起業の始め方

起業1年目でも赤字にならないやり方!リスクを回避する戦略とは?

「起業なんてそんなに甘くない。誰だって1年目は赤字からスタートするものだ。」

そんな話をどこかで聞いて、起業する前に大きなリスクを想定するケースは少なくないように思います。赤字スタートから数年かけてようやく利益が出ると考えたら、相当な覚悟を持たなければいけないような感じにもなりますよね。

ただ、実際に起業してみた気持ちとしては「別にそんなことない」というのが正直なところです。

1年目から利益が出せたし、起業1年目は赤字スタートだ!なんてのはちょっと極論が過ぎるなと。

やり方次第では、初年度からしっかり売上を立てて黒字でスタートすることも普通に可能ですので、起業したい場合にはぜひ参考にしてみてください。

起業1年目は赤字になるって本当?

仕事の責任だけが増えるときの解決策

ビジネスモデルによっては普通

まず「起業1年目は赤字」って本当かよ?という話ですが、この主張は一理あると思います。

なぜなら、ビジネスモデルによってはそれが普通だから。

  1. 融資を引いて起業して
  2. それを少しずつ返していき、
  3. 数年後にようやく黒字になる

言わばこれが、以前では当たり前の流れでした。

だから起業してから3年目でようやく赤字を抜ける…なんてことも珍しくなかったですし、「一般的には黒字になるまで7年かかる」とも言われていますね。

最初から実店舗を持つなど、初期投資が膨らむビジネスモデルで起業すると「1年目は確実に赤字説」もあながち間違いではありません。

今はリスクが低い戦略もとれる

一方で、そんなハードな道を選ばなくても良くなった(起業できるようになった)のが今の時代でもあります。

インターネットを利用してビジネスができることによって、

・実店舗にかかる家賃
・オープン前の改装費
・スタッフを雇う人件費

など経費は大幅にカットできますし、年間数百万円(業種によっては数千万円)の支出を抑えることが可能です。

つまり起業のリスクが以前より圧倒的に低いわけで、あえて「1年目は絶対赤字」みたいな厳しい場所に突っ込まなくてもいいんじゃないかと強く思います。

どんなビジネスモデルで起業するか?その選択によって、1年目赤字説に当てはまるか否かは違ってくるわけですね!

起業1年目で赤字にならないやり方とは

起業1年目から赤字にならないやり方をする人の道具

初期費用が少ないビジネス

じゃあ起業1年目で赤字にならないために、具体的にどんなやり方が有効なのか。

まず初期費用が少ないビジネスモデルを選ぶのが良いと思います。

だから僕はネットを利用するのが起業初心者の鉄則だと思っていて、たとえば起業したい人が選択したのが

・店舗オープンに数百万円
・ランニングコストも月数十万円

みたいなビジネスモデルだと「最初から大幅なマイナス」のスタートが最初から決まっているわけじゃないですか。これは桃鉄でいきなり貧乏神がついているくらいキツイです。

当然の話ですが起業すると「始める際にいくらかかるのか」「月々いくら必要なのか」は利益にダイレクトで影響します。

そして実際に赤字になる人の多くは、利益が出てないんじゃなくて「支出が多すぎる」傾向にあるので、1年目の赤字は初期費用次第といっても過言ではありません。

参考:ネット起業のリスクはどんなものがある?考え方もセットで解説します

軌道に乗せやすい一人起業

また、1年目で赤字を回避するには初期費用と同時に「人件費もスルー」したいですね!

もちろん何をやるかにもよりますが、ビジネスを軌道に乗せやすくするためには、まず一人で起業するのもおすすめです。

ランニングコスト=固定費が削れたら利益は出しやすくなりますし、自分ひとりの給料だけ考えればいい状態であればかなり身軽じゃないですか。

たとえば僕も起業する前にアパレル業界で働いていたときには月給15万円くらいで、なかなかに生活が苦しい時期がありました。当時は普通に貧しかったです(笑)

ただ、これも雇う側の視点で考えたら年間200万円ほど必要になるんですよね。

つまり200万円の支出が上乗せになるわけですが、ひとり起業であればこの支出はカットできるので。人件費を極力かけないやり方を選ぶと、赤字のリスクは自然と回避しやすいと思います。

参考:ネット起業でおすすめの始め方|成功しやすい4種類のジャンルとは?

1年目から利益が出るビジネスモデルで起業しよう

勇気がなくても起業した男性

起業1年目で赤字になる理由と、黒字でスタートするための考え方について実体験をベースに書いてきました。

起業というと、大きなリスクを背負った死にものぐるいでの挑戦!みたいなイメージが持たれがち(それがやりたいなら全然OK)ですが、今の時代はもうちょっとライトな感覚でチャレンジしてみるのもおすすめです。

ビジネスモデル次第では赤字前提の考え方なんてしなくていいですし、ネットを利用してスタートすることで格段にビジネスを軌道に乗せやすいのは間違いありません。

参考までに起業1年目の僕のリアルな支出をざっくりいうと

●勉強代:30万円
●パソコン代:5万円
●ネット回線:月5千円

これくらいだったため、一般的な起業の初期投資と比べると「0」が1つ2つ少なく済んでいます。

初心者だったためコンサルを申し込んだのと、パソコンすら持っていなかったので(笑)安いものをとりあえず揃えてスタートした感じ。逆に赤字になる要素なくない?というくらい身軽なスタートを切っているため1年目から当たり前に利益が出ていました。

起業1年目でも赤字にならないやり方は普通に存在しますので、挑戦する際にはビジネスモデルから考えてみてくださいね!


雇われない生き方をゼロから始めてみませんか?個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ
個人で始めるネット起業が学べるメールマガジン
無料登録はコチラ