いのも人気の理由の1つでしょう。

だから「個人のネット起業はほぼノーリスク」だという考え方は間違ってはいなくて、実際にそのような言い分もよく見かけますよね。

一方で覚えておくと良いのが、「何やっても少なからずリスクはある」との考え方です。

たとえばこんな感じ。

<CASE1>

  1. 大学へ行く→もはや学歴など意味ない
  2. 大学に行かない→学歴ないと苦労する

<CASE2>

  1. 会社に勤める→天井が決まっている
  2. 会社を辞めて起業する→安定しない

<CASE3>

  1. 趣味がない→つまらない人間になる
  2. 趣味がある→遊んでる暇あるの?

少々極端ではありますが、何をやってもリスクは付きまとうわけで「どっちがいいか」あるいは「どっちが嫌か」を都度判断して、僕らは何事もチョイスしているんじゃないかなと!

なのでネット起業もそれ以外のことも、リスクを考える際には「反対のリスク」にも目を向けてみると判断しやすいように思います。

では前提をお伝えしたところで、早速ネット起業のリスクについて見ていきましょう。

ビジネス初心者の方からいただく相談で多いのは、大きく3つです。

ネット起業のリスクにはどんなものがある?

ネット起業のリスクについて説明する男性

ネット起業のリスク①時間だけ浪費する

まず最初に懸念されがちなのが「時間をかけるに値するのか」です。

みんな暇だからネット起業に挑戦するかというと当然そんなことはなく、それぞれ忙しいなかで時間を捻出してチャレンジしようとしているわけですよね。そんな状況において「時間だけかかって何にもならなかったら嫌だな…」と考えるのは無理もないように思います。

ちなみに僕自身もネット起業を始める前には

  • 投資信託
  • カラーコーディネーターの資格
  • 個別レッスンの英会話教室

など色々やって挫折していたため、時間だけ浪費してしまうリスクはめちゃくちゃ考えました。

実際にこれまで色んな人を見てきても100人やって100人が成功するわけではないので、リスクの1つにはなり得るんじゃないかと思っています。

ネット起業のリスク②投資が回収できない

時間と同時にリスクとして浮上してくるのが、お金の問題です。

コンサルを受けたり教材を買ったり、あるいはアカウント開設などの細かいものも含めて少なからずネット起業を始めるうえで費用は必要になります。

ひと昔前だと起業するには数百万円・数千万円を要したため、それに比べると小さなものですが。それでも何かしらの投資をしてのチャレンジであることに変わりはありません。

ゆえに「資金を投じたリターンがあるのか」は確実に押さえておきたいポイントですよね…!

最初の選択によってはリスクが大きくなってしまうため、成功しやすい方法をチョイスすることはマストでおこなうと良いです。

参考:ネット起業でおすすめの始め方|成功しやすい4種類のジャンルとは?

ネット起業のリスク③収益が安定しない

ラスト3つ目ですが、起業や独立というと「不安定」をイメージする人も少なくないように感じます。

ネット起業においてもそれは例外ではなく、良くも悪くも「自分次第」ではあるので、安定感の面では毎月定額が振り込まれる会社員と比べるとリスクにもなってくるのかなと。

ただ最近の傾向として、こういった声が増えているのもリアルです。

・会社でいつ減給になってもおかしくない
・大企業に入社したけど安心できない
・今は安定してるけど10年後に解雇されたら… 

僕もアパレル業界で働いていたときには同じようなことを感じていました。「安定しているかもしれないけど10年後も大して変わらなそうだな…」と将来に強烈な不安を抱いたことを記憶しています。

安定感をリスクとして捉える考え方がある一方で、長い人生で見たときに安定ってなんなのか?を考える人が近年すごく多くなっている印象を受けます。

ネット起業のリスクは反対側も見てみよう

ネット起業においてリスクになりうる要素を3点挙げてきましたが、いずれも確かにリスクといえばそうだと思います。

だからここで考えてみると良いのが、最初にお伝えしたように「反対だとどんなリスクがあるのか?」ですね!

簡単に置き換えてみましょう。

●時間を浪費するかも
→じゃあやらない?
→今のままの生活が続くことになる

●投資を回収できないかも
→独学でやるor無料にこだわる?
→時間を浪費することにならないか

●収益が安定しないかも
→今の状態は本当に安定か?

上記のような感じで天秤にかけてみると、大事にしたいものがより明確になったりするのでおすすめです。

これは僕の持論ですが、リスクがない方法ってそもそもないじゃないですか。ラーメンを食べるのだって、ちょっと身体に悪いリスクをとって絶品を味わっているわけです。

だったらリスクがないことを探すというよりも、「今とってもいいリスクはどっちか」に焦点を当ててあげると、自然とやるべきことも見えてくるのではないかと思います。

個人のネット起業って特に小さなリスクで挑戦できるフィールドですし、何かしらきっかけの1つになれたら嬉しいです。

また初心者が失敗しないためにやるべきことは以下の記事にまとめていますので、こちらも参考にしてみてください!

参考:ネット起業で失敗しないために初心者がやるべき3つのこと


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ