起業の始め方

自分の力で稼ぎたいなら最短で!個人で稼ぐための鉄則を3つ解説!

評価や昇給が思うようにいかず会社で満足な待遇が得られなかったり、自分の力で稼ぎたいと考える人はたくさんいます。

特にいまは個人でもビジネスが持てる時代のため、現実的なアクションとして方法を模索している人もかなり増えましたよね。

僕自身も個人で稼ぐ力が欲しくて起業したので、雇われずに6年ほど生きてきた経験もベースにしながら鉄則を3つお伝えしていきます。

自分の力で稼ぎたい個人が知っておくべきポイントを知って、遠回りすることなく新しい収入源をつくっていきましょう!

自分の力で稼ぎたい個人の鉄則①雇われない方法を選択

自分の力で稼ぎたい人の仕事風景

アルバイトじゃなく自分の力で

まず最初にお伝えしたいのは「会社以外で収入源をつくろう」という大前提です。

雇われずに収入を増やすことって、イメージしにくいからか案外すっ飛ばされているケースが少なくないんですよね。自分の力で稼ぎたいと思いつつ、ついアルバイトなど「雇用されて」収入を増やすことを考えてしまいがちです。

それも当然といえば当然で、日本で普通に生きていたら「会社で働いた対価として」給料をいただくのが当たり前じゃないですか?

その選択肢しかないに等しい状態でここまで生きてきた人も少なくないと思います。

実際に僕自身も会社員の頃には「どこで掛け持ちしよう」と考えたりしましたが、自分の力=会社以外で収入をつくることは前提としていきましょう。

結局なにかに縛られたままでは、理想とは程遠いはずです。

会社を辞めなくても大丈夫

とはいえ最初は小さな一歩からでOKです。

雇われない方法を選ぶといっても、今すぐ会社を辞めよう!なんてことを言いたいわけではありません。

むしろそんなリスクを取る必要はまったくなくて、ネットを利用したオンラインビジネスで「会社に勤めながら」スタートするのがおすすめです。

・会社でもらう給料
・自分の力で稼ぐお金

まずはこの2つを手に入れることを目指していくのがいいですね!

収入を増やすためには雇用してもらうのが一番簡単だと思うんですけど、自分の力で稼ぐことを考えるうえでは選択肢から除外しておきましょう。

参考:オンラインビジネスの起業を個人におすすめしたい3つの理由

自分の力で稼ぎたい人の鉄則②スキルは後付け

自分の力で稼ぎたいとビジネスに取り組む男性

自分の力で稼ぐことの勘違い

自分の力で稼ぎたいと考えたとき、まず何をするべきかは非常に重要だと思います。

その際、多くの人は自分の力で稼ぐためのアクションとして

  • どの資格を取るのがいいだろう
  • なにかスキルを身に付けないと

といった思考になりがちですが、個人的におすすめなのは稼げることを優先して始めていくやり方です。

なぜなら今の時代、資格やスキルを持っていれば稼げるか?と言ったらそうでもないから。

僕がコンサルしているメンバーでも「医療事務の資格を取ったけど仕事がなかった」「ようやく働けたと思ったら環境がひどかった」といった方がいます。

時間もエネルギーも突っ込んで頑張っただろうに、彼女の「資格を取れば大丈夫だと勘違いしてました」との言葉には何とも言えない気持ちになりました…。

個人で稼ぐためにまずやるべきは、スキルを磨くことではないんですよね。

「稼ぎながら」成長する

だから自分の力で稼ぎたい人がまず考えるべきは、どうやったら今のスキル(あるいはスキルなし)で稼ぐことができるか。

成長してから稼ぐんじゃなくて、稼ぎながら成長することが超重要です。学生時代であれば「ここテストでるぞ」ってやつです…!

簡単に比較してみるとこんな感じでしょうか。

<スキルを身に付けてから稼ぐ>

  1. 稼ぐための準備期間で時間を要する
    (このあいだ収益は発生しない)
  2. スキルをつけた後に仕事を探す必要がある

<スキルを磨きながら稼ぐ>

  1. 一直線に自分の力で稼ぎ始める
  2. その過程でスキルも自然とついてくる

もちろんスキルを身に付けるのは素晴らしいことですが、報酬が発生する前の段階で挫折してしまうリスクがかなり高いんですよね…。

一方で、個人で稼ぐことを優先して進んでいけば、早くに収入が得られるしスキルも自然とついてくるため無駄がありません。

それこそ会社に関係なく自分の力で稼げるようになってしまえば、個人で収益を上げられること自体がスキルですし。「スキルはあとから付いてくる」と考えた方が健全だと思います。

余談ですが、高校からイギリスに海外留学していた友人がいて、彼はいつも「早く行っちゃって良かった」と話しています。仮に英会話を1年しっかり学んでから〜みたいな選択をしていたらソッコーで心が折れたはずだと。

自分の力で稼ぎたいときも一緒で、やはり収入に直結することを優先していくのが鉄則だと思います。

参考:ネット物販で起業するメリットは?初心者が稼げる理由も一緒に理解!

自分の力で稼ぎたい個人の鉄則③きっかけは不要

個人で起業して自由になった男性

稼げる力は待ってても来ない

「自分の力で稼ぎたいな」「会社以外の収入をつくりたいな」と考える人はたくさんいます。

そして個人で稼ぐのが可能だということも知っている人が多い一方で、実際にアクションを起こす人はほとんどいません。

「きっかけがあれば…」みたいな話もよく聞く(ぶっちゃけ僕も当時そう思っていた)んですけど、自分の力で稼ぎ始めるのにきっかけって別にいらないんですよね。

というか待っていても来ないし、何ならこの記事を読んでくれている今この瞬間こそがきっかけなんじゃないかとも感じます。

ちなみに、劇的な変化を待ちながら3年も無駄にした経験があります(笑)

参考:起業したいけどお金がないと悩み続けて3年が経ちました

チャンスを広げよう、自分の力で

だからこそお伝えしたいのは「きっかけはいらないよ」ってこともそうなんですけど、もう一歩踏み込んで「案外みんなそこで止まってるよ」と。

つまりチャレンジする人はかなり少数なわけで、自分の力で稼ぎたいひとが個人で収入を増やすのは極めて現実的な話だということです。

現に僕がコンサルをさせていただいているメンバーでは、20代でも普通に個人で年収1000万円を超えていたりします。しかも、3年も5年もかかるような話でもありません。

大企業でさえ安泰ではなかったり、他人や情勢に主導権を握られやすい今の時代に「自分の力で稼ぎたい」と考えるのはごく自然な流れですしね。

きっかけを待つ前に動き出しちゃうとチャンスを掴める可能性が高いので、ぜひ覚えておいていただけたら!

参考:20代のコンサル生・Yusukeくんがネット起業で月収100万円突破!

個人で稼ぎたいなら遠回りなしでいこう

個人で稼ぐための鉄則を3つ挙げてみました。

普通とは少し違う考え方になるため、もしかしたら逆を行こうとしていた方(あるいは行っていた方)もいるかもしれません。

なんとなく文中で伝わっているかもしれませんが僕自身、ぜんぶ真逆をやって遠回りしたんですよね(笑)

会社員の頃に全然給料が上がらないなかで、自分の力で稼ぎたいと強く思いながら

  1. 仕事の掛け持ちを考えるも結局動けず
  2. 資格の勉強をして途中で挫折して
  3. きっかけだけを探して何も変わらない

みたいな日々を過ごしたことがあってマジで退屈でした。

自腹で勉強している資格にしても、きっかけ待ちの空白期間にしても、時間もお金もムダにして本当にもったいなかったと感じています。強いてよかったことを言えば、今こうして記事が書けていることくらい(笑)

だからもし似たところが少しでもあれば、ぜひ参考にしてみてください。

遠回りせず、自分の力で稼げるように進んでいきましょう!


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ