仕事の常識を変える

一つの会社で一生働くの?20代で転職した時のガチな心境とは

新卒で就職して会社で働く中で、「自分は一つの会社で一生働くのだろうか?」と疑問に思ったりしたことはないでしょうか。

これは結構な高確率で社会人が悩むことな気がしていて、今の仕事に対しての不安や葛藤を抱いている読者の方から、雇われない生き方がしたい旨のメッセージをいただくことも増えています。

あまり表立って口に出せることでもないかもしれませんが、個人的には「自然な感情」だと思っています。一つの会社でずっといるのか?は、そりゃ考えちゃいますよね。現実的に考えて、あと何十年も働くんだから。

この記事では一つの会社で一生働くのか悩んで、20代で転職したときのリアルな不安や葛藤を書いていきます。なにかしらモヤモヤを解消するための参考にしていただけたら!

一つの会社で一生働くことへの疑問①自分の可能性

ネットで起業しても後悔しない男性

一つの職業しか経験しなくていいの?

新卒で就職した会社で営業職として働いていた当時、社会人3年目くらいから仕事に疑問を感じ始めました。

ものすごく恵まれた会社だったし、先輩や上司も良くしてくれた。それでも20代前半の僕は「一つの会社で一生働くのか?」と思ったわけで、仮に環境が悪かったらもっと早く感じることなんだろうなと思います。

そしてまず大きかったのが、シンプルに「一つの職業しか経験しなくていいの?」という想いでした。

普通に考えて、一つしか知らない状況っていろんな判断が難しくないですか?

●体育の授業でいろんな競技をした
→だから部活を選べる

●いろんな恋愛をした
→だから結婚相手を選べる

みたいな感じで、他を知らないことには決断(選択)しようがないというか。

一つの会社しか知らないことによって、もしかしたら自分の可能性を狭めているんじゃないか?と考えるようになったんですよね。

もっと出来ることがあるかも

そうやって考えてみると、自分の可能性に気づけていないかも?という気持ちが強くなりました。

  • もっと出来ることがあるかもしれない
  • 自分にあった仕事があるかもしれない
  • 一つの会社では気づけないかもしれない

こんな感じで、人生においてもったいない選択をしているかも!と感じ始めました。

もちろん一生同じ仕事をするのも素敵なことだろうし、「どっちが100%正しい」なんて話はナンセンスだと思います。極論どっちも正解でしょう。

でもだからこそ、一つの会社で一生働くのかを疑問に思ったときには、無理して押さえつける必要もないんじゃないかと思う次第です。

自分の可能性を信じてみたいって、誰しも希望をもっていい領域じゃないですか?

一つの会社で一生働くことへの疑問②スキルの不安

雇われたくない20代の仕事場

一つの会社しか知らなくても大丈夫?

自分の可能性をもっと見てみたい一方で、将来を考えたときに不安があるケースも多いんじゃないでしょうか。

20代の僕も「一つの会社しか知らなくて大丈夫か?」と感じたことがあって、ひょっとしたら無知なまま年だけ重ねちゃうんじゃないか…との不安も少なからずありました。

実際のところ一つの会社だけではわからないこともたくさんあって

「会社での常識は外に出たら違う」
「同じ仕事でもアプローチが異なる」

なんてことは珍しくありません。

それに一つの会社しか知らないことによって「いかに今が恵まれているか」に気づけないリスクも孕んでいるように思います。

一生仕事はしていくわけで、一つの会社の常識だけがストックされた体質になって本当にいいのだろうか?と不安な気持ちが出てくるのも自然な流れなのかなと。

もし会社がなくなったらどうする?

また、今って「大企業に勤めているから安泰」みたいな時代ではないじゃないですか。

テレワークが普及したり、急速に働き方が変わっていくことに戸惑ったり不安を感じている方も多いかもしれません。

そんな状況において、自分の会社だけは絶対大丈夫!なんて考えるのはむしろ不自然ですよね。倒産や解雇まではなくとも、減給になったり待遇に影響が出る可能性だって普通にあります。

だから万が一のことがあったと考えると、

  1. 一つの会社で働いたスキルのみ
  2. 守備範囲が狭い状態

の自分でいて、本当に再出発は切れるのか?完全に疑問符だったんです。

これはきっと同じような感覚をお持ちの方も多いんじゃないでしょうか。

また20代だった僕は「仮に30代40代で会社がなくなったら、マジでどこも働けるところがないんじゃないか」とも思いました。あったとしても平社員の下っ端からだろうなと。

ひと昔前のように、一つの会社で一生働ける保証があるのならまた違ったのかもしれないけど、時代性を考えるとモチベーションを持てなかったのが正直なところです。

参考:20代で起業して良かったと、30代になって周りを見たとき気付いた

一つの会社で一生働くことへの疑問③ずっと同じ職場

一生一つの会社にいたくない人たちのオフィス

ラストはシンプルな話なんですけど、「ずっと同じ職場にいたいか」と考えると自信を持って「YES」と言えない気持ちもあったりしないですか?

たとえばキングダムの信も「ずっと同じ仲間と一緒に、ずっと同じ相手と戦ってください」と言われたらモチベーションが上がらないと思うんですよ。途中で飽きてしまってもおかしくない。

これと同じで、20代の僕も「ずっと同じ職場で40年はさすがにきつくないか…」と感じたフシがありました。

  1. そもそも飽き性の自分
  2. 一生同じ職場は無理かも
  3. 途中で気付いても方向転換できないかも

といった感じで、ずっと同じ職場にいる選択自体に不安があったことを記憶しています。

新卒から一つの会社に勤め続けている友人もチラホラいますが、彼ら・彼女らは本当にすごいなと思う一方で「やっぱ自分には無理だったろうな」と感じる機会も増えました。

だから一生一つの会社で働くかどうかは「性格」や「性質」にもよると思うし、間違っても他人に決められるべきではないと思います。

20代で未経験の職業に転職して思うこと

ネット起業で成功した人たちの集まり

一生のうちにやってみたい挑戦

一生一つの会社で働くことに悩み、上記のようなことを考えてきたわけですが、その気持ちを素直にとらえて良かったなと心から思います。

参考までに僕は、20代で営業職とはまったく畑違いのアパレル業界に転職しました。未経験中の未経験。

でも一生のうちにやってみたい挑戦だったので、後悔してないどころか20代前半の自分に感謝したい心境です。

まあ僕は「やりたいこと」と「時間やお金の自由」を会社では両立できず、起業を選んだ人間なので「生き方を変えたいなら転職でいいのか?」と思ったりはしますが。

いずれにしても一つの会社で一生働くことに対して疑問を覚えるのは健全なんじゃないでしょうか。

参考:起業に勇気って本当に必要?不安なく会社を辞めるためにやるべきこと

疑問を感じたら動いてみるのもいい

繰り返しになりますが、一つの会社で一生働く人生でいいのかな?と考えるのはすごく自然だと思います。働き方の自由度が格段にアップしている今の時代なら特に。

ずっと同じ職場にいるのはどうなんだろうと疑問を覚えたりもすると思うし、そんなタイミングで何かしら動き出してみるのはいいことだと僕は思います。

月並みな言葉ですが「人生は一度きり」です。これは誰もが同じ条件です。

転職したり起業したり、いろんな仕事・働き方を経験してみるのも面白いので、一つのケーススタディとして何か始めるきっかけになれば幸いです!

個人で始めるスモール起業に関しては以下の記事も好評をいただいているので、もしよかったら選択肢の一つとして頭の片隅に置いておいてくださいね。

参考:小さな起業でおすすめの始め方|成功しやすい4種類のジャンルとは?


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ