物販ビジネス

転売で稼ぐには買い占めは不要!失敗しがちな仕入れの勘違いとは

ネットで早く稼ぎたいときの手段として、「仕入れて売る」という転売はわかりやすいビジネスモデルだと思います。

そのため副業を始めたり、収入を増やしたい人がネットを利用して転売ビジネスを実践することは増えていますよね。人それぞれの定義にもよりますが「仕入れて売る」ビジネスは社会的にもポピュラーですし、転売自体は悪いことではないと僕は思っています。

一方でマナーがないというか、商品の買い占めなどによって世の中に不利益を生んでしまう事例も耳にすることが増えました。

ただ実際のところ、転売ビジネスで稼ぐには買い占めなんて不要で効率も悪いので、勘違いしたまま仕入れで失敗しないように!との想いからこの記事を書いていきます。

転売で稼ぐには買い占めなんてしなくていい

買い占め転売をしないお店

イメージの勘違いは無理もない

転売で稼ぐには商品を買い占める必要があるんでしょうか?

読者の方から稀にそんな質問をいただくことがありますが、結論からいうと完全に「NO」です。

いわゆる転売ヤー的な感じで買い占めが目立つようになって、勘違いしたイメージを持つのは無理もないと思います。

ただ、ネットの副業で稼ぎたいとか転売ビジネスで収入を増やしたい方は「買い占めなんてしなくていい」ということはぜひ覚えておいてください。

転売の仕組みから考えれば明らか

そもそもの話、買い占めが不要であることは、感情論を抜いて転売ビジネスの仕組みを見ても明らかです。

転売ビジネスで収益を上げるにはザックリと以下の2つがあります。

  1. 定価で仕入れて法外な価格で売る
  2. 安価で仕入れて適正価格で売る

いわゆる買い占めの転売ヤーは前者にあたりますが、これはもれなく「人気商品」を扱うことになりますよね。椅子とりゲームのような感じで、力づくで商品を確保しなければならない。

つまり「買えないリスク」と常に隣り合わせになる上に、社会的な信用まで失う可能性があります。

仕入れ的に考えてもわざわざ競争率が高いところに突っ込んでいくのは効率が悪いし、明らかにリターンが見合わないため、ネットで稼ぐ上でそんなリスクを冒す必要もありません。

そもそも買い占め転売は何が悪いのか?

特技なしで起業するには何する?

欲しい人が買えない

結論として「買い占めなんていらない」とお伝えしましたが、そもそも何が悪いのか?も一緒に理解しておくとよりクリアになると思います。

まず誰の目から見ても明らかな、欲しい人が買えないという点。

基本的に商品の価格は需要と供給のバランスで決まりますよね。

スニーカーやブランド物の新作など人気商品もそうですし、旬な魚なんかもわかりやすいと思います。価格があってないようなものというか。

・欲しい人が多い
・供給量が少ない 

このミスマッチによって価格が高騰しますよね。

「え!?さんま高っ!!」となったりするのも、こういったバランスが崩れているからです。

その上で買い占めに関しては、独占することによって無理矢理に供給量を減らすわけじゃないですか。

これの何が悪いかって(色々あるけど端折って)、ユーザーからすると「本来買えたはずのものが買えない」ことです。不自然に歪みをつくってしまえば、反感を買うのも当然ですよね。

ブランドを壊す

また、個人的に問題だと思うのがブランドイメージを壊してしまうことです。

当然ながら作り手(メーカー)としても最適な量を考えて流通させるわけですが、たとえば買い占めによって以下のような事象はよく起きます。

・一時的に価格は高騰する

・一瞬はそれでも売れる

・釣り上げた価格では売れなくなる

・買い占めた側は在庫を捌きたい

・価格急落=ブランドが崩壊 

最初のうちは買い占めによって高く売れて、ブランド価値が上がっているように見えないこともないです。

が、結局のところ無理矢理に生じた崩れなのでユーザーも「そこまでお金出して買うもんでもなくね?」と冷静になる。結果として買い占めた在庫を叩き売られるかたちで価格が一気に下がり、ブランドは崩壊します。

これは悪者以外の何物でもないですよね、ダレトクなのよ?っていう。

儲かるのは自分だけ

上記2つの理由にも通ずる部分がありますが、結局のところ自分だけ儲かるようなビジネスって続かないんですよね。(そもそもこんなのビジネスじゃないって話はさておき)

続かないってことはおのずと自転車操業みたいに次から次へと精神をすり減らすため「ネットで稼ぐにしてももうちょい効率の良いことやろうぜ…!」と思います。

また買い占めた在庫を投げ売りしなきゃいけない状況だと自分すら潤っていないわけで、本当にメリットがないなと。

転売ビジネスで稼ぐには買い占めなんて必要ないし、やるならメリットがある方法でいくべきだと思います。

参考:ネット物販で起業するメリットは?初心者が稼げる理由も一緒に理解!

転売で稼ぎたいなら仕入れを勘違いしないこと

ネット起業のリスクについて説明する男性

仕入れの勘違い①今レアな商品は難しい

この記事でお伝えしたかったこと=買い占めはナンセンスだって話はほぼ書き終えたのですが(笑)最後に仕入れの勘違いについて念押しをして締めたいと思います。

まず買い占めのように法外な価格で売らなくても、転売ビジネスは普通に稼げるということ。

むしろ今レアな商品は基本的に競争が激しくて、

  1. 仕入れられないリスクが高い
  2. 仕入れたとしてもライバル多数
  3. 価格競争が必至かつ頻繁で萎える

みたいなしんどい状況を引き起こして失敗しがちです。

世間的に人が群がっている商品じゃなきゃ稼げない、なんてことはまったくありませんので、そもそもの入口から間違えないようにやっていきましょう。

仕入れの勘違い②無理な値引き

また、無理な値引きを迫ることも必要ありません。

もちろん仕入れとしては安い価格になったほうが良いわけですが、ビジネスは相手ありきなので。

交渉するにも自分だけにメリットがあるような仕方ではなく、相手にとって嬉しい条件から考えるほうが得策です。

店員と揉めてまで買い占めをするなんてのは絶対にやめましょう(笑)

参考:ネット起業の種類を全まとめ!初心者が知っておきべき鉄則は?

買い占め転売は効率も悪いから稼ぎ方は考えよう

買い占め転売について書いてきましたが、世間的にはもちろん、感情論を抜きにしてお金を稼ぐことを優先に考えても効率が悪いです。

ネットで収入を増やす方法がたくさんある今の時代だからこそ「何をするか」「どうやるか」はしっかり選ぶべきだと思います。

僕もネットで起業してから6年以上いろいろとやってきましたが、やっぱり一過性の稼ぎ方はしんどいんですよね。せっかく掘った穴がすぐダメになってまたゼロから、となるのは疲弊する未来が見えるじゃないですか。

もし個人で収入を増やしたいと思った際に、「ただ今だけ稼げればいいわけじゃない」ということが何となくこの記事で伝われば嬉しいです。


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ