起業の始め方

とにかく起業したい人のロードマップ|初心者は何からやればいい?

会社を辞めて起業したいとか、新しいチャレンジを始めてみたい気持ちって大人になっても出てくるものですよね。

そして個人でもビジネスを持ちやすくなった現代では、起業の願望を叶えてあげやすくもなってきました。

実際に僕も、まったくのビジネス初心者でゼロから雇われない生き方を手に入れられたため、とにかく起業したい人へのロードマップとして大きく3つお伝えしていきます。

  1. 失敗しないための前提を知る
  2. 初心者が優先すべきものを理解する
  3. 始め方を2つの選択肢から選ぶ

初心者におすすめしたい道のりをシンプルに上記3点でまとめましたので、これから起業したい人はぜひ参考にしてみてください。

それでは、早速まいりましょう!

とにかく起業したい人が失敗しないための大前提

オンラインビジネスで起業した男性

失敗しやすい人の特徴

まず起業にチャレンジする際の大前提として、失敗しないための考え方をインストールしていきましょう。

これまでたくさんの人を見てきましたが「失敗しやすい人には特徴がある」ものです。

中でも特に致命的だと感じる点があって、結論から言うと、やりたいことを優先している人ほど失敗しやすいんですよね。

自分の感情を優先するあまり「やった方がいいこと」をスルーしたり、手段を自ら限定してハードルを上げてしまい、結果として挫折するケースは少なくありません。

やりたいことは出来るようになる

一方でビジネス初心者だとしても、数ヶ月や1年足らずで起業家としてガンガン仕事をしている人もたくさんいます。

だからまず大前提として押さえておきたいのは、やりたいことよりやるべきことを大切にすること。

そうやって注力していけば「とにかく起業したい!」との気持ちは案外実現しやすいですし、やりたいことは後からいくらでも出来るようになります。

これは起業に限った話ではなくて、たとえば芸能人の福山雅治さんもこんな感じです。

福山さんはデビュー初期の頃、歌手で売り出したかったそうです。でも思うように話が進まなかった。

そこで「まず俳優として」売り出すことに成功した。知名度と人気を獲得して、自分が本当にやりたかった歌手の道でも大成功を収めた。。

やりたいことだけに最初から固執していたら、大スター誕生にはならなかったかもしれないと思うとめちゃくちゃ重要な決断ですよね…!

また僕もアパレル業界にいた頃、「自分で路面店を開きたい」と思ったことがあったものの、初期費用などハードルが高すぎて「一生起業できない」と挫折しました(笑)やりたいことだけを見ていたら、失敗すらできないまま挑戦にも至らなかったでしょう。

こんな感じでやりたいことは後付けにしてあげると、起業でありがちな失敗は回避できると思います。

起業したい初心者が最優先にするべきこと

ネット起業のリスクについて説明する男性

起業の基盤をつくるために

失敗しない考え方はわかった。じゃあ初心者がやるべきことってなんなのよ?というのが2つ目の話です。

起業したい初心者がとにかく最優先にするべきこと。

それは単刀直入に「収益を上げる」こと。つまり会社以外の収入源をつくるのがまず第一にクリアするポイントになります。

逆に会社以外に個人で収入源さえつくってしまえば、起業する基盤はできたといっても過言ではありません。

参考:雇われない生き方が会社より楽しいガチな理由【起業6年目が語る】

効率的な道を選ぼう

また、とにかく起業したいからと言って何の下準備もなく会社を辞めるのは、ちょっと恐いし無謀な感じがするじゃないですか?

「起業したい人はまずスキルを磨く」との考え方も一理あるとは思う一方で、実際のところ個人で収益を上げる過程でスキルは身につくので。初めから会社の給料以外で稼ぐことをゴールにして動き出した方が効率的だと思います。

たとえば起業するために資格を取ろうとしても、「資格を取る=収入源ができる」わけではないですよね。

だからまずは個人にダイレクトで収入が入ってくる状態を整える。参考までに、僕はそのためにインターネットを利用して会社にいながら収入源をつくってしまいました。

客観的に考えてもリスクが低くて今っぽい感じがしますし、特に初心者はオンラインでビジネスを持ってしまうのがおすすめです。

参考:オンラインビジネスの起業を個人におすすめしたい3つの理由

とにかく起業したい初心者は何から始めたらいい?

とにかく起業したいから頑張る男性

なにかアイデアがある

最後3つ目として、初心者がゼロから収入源(起業の基盤)をつくるためには何から始めたらいいのか。

ここは大きく2つで考えると良くて、アイデアの有無で見ていきましょう。

まず起業に関してアイデアがあるって方は、冷静に「本当にそれが成功しやすい方法か?」をチェックしてみることをおすすめします。

・成功しやすい始め方を選ぶ
・やりたいことからアイデアを出す

上記2つは似て非なるものというか、仮に後者でアイデアが的はずれだったら失敗の原因になりかねません。

また今のご時世、ネットを利用してビジネスをつくってしまうのが圧倒的におすすめですね!

起業したい初心者が成功しやすいジャンルを以下にまとめてありますので、ご自身のアイデアと照らし合わせてみてください。

参考:個人の起業でおすすめの始め方|成功しやすい4種類のジャンルとは?

アイデアはないけど起業したい

続いて、アイデアはないけど起業したい方。

とにかく起業したい!って気持ちをお持ちの場合には、ひょっとしたらこちらの方が多いかもしれません。もちろん初心者の僕もこっちで、むしろやりたいこともアイデアもないけど起業はしたい感じでしたね(笑)

同じようなテンションだったりしませんか…?

もしそうだとしたら「手っ取り早くネットで収入源をつくる」ところから始めていきましょう。

  1. 自分に合った情報をキャッチして
  2. ネットを使って収入源をつくる

ぶっちゃけスケールが小さく感じるかもしれませんが、こんなスモールステップからでも起業したい想いは形にしてあげられるものです。

ネットで収入源をつくるための詳しい方法は以下の記事も参考にしていただけたら!

参考:ネット物販で起業するメリットは?初心者が稼げる理由も一緒に理解!

起業したい挑戦心の火を消さないために

起業のロードマップとして3点お伝えしましたが、おそらく身の回りに起業している人は多くないんじゃないでしょうか。

昔に比べて起業しやすい時代とはいえ圧倒的にまだ少数派だと思いますし、せっかく挑戦したいと思っている火を消さないでほしいなと。

そのためには何らかの形で「実際に起業している人」との接点を持つことをおすすめします。

  • ブログを読み込む
  • メルマガに登録してみる

など、簡単にできるアクションからで構いません。

とにかく正しい情報をキャッチできる環境を整えることも大切な一歩かと思います。

たとえばハワイに行きたい!と思ったとき、海外旅行の経験がない人に話すと簡単に「治安大丈夫?」みたいなネガティブ方向の返答が来たりするじゃないですか。一方で毎年行っている人は「あそこのレストランが美味しいよ!」など建設的な意見をくれるものです。

これと同様に、起業したいと思っていながら、経験がない人の意見だけをインプットするのはやっぱり健全じゃないですからね…!

ということで最後に1つ補足っぽくなりましたが「とにかく起業したい!」との気持ちは最高だと思います。ぜひ形にしていきましょう!


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ