働き方改革

仕事はこのままでいいのか?不安な20代におすすめしたい対処法

会社で働きながら将来を考えたとき、ふと「このままでいいのか?」と不安になる瞬間はあったりしますよね。

特に20代では現実的に考えてあと数十年は仕事をするわけで、様々な想いがよぎる局面が多いんじゃないでしょうか。

このままでいいのか仕事に不安を覚えたとき、何を優先して考えるべきなのか。漠然とした不安を解消するためにはどうすればいいのか。

この記事では、変化が早い今の時代性を踏まえたうえで、おすすめしたい1つの軸に沿って対処法を簡潔にお伝えしていきます。

このままでいいのかと20代が仕事で悩むのは当たり前

ビジネスを始めるために本を読む人

まずそもそもの話としてお伝えしたいのは、このままでいいのかと仕事に対して悩むのは「ごく自然な思考」だということです。

平成が終わった今の時代は「転換期」とも言われていますが、実際にものすごいスピードで色々と変化していますよね。

・副業解禁が大々的にピックアップされた
・リモートワークへの需要が高まった

などをはじめ、今までとは仕事の在り方がガンガン変わってきているのが実状です。

そんな時代に生きている以上「絶対安泰」なんてものはないわけで、「このままでいいのかな…」「大丈夫かな」と悩むのは必然とも言えるんじゃないでしょうか。

むしろ20代で不安を察知できるのはすごく感度が高いとも僕は思います。

だからこそ「仕事に対しての不安や疑問が浮かんでくるのは当たり前」だという前提のもとに対処法を考えていきましょう。

仕事はこのままでいいのか?20代が不安に感じる理由

本当にこのままでいいのかと不安を感じるにはいくつか理由があると思うので、まずはザックリと細分化していきます。

20代のとき自分が不安を覚えた経験も踏まえて、大きく3つに分けてみました。

会社での仕事がつまらない

このままでいいのかという気持ちが出てくる背景として、今の仕事がつまらないケースは見逃せないですよね。会社での仕事が楽しければ、あるいは思いきり仕事に打ち込めていれば、同様の不安は感じずに済むかもしれません。

特に20代では、楽しかったあの頃=学生時代と今を比較して、つまらないと感じてしまうことがどうしても多いです。

僕は学生時代が野球部だったので、テレビの向こうで活躍する同世代を見て「俺はこのままでいいのか?」と落ち込んだこともありました。ダルビッシュは日本を沸かせてるのに自分は何やってんだ!みたいな。

会社での仕事がつまらない故に、「ひょっとしたらもっと楽しいことがあるんじゃないか」と考えるケースは少なくないと思います。

参考:仕事がつまらないまま30歳になることだけは絶対に嫌だった「あの頃」

不満じゃないけど満足でもない

また意外と多いのがこちらのパターンです。

実際に僕もブログやメルマガから相談を受けるのは「強烈な不満はない」というケースも多々あるんですよね。

・今の仕事がめちゃくちゃ不満というわけでもない
・だけど確実に何か違うのはわかっている
・このまま人生終わるのは嫌だな

などなど。もしかしたら心当たりがあるかもしれませんが、可もなく不可もなくみたいな現状を変えたいと考える方はたくさんいます。

特に20代ではなにか挑戦したい気持ちがあって不思議じゃないですし、漠然としたモヤモヤを払拭したい気持ちはすごくわかるなと…!

挑戦するなら20代のうちがいいかも

このままでいいのかと悩む理由として、「どうせ挑戦するなら今の方がいいかも」といった気持ちも1つだと思います。

今の会社にいて5年後10年後は大丈夫なのだろうかと考えながら、仮に何かあってからじゃ遅いような気がしてみたり。あるいは年齢を重ねるごとに会社でのポジションや待遇なども少しずつ上がって、より挑戦しにくい状況になることも十分に考えられますよね。

将来的に有用なスキルを持っていないと考えると、気持ちが焦ったりするかもしれません。

実際に僕も「このままじゃマズイ!」と動き出したときには、やるなら20代しかないとの想いは強かったことを記憶しています。

仕事で不安な20代におすすめしたい対処法

新しいスタートを切った男性

僕自身もそうでしたが、20代で仕事に不安を覚えるのは自然な話です。

だからこそおすすめしたいのが「自分の成長を軸に考える」ということ。なぜなら僕らが今できることは、結局「自己成長」に帰結するからです。

時代の変化が早い時代に絶対的な正解なんてものは無くて、

この会社に勤めておけば安泰
この職業についておけば大丈夫

みたいな風潮はすでに崩壊していますし、5年後10年後に日本がどうなっているかは誰にもわかりません。

それこそ国民の大半がスマホを持っている現実なんて、ひと昔前では考えられなかったですよね?そんな時代に確かな正解を導き出し、不安を100%解消するのは無理ゲーに近いわけです。

だとしたら、時代の変化に適応できる自分になっておくこと。

対処法としては「自己成長を考えていま動き出す」ことが一番のアクションなのではないかと思います。

参考:副業を始めたい人が最初にやるべきことは?おすすめのビジネスと理由を解説

このままでいいのか不安だった20代の僕がとった行動

じゃあ何をすればいいのか?という話ですが、結論から言うと「なんでもいい」とは思います。

変化が早い時代に絶対的な正解はないし、「このままでいいのかと不安を覚えたならいま動こう」というメッセージが伝われば、この記事は書いた甲斐があったかなと!

ただ、それだけだとあまりに不親切というかモヤっとしてしまうかもしれないので、参考までに僕の経験談も少しばかりお伝えしてみますね。

20代で「転職」と「起業」を経験したので、今後のアクションのヒントになればと思います。

20代前半で転職した

僕がまず仕事に疑問を抱いたのが20代の前半で、それこそ会社で営業職として働きながら「このままでいいのか?」との想いが募りました。

そこで当時興味があったアパレル販売員に転職。結果としてお伝えしたいの大きく2点です。

・仕事はめちゃくちゃ楽しかった
・このままでいいのか?は再発した

超簡潔にまとめるとこんな感じで、仕事は楽しかったです。初めて見つけた「やりたい仕事」だったので。

結果的に「このままでいいのか症候群」は再発したのですが(もはや症候群でしょう笑)、悩みながらも20代で動き出して良かったなと心から思っています。

参考:未経験の仕事に転職したら劇的に人生が良くなった話をしようと思う

20代後半で起業した

そして今度は、20代後半でネットを使って起業しました。

今の時代「起業のリスクが昔と比べ物にならないくらい低い」ことはメンタリストDaigoさんなんかもよく話されていますが、本当にその通りで、巨額な資金も命を賭けるような覚悟もありませんでしたね…!

2015年に起業して、このままでいいのか?との不安が今では一切ないので、自分の成長を第一に考えたあのときの決断は大正解だったとは思っています。

参考:人生楽しみたいなら仕事から変える|起業して激変した事実を伝えます

20代で仕事に不安を感じたときのまとめ

この記事では「このままでいいのか?」と、仕事に不安を感じたときの対処法についてお話ししました。

不安を感じるのは当たり前だという前提のもとに自己成長を最優先し、まず行動を起こしてみるのが最も重要なことだと思います。

自己成長なんて言うと難しそうに聞こえるかもしれませんが、実際のところ「このままでいいのか」と思いつつも、現状のままやり過ごす人が大半です。だから動き出してさえしまえば、案外簡単にリードできるということもお伝えしておきますね!

当然ながら仕事が楽しいほうが大切な20代も面白くなるわけなので、変化を起こす一助となれば幸いです!

 

3000人以上が登録中の無料メルマガ